chikumaonline

ミニコミ『奇刊クリルタイ』の公式ページ。お知らせやメルマガ「週刊メルマガクリルタイ」の過去記事を掲載していきます。

紫式子

我が家のポストに「10年前」が届いた ~twitter「ペーパー部」活動に寄せて~

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年4月、twitter上でひっそりと、ある企画が生まれました。その名は「ペーパー部」。かつて、同人活動をするオタクたちの間で一般的だった「ペーパー交換」を再現しようという趣旨でした。

 ○ペーパーとは

オタク・同人界隈では「告知や近況を1枚の紙にまとめたもの」を指します。「同人用語の基礎知識」様の説明がわかりやすいので、ご参考になさってください。

10年ほど前まで、ペーパーは、同人活動の情報収集・発信の重要な媒体でした。インターネットがそれほど普及していなかった頃のことです。ファンロード等の読者投稿雑誌、アニメショップのペーパー置き場、そして同人誌・同人グッズの通販時に同封されてくるペーパーが、自分たちの通販情報・イベント参加情報をアピールしたり、好きなサークルの情報を得る貴重な手段でした。経済力がなく同人誌を出版できない中学生のオタクたちが、安い投資で同人活動に加われる、受け皿としての側面も持っていました。
ですがインターネットの普及に伴い、サイトやブログが情報収集・発信の手段となっていき、ペーパーを含む紙媒体による情報のやりとりは、行われなくなっていきました。
「pixiv」や「手書きブログ」等のWebサービスを「告知」等のワードで検索すると、当時のペーパーのようなレイアウトの画像がアップロードされていることがあります。そこからも、各種Webサービスがペーパーに代わる情報発信・収集手段として使用されていることが見て取れます。

 ※「告知」のイラスト・作品検索一覧 [pixiv]
 
 ※手書きブログ - タイトル検索[告知]
 
現在も同人誌即売会等で、ペーパーを出版物に挟んで購入者に手渡したり、机上に積んで「ご自由にお持ちください」としているサークルを目にします。また、商業出版の単行本にも、初回出荷分や書店限定で、作家のペーパーが付録となっていることがあります。ですがこれらのフリーペーパーはいずれも、近況や作品解説を主とするもので、メインの情報発信媒体とされていることは無いと言っていいでしょう。

 ○ペーパー部とは

「ペーパー部」の企画は、twitter上での「20世紀末の同人活動」を懐かしむやり取りから始まりました。インターネットの普及によって失われた「文化」の最たるものが、郵送によるペーパー交換だったからでしょう。有志同士でペーパーの交換ごっこをしようということは、瞬く間に決まりました。
企画の中心となってくださったのは、やり取りに加わっていたうちの1人、せうこさんでした。せうこさんのはてなダイアリーを情報の集約場として、参加者募集や参加要項発表を行っていくことになりました。

 ※ペーパー配布者さま募集部 - シスターポストマンさん
 
 ※ペーパー部参加要項 - シスターポストマンさん
 
 ※せうこさん(twitter
 
集まった参加者は20名ほど。期日までに各参加者がペーパーを作成し、人数分印刷してせうこさんに郵送。せうこさんが1人に1部ずつ渡るよう仕分け、各参加者に郵送する、という方式を取りました。自分で印刷して郵送するのは手間が掛かりましたが、その「面倒くささ」すらも楽しかったです。

 ○ペーパーが届いた!

せうこさんからの「発送のお知らせ」メールを受け取ってからは、そわそわとポストを覗く日が続きました。「自分に何かが届く」というワクワク感も、ペーパー部が思い出させてくれたもののひとつです。届いた封筒を開けると、内容も実際の色彩も色とりどりのペーパー20名分が。
クラフト紙やセロハン紙の風合いを活かしたり、味わいのある凝ったインク色で刷っている方も多かったです。
同人活動をする方々は(やはりと言うべきでしょうか)印刷物の用紙・印刷色へのこだわりが強く、ペーパーはそれらの「こだわり」を端的に見ることができる面白さがあると感じました。(私個人はコンビニの白黒コピーを使ったので、他の方のものを見て、ちょっと恥ずかしかったです……)
内容を読むと、普段Twitterでは語られない趣味や嗜好、現在好きな、あるいはずっと好きなマンガ・アニメ・ゲームの話題に触れられていて、「知っている人の知らない顔」を見る楽しさがありました。インターネットではほとんど目にすることのできない、各参加者の手書き文字を見られたのも、その人の「生身の姿」に触れたようで新鮮な気分になりました。

