2014年04月

MODS MAYDAY OSAKA 2014 出演者紹介/BAND編

MODS MAYDAY OSAKA 2014まであと4日。
いよいよって感じになってきました。

ここで、昨年に引き続き、出演者紹介/バンド編です。
各出演者の詳しいプロフィールは、フライヤーやコチラのHPでご覧下さい。
http://www.osakamods.com/

ここでは、あくまで今年のメイデイへのラインナップとして選ばせて頂いた想いを中心に。

◆Wack Wack Rhythm Band (TOKYO)
大阪メイデイの主催を引き継いでから4年目になるわけですが、毎年意識しているのは地域制、関西のノリ的な部分。
全てのMODS・60sファンの年に一度の祭典であると同時に、日頃から''シーン''と言える場所に出入りしている人達にとってもお祭りでもあるので、関西で活動しているBAND、DJがメインになり、そうなると、どうしても同じ顔ぶれが並ぶのは必然でもあります。
そこに、関西以外からも出演をお願いするBAND、DJをプラスして年に一度の祭典の盛り上がりに一役買って頂いているわけですが、それが今年はWack Wack Rhythm Bandなわけです。
ただただ人気のあるBANDだからとか、関西では久しぶりだからとか、そんな理由でお願いしたわけではありません。
日頃、''シーン''に出入りしていると、簡単には言葉に出来ませんが、何年もずっと同じような音楽で楽しんでいるように見えて、実は少しずつ変化というか、流れというか、そこに出入りしているからこそ感じるものがあります。
非常に端的に言えば、ジャンルや細かいカテゴリーの''流行り''ということですが、その感じ方はもちろん個人差もあるし、一時的な流れもあれば、ゆっくりと時間をかけて変わっていく部分もあり、また巡り巡って元に戻るみたいに感じる事もあります。
その流れを自分なりに感じながら、今年の大阪メイデイにバチっとハマるのはWack Wack Rhythm Bandだなと。
素晴らしいBANDであることは言わずもがな、今まで当たり前のように知っていた人も、初見の人も、関西の今の''気分 ''で存分に楽しめる事間違いなしです。


wwrb



















◆Les Cappuccino
4年連続出演。
大阪メイデイにこのBANDあり。
この4月はイギリスで10年振りに開催されたMOD STOCK出演の話題で持ち切りだったのも記憶に新しいところ。
MOD STOCK行ってる人が羨ましいなあなんて思ったりもしましたが、よくよく考えたらこっちは毎年見られるわけなので、逆に向こうの連中に自慢してやりたいなと。
この大阪メイデイでは凱旋ライブとして、素晴らしいステージを魅せてくれることは間違いないです。
日本が世界に誇るスーパーMOD BAND。
カプチーノ無しでは大阪メイデイは始まりません。

lescappuccino
















◆浦朋恵&ザ・ロッキンバリトーンズ
2012年以来、2年振りの出演です。
2012年の大阪メイデイでは初見の人も多く、ある意味一番反響が大きかったと記憶してます。
数々のビッグネームとの共演などの話を持ってくるまでもなく、その圧倒的なパワーみなぎるゴリゴリのR&Bは、上記のワックワックと同様、まさに今のシーンの''気分''にぴったり。
今年もその圧巻のステージは必見です!


ura





















◆The Scarlettes
去年も書きましたが、本当に彼らの活動歴は紆余曲折の連続で、去年のメイデイ後にドラムが抜けるという事態に陥りましたが、その後、東京で数々のMODバンドを渡り歩き、現在もBACK DOOR MENやTHE TRAMPで活動する鈴木やすし氏のサポートを迎え入れ、この1年は東京を中心にライブ活動を行い、このメイデイが久々の関西でのライブでもあります。
日頃から親交の深い友達でもありますが、今や唯一無二ともいえるスタイルで貫く彼らを、ボクは心から応援しています。
去年のメイデイでは大トリの大役を務めてくれた結果、非常にカオスなステージになったことは御存知の方も多いと思いますが、今年は逆にトップバッターとして、大阪メイデイの幕開けにふさわしいステージを魅せてくれると思います。

scarlettes























◆Four In Crowd
ともに『The In Crowd』を主催する、Jimmy and His Mojomenのタカオ君と、The Scarlettesのムラタ君を中心に結成された期待の若手です。
モッズ・クラシックスと言われるようなR&Bの他に、近年60sのクラブで評価の高いNew Breed R&Bやpopcornといったカテゴリーの曲をレパートリーとし、まさしくシーンを代表するバンドを目指して活動中の彼ら。
今までに数回行ったライブでの映像や噂が広まり、大阪メイデイ以外にも福岡メイデイ出演が決まってます。
メイデイには初出演となるので、今回初めて観る人も多いかと思いますが、ここで詳しくは書きません。
これからの関西のMODSシーンを担う彼らのステージを目に焼き付けに来てください。
今年のトリはFour In Crowdです。

fourincrowd

MODS MAYDAYまであと9日

MODS MAYDAY OSAKA 2014まであと9日。

自分が大阪のメイデイを主催するようになって早4年目。

そもそもいつ頃からだろう、この大阪メイデイの主催をやりたいと思うようになったのは。

関西のMODS・60sのシーンに足を踏み入れ、
もともと音楽から入った自分はその中でDJになることを志し、
DJをする機会を与えてくれるイベントに仲間入りし、
今度は自分が思うようなイベントをやるべく、同じ思いを持っていた仲間とスタートし、
その後、モッズメイデイの主催を引き継いで4年。
振り返ってみてもはっきりといつだとか、何をきっかけにということはわからないが、ごく自然に芽生えた感情だと思う。

