chikumaonline

ミニコミ『奇刊クリルタイ』の公式ページ。お知らせやメルマガ「週刊メルマガクリルタイ」の過去記事を掲載していきます。

婚活

お見合いパーティに行く前に考えてほしい5つの事―古田ラジオ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、某村内を中心に立て続けに「お見合いパーティで惨敗した記録」を読む機会があった。
これらの惨敗記録、内容的には面白いのだが、どうも、「婚活パーティ」というゲームの基本的な仕組みを理解していない状態で書かれた記事・コメントが多いような気がするので、今回、婚活パーティについて、基礎中の基礎の内容をまとめた記事を書くことにした。皆さんが参加される時に参考にしていただければ幸いである。

1:お見合いパーティ参加1度目でカップリングできる事はまれ
お見合いパーティの基本的な流れは以下のとおりである。


1:異性全員と2~3分程度話す(通称:回転寿司)→フリータイム。好きな異性と5分前後話す。これを数回繰り返す→3:シートに気に入った異性の名前を記入→4:司会者によって結果発表。男女とも指名していればカップリング成立となる


さて、この一連の流れ、あなたはどんな内容だかわかっただろうか?1回参加した限りでは何が何だかわからないまま途方にくれることがほとんどである。つまり、お見合いパーティというものは、システムを理解していないと交渉のテーブルに着くこと自体が難しく、よほど運が良かったり、人気者でない限り初回参加はかなりの確率で失敗する。

2:3大バッドステータス、ギャンブル・タバコ・アルコール
婚活で言ってはいけないこと、それはギャンブル・タバコ・アルコールである。その人のルックスや性格以前にこの3つのフレーズを口走った瞬間に「選考外」となることを覚悟しよう。これは倫理的な問題というよりも、単に同じ趣味を嗜む人が少なくなる(また、嗜まない人にとってそれは大変苦痛である)という事が大きな問題である(アルコールは他2つよりも許容する人が比較的多い)。だが、相手のステータスが開示されていない以上、こちらもマイナスなステータスを開示する必要はない。お見合いパーティに限ったことではないが、婚活は基本「減点法」であり、「メリットを極力目立たせ、デメリットをを極力目立たなくさせる」事が基本戦術となる。

3:「友達と参加」は絶対NG
オタク婚活サービス「アエルラ」の社長にインタビューした際にも話しを聞いたが、お見合いパーティで「友達と参加」は基本NGである。万が一友達と参加していたとしてもそのことはあえて言う必要はないだろう。これはなぜかというと、
・カップリング後に友達と帰ることを優先して放置される
・物見遊山に来ていると思われる
事が挙げられる。特に物見遊山で来ていることがわかると非常にカップリング確率は下がることになる。もし本気で付き合う相手を探すつもりで参加するつもりなら、「ヲチしにきた」みたいな言い訳は絶対にしない方がいいだろう。

4:お見合いパーティはセンス競争をするところではない
世の中には様々なお見合いパーティがある。中にはアニメやマンガといったオタク向けだったり、野球やサッカーなどのスポーツなど、様々な趣味を媒介にしたお見合いパーティがなされることも多い。だが、それらのほとんどは「話しのとっかかりを作りやすくする」「同じ趣味を楽しむ人間同士連帯感が生まれやすい」といったところを狙って企画されることがほとんどである。よってこうした会でもっとも避けるべきなのは「他人の趣味で優劣を競おうとする」「自分が話してばかりで相手の話しを全く聞かない」という事である。お見合いパーティはセンス競争の場ではない。これは肝に銘じてほしい。

5:カップリングは「面接権の獲得」でしかない
最後に重要なことを。お見合いパーティでいう「カップリング」「カップル成立」とは要するに「2人で引き続きあって話(婚活用語でいうところの「面接」)をする権利」を獲得したに過ぎないということ。この時点で付き合う事が確定しているわけでも、恋愛感情をもっているわけでもない、という事には注意しておこう。
つまり、お見合いパーティでのカップリングとは就職活動における筆記試験通過、エントリーシート通過のようなものなのだ。

以上、いかがだっただろうか。お見合いパーティは、ルールが特殊だが、その一方で一度に多くの異性と知り合えるという大きなメリットもある。是非、パーティのルールを理解したうえで参戦してほしいと思う。

古田ラジオ

「街コン婚活成功率3%」の謎

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
少し古い話で恐縮だが、日経がこんな記事を出していた。

街コン婚活成功率3% 全国で60万人参加
(内容を確認するには無料会員登録が必要)

「街コン」の婚活成功率が3%なのだという。さて、この数値、高いのか低いのか一体どうなんだろうか。
該当の記事では、

交際に発展する確率は他の婚活手段に引けを取らない。アンケート調査では、後日デートをした人は35.2%、恋人ができた人は9.2%、結婚または婚約した人は3.4%にのぼった。結婚・婚約率は大手婚活支援会社が主催するお見合いパーティーと同水準だ。


と書かれていて、いかにも街コンが婚活に有効(要するに流行っている)であるかのように思える。だが、本当なのだろうか。ためしに、結婚相談所業界の最大手、オーネットの数値を調べてみよう。オーネットの公式ホームページによると、2012年の会員同士の成婚退会社は4,026人だという。同じ年の入会者は18,929人だから、単純計算で入会者の成婚率は約21%という事になる(もちろん、入会者全員が1年で成婚するわけではないのでこの確率は多少下がる)。だが、街コンの3%の数値の実に7倍である。もちろん、他の婚活サービスでは実績を公開していないため、これだけでは断定的なことは言えない。だが、街コンのカップリング率35%というのも、一般的なお見合いパーティのカップリング率と大して変わらないため、結局記事の意図とは違いこの調査結果からわかることは「街コンの婚活成功率は大して高くない(むしろ他のサービスより低い)」という事になる。
なぜ、日経という「大本営発表」でこうした発表がなされたのかについてはわからない。だが、もちろん、街コンに友人作りや飲み目的その他もろもろのために参加するのは構わない。そもそも、飲み会で他の人と知り合うことは楽しいことだ。だが、こうした事実がある事は心に留めておいた方が良いだろう。
基本的に、全ての婚活サービスには確率の差はあれど、「出会い」の可能性がある。どれだけクソなサービスだろうと、その中にあなたの理想の女性がいる可能性は否定できないのだ。だが、現時点では街コンは、参加する事で出会い「も」あるかもしれないという程度の期待値でしかない「副次的婚活サービス」だと言えるだろう。
ちなみに「第14回出生動向基本調査」によると、2010年時点で結婚したカップルの7割が「職場、友人やきょうだい、学校を通じた出会い」がきっかけで結婚している。つまり、確率論で言えば街コンなど参加せず、そこに使っている金を使って友人や同僚に奢って「誰かいい人紹介してくれ」と頼んだ方がよほど確率が高いという事実も申し添えておく。

それにしてもこの記事に書かれている「結婚・婚約率は大手婚活支援会社が主催するお見合いパーティーと同水準だ」というのは一体どこの話しなのだろうか?

古田ラジオ
記事検索
メールフォーム
facebookページ
twitter
週刊メルマガクリルタイ
メルマガ購読・解除
livedoor プロフィール
奇刊クリルタイ既刊本
奇刊クリルタイ課題図書
お買い得商品










Amazonリンク
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
Links
20120513185125 comic
  • ライブドアブログ