私個人は懐古は好きではありません。それでも、「ペーパー部」の企画が思い出させてくれた「インターネットがなかった時代」の楽しさは本物でした。
「インターネット爆発して再び紙媒体と郵送の時代が還ってこい」と思っている訳ではありませんが、もっといろんな方の作ったペーパーを読みたいと思うようになりました。
また、インターネットを通じていろんな方と知り合う機会がある今だからこそ、紙1枚に自分のこだわりを凝縮して表現できる「ペーパー」が、オフ会やイベント、郵便でのやり取りの際の自己紹介の手段として「アリ」なのかもしれないとも気付かされました。

「ペーパー部」としての次回開催予定は今のところありませんが、似たような企画は自由に開催していただくことができます。

 ※まとめ - シスターポストマンさん
 
皆さんも、ご自宅のポストに、10年前の新鮮な風を吹かせてみてはいかがでしょうか。

(紫式子)

百合、咲き初めし道に

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
(「週刊メルマガクリルタイ」Vol.54(2010/08/11配信分) の原稿を再掲)

メルマガクリルタイ読者の皆様こんばんは、紫式子です。

毎日世知辛いですね。
癒されたいですね。
そんなとき私は百合成分を補給します。

百合。
もちろん植物の花の方ではありません。
美少女/美女レズビアンをテーマにした創作作品のことです。漫画ですと、TL(※)の延長としての少女漫画タッチの作品もありますし、サブカルチャー・成人女性向け漫画タッチの作品もあります。

今回は、皆様もこの優しく美しい世界に足を踏み入れられてはいかがでしょうか、というお誘いに上がりました。


◎百合との出会い

私が百合作品に接するようになったきっかけは「作家」でした。
好きなTL漫画家の先生が、百合作品も描いていたのです。最初は携帯コミックでその先生の作品だけを購入していました。
ですが、電子化されていない作品も読みたくなって、その先生が参加している百合アンソロジー本を購入しました。それを読んで、百合そのものが好きになったという経緯です。

そのアンソロジーを読み終わって感じたのは、

「なんて癒されるんだ……。」

ということでした。
美しいものと美しいもの、可愛らしいものと可愛らしいものとが愛し合っているのを見るのが、こんなにも心安いことだったなんて。キャラクターが女性同士なので、押し倒すようなシーンでもどこか優しくて、怖くないんですよね。なので、意識が作品を警戒することがほとんどない。

そして、

「百合いい! いい! 素晴らしい!!」

と騒いでいましたら、私より酷いサブカル女子の後輩に『少女革命ウテナ』を薦められ、DVD全巻を一気に観ました。そこで樹璃というレズビアンのキャラクターと、彼女がずっと片想いしている枝織というキャラクターとの関係性に衝撃を受け、さらに百合にハマりました。

樹璃というのはスポーツ万能成績優秀で、それこそ宝塚の男役トップスターみたいなキャラクターです。
枝織は表面上は樹璃と仲良くしながらも、ずっと彼女に劣等感を抱き、樹璃の優しさも同情だと思い込んでいるんです。もちろん枝織は樹璃の自分への感情が恋愛感情だなんて微塵も思っていません。
相思相愛でないばかりか、相手が自分に抱いている感情は「劣等感」。
これは百合だからこそ成立する関係性だったと思います。枝織の性格の悪さや、自分の想いが成就しがたいものであることを知りつつも、枝織を想い続ける樹璃の姿は、恋のエピソードが多数登場する『ウテナ』の中でも、最も私の心を揺さぶりました。

