そういえば新しいスケッチブックを買ったのにブログにのせるのを忘れていました。
003
主に落書きしかしないし、小さい絵ばかりを描くので小さいサイズのスケッチブックを購入しました。

久しく絵を描いていないのでせっかくだし、落書きを描きました。テーマは「街で見た自分が良いと思ったファッション」です。正直私自身ファッションセンスは皆無と言っていいほどですが、お出かけ先で「あの人おしゃれだなぁ。」と思ったファッションを甘口チェックしようと思います。最後にはあまり良くないと思ったファッションも挙げていこうと思います。

005

まず絵の線がガタガタ!!あまり人を描くのは得意ではありません。
たぶん高校生~大学生位の女の子だったと思います。この手の服装は自分ではしないのですが、ご本人にとっても似合ってたのでとても良いと思います。自分の顔や性格と服装を合わせるのも立派なおしゃれです。この方を見たのも2年位前ですが、ニ―ハイソックスも黒で済ませるのではなく、膨張色でもあるベージュで決めたのも高ポイント。黒いニ―ハイソックスだとどうしてもダサく見えてしまうし・・・。まぁ、ご本人が可愛くて脚が細くて真っ直ぐなのも似合う原因だと思います。

007

そういえば今年はあまりサンダルを履いている人を見ないと思ったら、老若男女スニーカーを履いている方が多い多い。数週間前にお気に入りのサンダルを壊してしまい今は下駄箱にしまっています。ネットで調べたら修理は出来るそうなのですが、値段がサンダルより高く付きそう。でも新しいサンダルを探すのも面倒だし、壊れたサンダルがとても気に入っているのでいずれは修理に出したいと思います。話はそれましたが、今時のファッションに疎い私です。最近柄と柄を合わせるファッションが流行りだと知りました。しかし、柄×柄は難易度の高い個性派ファッションです。私がやったらダサくなると思うのでするつもりはありませんが、こないだ街でみた女の子が柄の組み合わせを普通にこなしていて感心しました。後になってよくよく考えてみたら、柄物同士を合わせる時に隣合わせにしないで、間に無地の物を挟む(この場合、スカートと生足)、柄はあまり主張のないものにすると柄×柄でも合わせやすいのかなと思いました。

009

昨年に引き続き人気のマキシ丈スカート。最近は流行が落ち着いたのか以前より見かけなくなりましたが、定番になりつつあるアイテムはやはり遊び心が欲しい所。この前みたちょいヤンキー風のお姉さんはタイトなボーダーのマキシスカートで後ろが深いスリット入りで何ともセクシーでした。どちらかというと体系カバー要素が高いマキシ丈スカートですが、チラ見せセクシー路線の方がなんとなく今っぽいような気がします。

011

こないだ母親と待ち合わせをした時にぼーっと色々な人を見ていたのですが、ひときわ目立ったのが白のブラウスにタイトなスカート、ヒールのある靴のお姉さん。やっぱりヒールのある靴は女度を上げてくれますね。服装の全てが体のラインが見える服なので人並み以上のスタイルと自身がないと着こなすことはできません。

最後にこれはちょっとないなぁ。と思うファッションを
012

左)やはり柄×柄のファッションは難易度が高い気がします。ボーダーと花柄の組み合わせはリーマンショック後の景気が下がった時に一回流行りかけたことはあるのですが、世間の人々も「いくら不景気だからとはいえ、この組み合わせはないだろう。」ということで実際に流行ることはありませんでした。春先にもボーダーと花柄を合わせている人を見たのですが、キレイな人でもやっぱりないわと思わせるコーディネイトだと思います。個人的な意見としては両方とも主張が激しい柄を隣り合わせにもっていくのがよろしくないような・・・。オシャレをきめてきたというよりは寝坊したりして着る服がないから近くにあった服をそのまま着た感がいなめないのもちょっとなぁ。あと、自分も人のことが言えないのですが、女性がメガネをかけるとやっぱりやぼったく見えてしまいますね。私もコンタクトにしたいのですが、お金がない・・・。

右)ファッション誌によると秋はひざ下丈のスカートが流行るそう。しかし、自分の体系をよく理解しないとやぼったく見えてしまいます。夏に買物を見たときにほっこりけいのファッションをしている方を見たのですが、ご自身の体系がちょっとどっしりしていて、なおかつ体のラインを隠しまくる服装をしていたので失礼ですがちょっと太って見えました。人の事は言えないタチですが、ファッションって自分の体系との戦いのような気がします。ほっこり系のファッションって個人的には布に隠されていても細いんだなと思わせる体のラインがあってこそ。昔行ったカフェの店員さんがスリム体系&ほっこり系ファッションをしていました。必死に体系をカバーする服装もいいかもしれませんが、思い切って出したり、強調した方が意外と良い場合もあると思います。

総評
久々に絵を描いたので基本的に線がガタガタです。でも、塗り絵感覚で楽しめたので良かったかな。24色の色鉛筆を使用して、思った色が出せなかったのでやはり36色の色鉛筆が欲しい所・・・。余談ですが、先程話をしたカフェに行ったら閉店して紅茶専門店になっていました。雰囲気が好きでまた行きたいと思っていたのに!ショックでした!!地元のタウン誌にも何度か紹介されていて、交通の便も良いお店だったのになんだか寂しくなりました。