では、なぜモッズメイデイの主催をやってみたかったか。
そこは割とはっきりしている。
決してその肩書きやステータスを欲したわけではない。
単純に自分が思う最高の環境で、観たいバンド、DJだけを集めた、自分にとっての最高のメイデイがやりたかったから。
誤解してほしくないのは自分が主催するまでのメイデイが楽しくなかったわけではないし、決してそれまでを批判するものではない。
ただ、「自分ならコレだな」とか、「面白いかもしれんけど、それどうなん?」みたいなのは常にあった。

だから逆に、自分が主催してからの過去3年、今年に関しても、モッズメイデイに関心のある人であれば、三者三様に違った見方や意見もあって当たり前だと思っている。
同じシーンで遊んでいる人達とは、ある程度同じ価値観は共有出来ているとは思うが、それでも100%一致することは不可能だと思うし、メイデイともなれば、年に一度この日だけは行くという人も大勢いるから尚更だ。

いくら''自分にとっての最高のメイデイをやる為''に主催という立場にいるとはいっても、自分だけが楽しめるものであってはならないのは当然で、逆に自分以外の人に楽しんでもらう為だけにやるのでは自分がやる意味がない。

あくまで理想は自分も含めた全員が楽しめるモッズメイデイ。

結局、何が言いたかったかというと、今年も、自分が最高に楽しめて、尚且つ120%自信を持って皆さんに楽しんで頂けるであろう理想の''大阪メイデイ''が出来そうだということ。

だから、少しでも関心がある人には絶対に来てもらいたいし、半信半疑な人は尚更、「来て良かった」と思ってもらえる絶対的な自信を持ってお届けします。
そして、年に一度のこの日を一緒に楽しみたいなと思ってます。

そして明日はヌードレストラン。
同じ感覚でモッズメイデイを楽しむためにも、明日のヌードは必須です。


DSC_0528

4/26 NUDE RESTAURANT

本当に早いものでMODS MAYDAYまであと2週間。

ロンドンでは10年振りのMOD STOCKが開催されており、現地の様子が知人のFacebookでの投稿などで送られてくるのを見て羨ましいなぁなんて思っていたら、こっちもあと2週間ですよ。
何がってこともないけど、さすがに焦る時期です。

皆さんそろそろ何を着て行こうなんて考えてる頃でしょうか。
ボクも着々と準備を進めてはおりますが、そういや全然ブログ書いてないなと、
思い立って深夜にパソコンに向き合っている訳ですがもう一つ指が動かない。
なぜだろうと考えてみたら、どうやらBGMがよろしくない。
ここ数日、EGO-WRAPPIN'の「色彩のブルース」だけを延々とリピートして聞いている。
いや、決してEGO-WRAPPIN'が悪いわけではなく、自分のチョイスが悪い。

普段、聞いている音楽に気分が左右されやすい面倒なタイプで、
特に自分がDJをするイベントが控えている時には聞く音楽にも結構気を使うのですが、
これはさすがにちょっと違うなと今さら気付いたので、例年であればメイデイ直前に観ることにしている「さらば青春の光」を時間がないので早送りしながら見たら、ようやくスイッチが入りましたのでご安心を。
まあ儀式みたいなもんです。

さて本題。
今週末は関西60sシーン月末最終土曜恒例、ヌードレストラン。
今年もMODS MAYDAY前という事でゲストDJとして呼んで頂きました!

今年の夏には記念すべき20周年を迎えるヌードレストラン。
ここ数年は恒例で呼んで頂いてますが、そんな記念すべきアニバーサリーイヤーでも変わらず呼んで頂けることに感謝しつつ、ヌードが終わったら1週間後に迫るMODS MAYDAYに向けての火付け役となるべく 頑張る所存でございます。

MODS MAYDAY情報を頼りにこのブログをご覧の皆さんで、未だヌードレストランを未経験の方も、
ぜひこの機会に足を運ばれる事をオススメします。

MODS MAYDAYをより楽しんで頂く為の、間違いなくベストな週末の過ごし方。

このヌードレストランから始まる''Golden Week''がね、もう何とも言えんのですよ。

全然ひとり占めするつもりもなく、皆さんとこの気持ち共有したいと思ってますので、今週末は神戸JamJamへ。

お待ちしております!

『NUDE RESTAURANT


2014年4月26日(土)
19:30~23:30

【会場】ジャズ喫茶 Jam Jam
神戸市中央区元町通1-7-2
ニューもとビル地下1F
TEL.078-331-0876
>>>http://jamjam-jazz-kobe.info/

【CHARGE】
¥2,000 (2ドリンク付き)

【GUEST DJ】
・Chikusa <The In Crowd, MODS MAYDAY OSAKA>

【NUDE RESTAURANT DJ】
・RYO KITAAKI

・IZUMI SAWAMOTO

・SEIJI IWABUCHI

・SHUHEI YOSHIOKA

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NUDE RESTAURANT
OFFICIAL INFORMATION

twitter: ヌードレストラン @nuderestaurant

Ameblo : http://ameblo.jp/nuderestaurant/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
50's 60's 70's
NORTHERN SOUL
MODS
R&B
POPCORN
JUMP BLUES
ROCK A BILLY
MODERN SOUL
DEEP FUNK
JAZZ

4
プロフィール

Chikusa

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