とはいえこれらは全てここ1~2年の出来事ですので、私の百合歴はさほど深くないです。
私も新参者です。


◎百合のこんなところ/こんな百合が好き

新参者なりに百合の魅力を申し上げますと。

元々私は同性のヌードやエロティックな姿が好きで、Tumblrで金髪美女どうしの絡み画像など気に入ってReblogしていました。
ただしそれはいずれかというと「芸術作品」と見なしてのことでした。

百合作品にはストーリーが描かれ、「心」が描かれます。お互いを想う優しい気持ち。
恥ずかしいけれど「求めて」しまうときの、照れた顔。

2人がカップルになる過程を描く作品ですと、自分がレズビアンであることを認める葛藤や、相手がヘテロセクシャルで自分のことを気持ち悪がられるのではないかという不安も描かれたりします。
その分、想いが通じ合ったときの幸せな表情も輝きを増す訳ですが……。
そういったリアリティがあると、話もグッと深みを増します。

この辺は個人的な好みですが、さらにそこに親や世間の目といった「障壁」が絡んでくると、読みごたえや作者の方の意気込みも感じられ、より好きです。


◎百合入門

百合歴の浅い私ですが、ほんの少しの先達として、お薦めできる作品をいくつか。


・『くちびるに透けたオレンジ』ロクロイチ(一迅社・百合姫コミックス)
 
くちびるに透けたオレンジ (IDコミックス 百合姫コミックス)くちびるに透けたオレンジ (IDコミックス 百合姫コミックス)
著者:ロクロイチ
販売元:一迅社
(2010-07-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


私が百合に足を踏み入れるきっかけになった作家・ロクロイチ先生の単行本です。
絵柄がきれいで装丁もシンプルなので、手に取っていただきやすいかと思います。


・『プアプアlips』後藤 羽矢子(バンブー・コミックス)

プアプアLIPS ③ (バンブーコミックス)プアプアLIPS ③ (バンブーコミックス)
著者:後藤 羽矢子
販売元:竹書房
(2011-10-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


四コマ漫画の連載作品です。
絵柄はコメディタッチで可愛らしいのですが、親の反対や主人公に片想いする男性の存在、その都度揺れる2人の気持ちが描かれ、読んでいてきゅっと切なくなります。友人から誕生日プレゼントとしてもらった漫画です。


・『コレクターズ』西UKO

楽園Le Paradis 第1号楽園Le Paradis 第1号
著者:シギサワ カヤ
販売元:白泉社
(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


白泉社が発行している恋愛コミックアンソロジー『楽園』に連載されている、こちらも四コマ漫画です。エロはほとんど無しで、日常生活の中での2人の心情が繊細に描かれます。
『楽園』は現在第3号まで刊行されています。


◎さいごに

いかがでしたでしょうか。
百合に興味はあるけど機会がなくて手に取ったことないや……という方には、是非その第一歩を踏み出していただきたいなぁ、と思っております。


(※)ティーンズラブ。少女漫画の画風でセクシャルな描写ありのジャンル

(紫式子)

ジョ女子考「ストーン・オーシャン」リアル

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、また書かせていただけることになりました。ワセジョ出身、元ナンチャッテ文化人の紫式子です。

本日は「オンラインではtoo deepな支持者を多く見かけるのにオフラインだと好きっていう人を滅多に見ないィ!」漫画、荒木飛呂彦先生の『ジョジョの奇妙な冒険』について一筆啓上いたします。
それも「そもそも好きっていう人を滅多に見ないのに、さらに滅多に見ない女子ジョジョラー」の視点から。

私、ジョジョは女子にこそ読んでほしいのですよね。荒木先生は女性差別をしない方だから。
「女性差別をしない」というのはどういうことかと言うと、「偏見を以て女性を見ていない」「女性のありのままを見ている」ということです。卑下もしませんし神聖化もしません。「こういう風に私たちを見てくれている男性もいる」というのを知ることは、女子にとって多かれ少なかれプラスになると思うのですよね。

そういった意味で女子に一番読んでほしいのは、第6部『ストーン・オーシャン』です。第6部はジョジョシリーズの中で唯一、女性が主人公の物語で、登場人物も半数あまりを女性キャラクターが占めます。他の部では物語に大きく関わる女性キャラクターがそれぞれ1~2人しか出てこないことを考えると、これはかなりイレギュラーな比率です。
とはいえ、これだけでは女子にオススメする理由にはなりません。

