気が付いたらものすごく久しぶりの更新となってしまいました。今年の秋も案の定食欲の秋になってしまったので最近マイブームのカレーの作り方をイラスト付きで解説しようと思います。

005

006

 私はよくカレーを作ります。理由は作り方が楽ちんだからです。あとは煮込んでいる間に洗い物など他の事が出来ることでしょうか。
007

 今日は色々とカレーを作った結果
 ・作り方が簡単
 ・それなりに美味しい
 ・後片付けが楽
 なカレーの作り方を紹介しようと思います。

 基本的にスーパーでよくっているものを使います。

001

 材料(2~3人分)
 ・好きな野菜(カレーに合うものならなんでもOK)
 今回はジャガイモ(中サイズ2個)と玉ねぎ(大サイズ1/4)・ズッキーニ(1/2本)を使用
 ・トマト 中くらいの大きさ 2個 トマトホール缶 2/3で代用可能
 ・A(サラダ油 適量 ニンニクとしょうがのすりおろし 各小さじ1 クミン 小さじ1)
 ・コンソメ(顆粒) 大さじ1/2
 ・カレールー 2片
 ・水 100ml~200ml

 画像の顆粒の漢字が間違っていますね・・・。すみません。辛いのが好きな方はAにカレー粉を加えて下さい。ニンニクとしょうがはチューブのものを使うと簡単です。

003


 クミンはなくてもOKですが、良い香りがするのとお通じが良くなるのでおすすめのスパイスです。クミンそのものはあまり味がしない(と思う)のですがカレーの香りがします。とても食欲のそそる香りです。種と粉状のもの両方を使った事がありますがどちらを使用しても味は変わりません。個人的には粉の方が使い易かったです。最初は腸を整える働きがあると雑誌で読んでクミンを摂り始めたのですがその後お通じがよくなるなどダイエットにも良いことを知りました。ちなみに毎日小さじ1のクミンを摂取するといいそうですよ。お通じは本当によくなります!クミンはカレーの他にきんぴらに美味しいと雑誌に書いてあって試してみたら美味しかったです。カレー粉と合わせて野菜炒めにするのも美味しかったです。

004

 それでは作り方に入りましょう。

 まずは下準備
 野菜を食べやすい大きさに切ります。トマトは1cm角に切ります。

 次に深めのフライパンかお鍋にAを入れて熱し野菜を炒めます。火加減はあまり気にしませんが中火で作っています。

006

 野菜に火が通ったら水とコンソメを入れ野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

 途中でお鍋がこげつきそうになったらその度水を入れて調整して下さい。この時に洗い物をしておくと後片付けが楽です。

005

 野菜が柔らかくなったらルーを入れて溶けたら出来上がりです。

 今回はお肉を入れなかったのですが、もしお肉を入れるならあらかじめ火を通して別のお皿にあけておきルーを入れる直前に入れて下さい。炒めても湯通しにしてもどちらでもOKです。

 カレーにトマトを入れる作り方の方がカレーのルーを入れる量が半分位に減りました。あとル―が少ない分洗い物が楽です。トマト缶はまるまる1缶使い切ってもOKですが、私は余ったトマト缶はお米と一緒に炊いてチキンライス風にしています。(お米2合とトマト缶を炊飯器に入れて2合の線まで水を入れてコンソメ・バターを入れて炊くだけ。アサリの缶詰を入れると美味しいです)

007

 最後に今回の絵を描いた時に使ったペン。
 ゼブラ サラサクリップ
 色々と太さがある商品ですが今回は0.3を使用しました。値段も100円位で安いので落書きに最適です。落書き意外にも履歴書を書いたりするのにもおすすめです。