こちらどうぞ

湯本香樹実の小説を映画化。
夫優介(浅野忠信)が失踪してから3年。突然瑞希(深津絵里)の前に現れた夫は実は自殺で死んでいて、これから生前世話になった人たちの思い出の土地を旅しないかと誘われる。最初は優介が新聞配達をしていた販売店の老人・島影(小松政夫)の家に泊めて貰うが忽然と荒れ果てた廃屋になってしまった。実は島影も亡くなっていたのだ。

次は夫婦でやっている食堂を訪ねる。瑞希は店を手伝うが2階でピアノを見つける。瑞希はピアノ講師をしている。食堂の妻フジエ(村岡希美)は死別した妹とピアノの事で辛い思い出があった。子供の姿で現れた妹と瑞希は一緒にピアノを弾く。妹は笑顔で旅立って行った。

しかし優介(何と歯科医師)の勤務先の歯科医院で働く明子(蒼井優)が優介に宛てた手紙の事で2人は口論になり瑞希は不倫相手の明子に1人で会いに行く。しかし明子と話をした後、瑞希は自己嫌悪に陥る。この役の蒼井優は素晴らしく演技が怖い正直死んだ人たちより怖い(笑)再び2人の旅が続く。

最後は山奥の農村で夫が村人たちと交流していた事を知って驚く瑞希。そこでタカシ(赤堀雅秋)という働き手の夫を亡くした妻(奥貫薫)と子供、そしてタカシの父親・星谷(柄本明)に瑞希は会う。「タカシが死んだ後、薫は行方不明になっていたが帰って来た。」と言われる。

幽霊の夫と旅の終わり。海辺で優介とはお別れです。ホラー的な雰囲気も多少ありますが、普通の人間ドラマだと思いました。ただねぇ・・・・・夫が失踪してから瑞希はずっと苦しかったのに。交通事故とかではなく自殺だなんて。「俺死んだよ。」なんて旅が始まって、瑞希は旅が終わっても1人で生き続けなければならないのに。旅で瑞希の答えは出たのだろうか。残された2人分の荷物が悲しい。

『シックスセンス』の場合はブルース・ウィルスも嫁アンナもハーレイ君も気持ちの整理というか前に進みやすい結末だったし皆が納得できる。ナイト・シャラマンは観る者にストレスを与えないなぁ(笑)



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


日々の出来事ランキング