第6部は率直に言って、ジョジョラーの間でも評価が高くありません。「組曲ニコニコ動画」の替え歌「組曲 人間賛歌」での"びみょう"な扱いを見てもそのことが窺えるかと思いますし、実際にジョジョラー複数からも「第5部までは大好きだけど第6部は食指が動かない」なんて声が聞かれます。



ですが。この「評価の高くない原因」にこそ、私が女子に第6部を奨めたい理由があると言えます。
第6部の評価が高くない理由のひとつに、「緩急の悪さ」があります。ダラダラしているのです。
なぜダラダラするのか。
主人公たちが日常生活を送っているところに、敵キャラたちが訪れるからです。そういった形態を取ると、物語は必然的に日常生活を軸に描かれるようになります。(※1)

主人公たちの日常生活はスリリングではありますが、冒険ではありません。敵キャラがその輪郭を明らかにするまで、日常生活の描写がダラダラと展開されます。そして私に言わせれば、第6部における「ダラダラした日常」
の描かれ方は白眉です。

物語の舞台は監獄です。
監獄ですので、基本的に男女別に生活をします。異性の視線が介在しない、女子・女性だけの環境(これを「女
子校的環境」と呼びましょう)では、老若問わず同じことが起こります。他愛ないおしゃべり、陰湿な嫌がらせ、グループ間での牽制、そしてたまに、胸のすく復讐。第6部での日常生活の描写を白眉たらしめているのは、この
「女子校的環境」のリアルさです。そのリアルさは恐らく、男性ファンが「引いて」しまうほどのもので、これもまた第6部の評価を下げている一因なのでしょう。

例えば主人公の空条徐倫(くうじょう・じょりーん)からして、留置所でマスターベーションしていたところを若い男性看守に見られたと騒ぐ恥じらいの無さ。隣の房の収容者で、のちに徐倫の相棒となるエルメェス・コステロは、それに爆笑しつつも徐倫に陰険な絡み方をする鼻ピアスの収容者を「ハナクソ」呼ばわりして罵倒します。これが連載第1回目に繰り広げられるんだからおののきます。

このエルメェスも大概で、よく水を吸収することの喩えに生理用ナプキンを持ち出したり、基本的に言葉遣いが男言葉だったりと、異性の視線が無い「女子校的環境」の住人らしさを大爆発させています。(※2)

監獄では、金銭の貸し借り禁止というルールがあるにもかかわらず、電話代として「ほんの1ドル」を他の囚人に貸してしまう徐倫。貸してしまった後で、「ほんの1ドル」も「回収」できなかった場合は他の囚人にナメられ、カツアゲのターゲットになることを知らされる……というエピソードがあるのですが、「ほんの1ドル」を徐倫にねだる、相手の囚人の作り笑いの、いささか愛想の良すぎる辺りがリアル。
「回収」に手こずる徐倫を可笑しそうに見る他の囚人たちの悪質な笑顔は、第1部に出てきたゾンビたちや第5部の死体の表現並みに生々しく、「そうそう、女子ってこういう顔するよ……」という表情ばかり。
(ちなみに徐倫が1ドルをどうやって「回収」したかについては、本編を読んでくださいネ☆)

もちろん徐倫と仲間たちの絆・友情は強く純粋ですが、強すぎて純粋すぎるがゆえのレズビアンぽさもまた、「女子校的環境」を再現しています。

元敵キャラのF・F(えふ・えふ)は、徐倫に命を救われ仲間になりますが、そのときの言葉
「あたしはあんたを守りたい」
や、かつてない厳しい戦いに臨んでのモノローグ
「徐倫のことを考えると勇気が湧いてくる」
などは、ド名言とはいえ下賎な見方をすれば"恋する男の告白"。徐倫に片想いをしている男性囚人ナルキソ・アナスイとF・Fが、何かにつけて張り合うことにも
「F・Fってもしかして……」
と、二次創作的な邪推をさせられてしまいます。

