ちくわがたまに絵を描くブログ

お世辞にも上手くないイラストのブログです。 下手なりに絵を楽しむのがモットーです。

普段は「ちくわの冬眠願望にっき」で日々の出来事をダラダラと綴っています。 http://blog.livedoor.jp/chikuwabu1027/

迷子にならなくてよかった

image


最近雨の日が多くて出掛けられない日々が続いています。そんな中 、以前ブログでも行きたいと思っていた展示回に行ってきました。ミッフィーちゃんの絵画展です。子供の頃実家にうさこちゃん(ミッフィーの日本での名前)の絵本があったので懐かしいなと思いつつ行ってみました。しかし、問題は会場の場所。方向音痴なのでものすごくわかり易い所しか出掛けない主義なので正直行くのが億劫でした。なので道に迷って沢山歩いてもいいように天気が良い日に行ってきました。なんだかんだいって中島公園に行くのはは10年ぶり。あまりにも久しぶりすぎてどこが変わっているのか変わっていないのかがわかりませんでした。実は以前中島公園に行った時に道に迷ったので不安はあったのですが文学館のHPに書いてある通りにいったら簡単に行けました。初めて文学館に行ったのですが思いのほかキレイでよかったです。

 お昼頃に行ったためか人はほとんどおらず、お客さんはほとんど家族連れでした。内容は絵本の原画が中心でミッフィーちゃんも初期と現在ではかなり違う姿をしていたのを知り少し驚きました。なんかこう時が経つにつれてスリムになるキャラって結構いますよね・・・。日本ではうさこちゃんで有名なミッフィーですが、オランダではナインチェという名前だそう。作者のブルーナ氏の線や色は最低限しか使わないというこだわりや絵本の制作過程なども展示してあり面白かったです。ちなみにミッフィーの(・×・)口のばってんですがミッフィーだと2本、お父さんやお母さんなど歳が上のキャラは3本だそう。線を多くすることで歳をとっているように見える工夫なのだとか。確かに人も歳をとったらしわが増えますしね。あとは世界各国の言語で翻訳されている絵本や実際に絵本を読めるコーナーもありました。昔読んだ絵本もあるかなと思ったのですがありませんでした。なぞるだけでミッフィーの絵が描けるコーナーもあったのですが年齢的に無理があるので断念。でも楽しそうでした。
 今回初めて文学館に行ってびっくりしたのが画像の半券を2回目に観に行くか次の展示会に持っていくと割引になるそうです。

 グッズコーナーも置いてあり、札幌展限定のタンブラーが欲しかったのですが他にも持っているので断念。かわりに小皿を買いました。もったいなくてまだ使っていません。展示会が終わったあとは中島公園内をゆっくり散歩しました。その時の画像があるのですが最近PCから画像がアップ出来なくてスマホとPCの両刀使いで記事を書いています。すごく面倒です。最近ライブドアブログも記事を書けなかったりすることが多いので早くよくなって欲しいです。

暑い中のおでかけ

 夏は暑いのが嫌で、冬は寒いのが嫌で休みの日は外出はほとんどしないのですがどうしても気になるものがあって暑い中出掛けてきました。

012

 スヌーピーのイベント?です。ピーナッツ65周年記念ということで「日本なら年金がもらえる・・・。」とこないだ母親と年金の話になった私は思ったのでした。展示会というよりはオブジェなど記念撮影が出来るスペースがほとんどなのでゆっくり作品を見たいとかよりSNSや記念撮影好きの人向けでした。

image

 せっかくなので記念撮影で人がごった返している中、私も撮影しました。一部を除いてほとんどは撮影可能でした。マカロンのケーキはくるくる回っていました。

image

 65周年記念ということでパーティーがテーマのようです。よく見ると小物が細かい!

image

 ボールのようなものはランダムに浮きます。

image

 適当に撮ったのでカメラのアングルがぐちゃぐちゃです。


010

 グッズコーナーで限定のお菓子入りの缶を購入。他にも沢山あって色々と欲しかったのですが文房具などこの先使わなさそうなので断念。展示会よりもグッズを見ている方が楽しかったです。そういえばピーナッツは高校の図書館に置いてあってよく読んでいたなぁと思ったり。今度また読んでみようかな。

行ってきた

 仕事が平日休みで良かったと思えることは外出するときに交通機関やお店などが混んでいないことです。友達と休みが合わないといった欠点がありますが人混みが苦手なのでちょうどいいと思っています。

004

 久しぶりに美術館に行ってきました。平日でも意外と人がいました。絵画の展覧会はやはり人気がありますね。ご飯やウィンドウショッピングに行くのは一人では嫌なのですが、美術館などは自分のペースで観たいので一人で行きたい派です。会社の人に「美術館って敷居が高そうで行けない。」と言われたのですがカジュアルな格好でも行けるし私の様に絵画の知識がなくて絵が観たいだけの人もいるので全然平気です。ただ、割と年齢層が高いので比較的上品な格好をしている方が多いです。平日なら小さいお子さんもあまりいないので子どもが苦手なかたでも割と平気です。大人の方がかえってうるさい人が多いかもしれません。

 箱根にあるポーラ美術館に展示されている作品の中から71点ほどの絵画が展示されています。画像のチケットの絵画の作者のモネ、ルノワール・ゴッホ・ピカソなどあまり絵に詳しくない人でも聞いた事がある名前がずらり。個人的にはモネの「睡蓮」が観れて満足。あまり詳しくないのですが「睡蓮」ってシリーズ作だということをこの時知りました。
 こういった絵画展では作品の横に解説が書いてあるのですがド近眼の私にはかなり近づかないと読めないので字をもう少し大きくして欲しいです。今回観て気に入った作品はアルベール・マルケのブーローニュ=シュル=メール港の眺めです。作品によって画風?が違うので観ていて面白かったです。またピカソの作品で友人の奥さんを描いた作品があったのですがピカソのあの独特な画法で描かれて個人的にはどうなのだろう・・・。と思いました。他にもイポリート・プティジャンの「髪をすく裸婦」など点描で描かれた作品を見て「こういう表現の仕方もあるのね。」と感じたり。いつか自分が絵を描く時に点描で描いてみたいなぁと思いつつも細かい作業が苦手なのでどうなることやら・・・。

 最後に箱根にあるポーラ美術館の紹介もしていました。創業者の美術品のコレクションが展示してあり、化粧道具なども展示しているらしくお金と休みがあったら行ってみたいと思いました。たまにオルビスの化粧品を購入するので私の買ったお金もこのコレクションの一部に使われているのかしら・・・。と思ったり。なかなか見応えがある展示会でした。
ギャラリー
  • 東京旅行に行ってきました
  • 化粧4コマ 使用量
  • 化粧4コマ 使用量
  • 化粧4コマ 使用量
  • 化粧4コマ 使用量
  • 昔のやつ
  • 昔のやつ
  • 秋の行楽
  • いでよ!黒歴史
楽天市場