男性である荒木先生がこんなにも「異性がいないときの女子」のことを知っているのにはつくづく感嘆してしまいます。双子の妹さんがいらっしゃることや、娘さんが2人いらっしゃることが関係しているのかもしれませんが、いずれにしても荒木先生の観察眼の鋭さが窺い知れます。卑下もせず、神聖化もせず、偏見を以て女性を見ず、ただありのままを受け入れるその目線。

男性的視線に応え、身を飾り化粧をする私たち。
ですが女子校的環境に身を置いて一皮剥けば、血と内臓と喜怒哀楽の詰まった皮袋。
他の男性諸氏は騙せても、荒木先生はお見通しです。それでもその現実を優しく受け入れ、ユーモアたっぷりに描き出してくれました。
そういう男性も世の中にはいる。
ジョジョ第6部を読んでそのことを知り、安堵し、戦慄してみませんか。

ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))
著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
(2009-06-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


【※1】
第4部『ダイヤモンドは砕けない』も似たような構成(主人公たちの町に敵キャラたちが潜んでいる)ですが、第4部には(4-a)~(4-c)のような特長があった一方、第6部には(6-a)~(6-c)のような冗長さ・歯痒さの要因がありました。
(4-a)主人公・東方仗助(ひがしかた・じょうすけ)に「スタンド」と呼ばれる戦闘能力が存在することが、連載第1回のかなり早い段階で示され、敵もすぐに現れた。
(4-b)人気キャラクターである第3部の主人公・空条承太郎(くうじょう・じょうたろう、徐倫の父親)が連載第1回で登場した。
(4-c)ラスボスキャラ・吉良吉影(きら・よしかげ)が完全な「悪」だった。
(6-a)徐倫に「スタンド」が存在することが示されたのが、連載第1回の終わりの方だった。徐倫が能力を自覚し使いこなすのはもっと後で、最初の戦闘シーンは連載2ヵ月後となった。
(6-b)承太郎が登場するのが連載開始3ヵ月後だった。
(6-c)ラスボスキャラ・プッチ神父の動機が彼なりの人類への思いやりだったため、完全悪とは言いがたかった。

【※2】
エルメェスは威勢の良さや迫力から、ネットユーザーに「エルメェス兄貴」と呼ばれることが多いキャラクターで
す。女子校はもちろん、共学の場合でも、こういう「男役」を引き受ける女子は存在します。エルメェスも、物語の後半で男性キャラとも行動を共にするようになりますが、相変わらずの男言葉でした。男性を異性として意識していないのか、自分を女性として意識していないのか、女性を異性として意識しているのか明確には示されませんが、姉の復讐のためにわざと投獄されたという辺りはシスター・コンプレックス的であり、レズビアン的な匂いを感じさせるキャラクターであるとは言えます。

(紫式子)

命短し、文化的活動せよ乙女

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
(「週刊メルマガクリルタイ」Vol.7 (2009/08/24 配信分) の原稿を再掲)

はじめまして、紫式子です。
結婚したい相手はヴィレッジヴァンガード、所属クラスタは「"元"ナンチャッテ文化人」。

「"元"ナンチャッテ文化人」の私なぞがここでこうして駄文をお目に掛けている経緯はと申しますと。5年前、ワセ女だった私が
「blogとは何ぞや、ほう、なかなかに面白し」
と、障子の影で公家笑いをしているところに、parsley姫のお通りあそばれて、
「かようなサブカル女子大生のblogをすなる、よきことかな。どれ ひとつ遊んでやらむ」
とて構っていただくようになったが始まりなりき。

5年前は単なる都内のサブカルな女子大生だった私も、卒論を書いたり書いたけど卒業できなかったり。男が出来たり男を追って名古屋に移ったり。そのまま就職して単なる社会人になったり。毎晩終業が22時過ぎで忙殺されたり、して…

文化的活動がほぼ完全に停止したのをご覧あそばれたparsley姫が、
「おぬしwwwww昔掲げていた『ナンチャッテ文化人』の看板のいずこに行きはべるかwwwwwwww近頃はblogの更新もなしwwwwwwwメルマガ書かせたてまつるに、反省文ひとつふたつ読ませたもれwwww」
とご指名をいただきまして、中学校時代に書かされて以来の「始末書的な何か」に向き合っております。



元々私が「ナンチャッテ文化人」を自称していたのは、「文化人ぽく見えるんだろうけど文化人ではないんだよなぁ」と、自認していたからでした。

「文化人(笑)」にありがちな独特すぎるファッションや、親の影響によるキリスト教への妙な造詣、これまた親の影響による70年代アメリカ文化への傾倒等、私は「ふつうの若い女の子」だった当時の学友たちとは恐らく一線を画していました。いや明らかに画してたか。

とはいえ、そんなにまじめに純文学や「古典」「名作」と言われる小説を読んでいるわけではないし、いちばん好きな映画は『STAR WARS』だったりなんかするし、ガチに「文化的」な人たちにはついていけないのですよね。

なので元々きちんと「文化的」だった訳ではない。「そういう自覚、あるよ」とアピールするために「ナンチャッテ文化人」と自称していたわけですが。

あらあらどうして、ナンチャッテですらないただの社会人に、今は成り下がっています。



原因としては以下の3点が考えられます。

(1)社会人になって文化的活動をする時間がなくなった
(2)名古屋に移り住んだ
(3)文化的活動に理解がない男と始終いっしょにいる

とはいえ「オタクは社会人になってからが本番なんだよ!」等の言葉もありますし、社会人になっていても、バリバリ文化的な活動とか同人的な活動とかしていらっしゃる方は大勢いらっしゃいますから、(1)は除外されます。

となると(2)と(3)。(2)はですね……。
あの、美術館がないんですよ、名古屋。気が利く「上野の森美術館」とか「東京国立現代美術館」とか「写真美術館」とかでやるような展示は、回ってこないんです!!! 名古屋に!!!

本とマンガは東京時代と変わりない入手しやすさですが。幸い職場近くにLIBROがあるんです。それに名古屋、ビレバン多いですしね。発祥の地だから。

映画館はね……。ほんとはどうにかなるんですよ、「名古屋シネマテーク」ていう「シアター・イメージフォーラム」と「ポレポレ東中野」を併せたよーな気の利く映画館があるので……。

しかしここで(3)です。
私が追っかけて名古屋に来た男、あたまもいいし本もよく読むのですが、
「好きな映画は火薬使いまくったハリウッド映画」
「名古屋シネマテークに見に行った映画が文学的すぎて『ハァ?(゜д゜)』だったから二度と行かない」
「血とか内臓がダメだからグロ映画NG」
とかそういう男でして。私の! いちばん! 好きなタイプの映画を!!一緒に見に行ってくれない!!!

しかも私ひとりで出かけるとスネるしね……。美術館は一緒に行ってくれるって言ってるけど。
土日は夕方まで寝てるしね……。もうどうしろと。



つまりこういう↓ことでしょうか。

結論:男が出来たときが文化系女子続行orNOTの分岐点
……(´゜д゜)

やぁでも本当に……。男出来た途端、サイトの更新が途絶えたイラストレーターの方とかいましたからね……。

一方で「となりの801ちゃん」に出てきたような「オタク趣味を優先させるために彼氏と別れた」みたいなケースもあるみたいですから、やはり「男が出来たとき」そして「その男が文化的活動に理解が無かったとき」に、文化系女子としての「レベル」が問われ、顕在化するんじゃないかと思います。

てコトはアレか、↓ってコトか

結論2:私は自分に負けました
……(´・ω・)

とはいえ、ね。私も今は大人しく家でtwitterしてアングラ・サブカルな方たちとやりとりしているのが関の山ですが、ひょっとしたらそのうち耐え切れなくなって……。なんて……ね……。
(やまだないとっぽい〆)

(紫式子)
記事検索
メールフォーム
facebookページ
twitter
週刊メルマガクリルタイ
メルマガ購読・解除
livedoor プロフィール
奇刊クリルタイ既刊本
奇刊クリルタイ課題図書
お買い得商品










Amazonリンク
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
Links
20120513185125 comic
  • ライブドアブログ