ちくわの冬眠願望日記

毎日眠いです。人間も冬眠できたらいいのにな。

2014年07月

ブログのネタが尽きてきたので最近思ったことなどをダラダラと綴ります。


この前歩いていたら前に小学生位のお子さんとおばあちゃんが歩いていました。
孫「あれ何~?」道路の速度制限の標識を指さして
祖母「あれは道路標識といってあれは数字以上の早さで車で走ってはいけないという意味なの。」
孫「そうなんだ~。」
祖母「例えば標識に40キロと書かれていたら40キロ以上で走ると警察につかまっちゃうのよ。」
孫「へぇ~。」
祖母「でもここに住んでいる人はたいてい制限よりも10キロ位早く走っているけどね~。」
ほのぼのした会話でしたけど最後のはお孫さんに話さなくてはいいのでは!?と心の中でツッコミました。


たまに物凄く甘い飲み物が欲しくなります。
006
画像の飲み物は凄く甘かったです。なのでお湯で物凄く薄めてから飲んでいます。この手の飲み物を買う時は必ず1本増量のものを買ってしまいます。貧乏症なので・・・。


ここ数カ月、付けたら良い事が起きない化粧品があるので、さっさと使い切ろうと消費しているものがあります。某メーカーのアイライナーなのですが、このアイライナーを使用した日はあまり良い事が起きません。ここ数カ月でほぼ新品から2/3位の短さになるまで使用したのですが、使い切るのにまだまだ時間がかかりそうです。実はというとチークも付けた日には変なことが起こる確率が高くて休日にしかしないのですがこれって私だけでしょうか?


001

この前小腹が空いて久しぶりに赤いきつねを食べました。赤いきつねは実家に帰った時によく食べるので普段買うことはあまりないです。あの平べったい麺とつゆが好きです。画像は小さいサイズのものですが、普通のサイズのものにすればよかったと後悔。もっと食べたかったです。

最近思った事、以上です。


ブログネタ
あなたのPC・ケータイ・スマホ遍歴を教えてください に参加中!

久々のブログテーマ「あなたのPC・ケータイ・スマホ遍歴を教えてください」

PCは学生時代に買った物を今でも使用しています。結構な年月が経っているのでもうそろそろ買い換えたいのが本音ですが、お金がない。・゚・(ノД`)

ケータイは高校に入学する時に買ってもらいました。当時私の地元は電波が悪い所でして携帯がドコモしかつながらないいう話を聞いたのでドコモにしました。同級生のほとんどがドコモでした。auが2人位いたかな?数年前にauかソフトバンクに替えようか迷った時期があったのですが、面倒臭くて結局今でもドコモの携帯を使っています。
最初はNECだった気がします。当時はせめて携帯だけでも可愛い物をもとうと思っていたのでピンク色にしました。この携帯は1年位で買い変えました。傷がついたのが嫌で買い変えたのですが、親にすごく怒られた気がします。私の親は家電製品は壊れない限りずっと同じ物をつかうタチなのですぐに買い替えるのがどうしても嫌だったみたいです。(私の学生時代に10年以上使っていた冷蔵庫を買い替えたのですが、その時に電気代がすごく安くなって驚いたと言っていたので今では買い替えには少し寛容になったかな?)
2代目はパナソニックの携帯を使っていました。カメラの機能で撮った画像をヘン顔に加工出来たのでそれで遊んだ記憶があります。2代目は3年以上使ったと思います。
3代目はシャープの携帯を使っていました。しかし、購入してから半年位で誤って洗濯してしまい壊してしまいました。
4代目もシャープです。壊れた時に充電器を買うのが嫌だったのでシャープの携帯にしました。この携帯は2、3年使っていました。(これだけ思い出すのに時間がかかりました。使用期間ははっきり覚えていません。)
5代目はNECです。スマホにしようか迷ったのですが、お金がなかったのと片手で操作出来る方が良かったためガラケーにしました。
初代~5代目までは色はピンクか赤の携帯しか使用していませんでした。赤はラッキーカラーだったので好んで使用していました。

現在は1代目のスマホを使用しています。友達に相談してエクスぺリアにしました。本当は白色が欲しかったのですが、在庫がなかったため青色にしました。普段はケースを付けているのであまり目立たないので色はあまりこだわらなくてもよかったなと思いました。スマホを使ってみて電池が減るのが思ったより早くて少し後悔しています。でもこの前やっと分割払いが終わったばかりなので出来るだけ長く使いたいです。

こうして振り返ってみると結構買い替えているみたいですね。ちなみに親は私とほぼ同時期に携帯電話を使い始めているのですが、現在2代目です。携帯はしばらく買い替える予定はないので今はパソコンを買うお金をコツコツとためようと思います。

007

ドルティア ハイドロサーバー M(n)

すっかりお蔵入りしていたサンプル。このまま置いておいてもしょうがないためさっさと使ってしまいました。結構量が多かったのでコットンパックをしました。普段化粧水は手で付けているのでコットンを使うのは珍しいです。しっとりめの化粧水のためさすがに乾燥はあまり感じませんでした。
翌日、かなりの乾燥肌の私でもこの化粧水と乳液だけでも結構しっとりしたのでしっとりめを使うことと一定の量を使わないと肌が潤わないのだと実感しました。

ここから余談
よく化粧水をつけるときに手を使う派とコットンを使う派にわかれますが、メーカーからの指定がない限りどちらでもいいそうです。コットンの方が手を使う時より少量で済むそうです。(コットンの方が均一に化粧水がいきわたるとかそういった話だった気がします。)あと、銭湯などに行った時に化粧水をつけるときに手で顔をパンパンする人を見かけますが、あれは手でパンパンすることで肌への刺激になりシミやしわ、たるみの原因になるそうなのでしない方がいいそうです。

今日もほとんど雨でした。午前中は晴れていたので(帰りは雨だったけど)買物をしてきました。

002

先日の記事の通り、来年撤退するソニアリキエルでお買い物をしてきました。昨年雑誌で見てずっと気になっていたチークを購入しました。今までチークはプチプラばかり使っていて最高でも1500円しかお金を出したことがないのですが、倍以上の値段がしました。移動が面倒で前回行ったお店とは別の所にいったのですが、ここでも店員さんが丁寧に接客してくれました。お会計の時に撤回の件について説明がありました。先日のDMにも書いてあったのですがお店によって閉店する日が違うそうで、まだ詳しい日にちは決まっていないとのこと。閉店の日にちがわかり次第DMなどでお知らせしてくれるそうです。

サンプルは画像のBBクリーム以外に美白美容液をもらいました。BBクリームは前回行った時にはまだ発売されてなくお試しすることが出来なかったので、もし自分の肌に合っていたら購入しようかと思います。

店員さんに「撤退するなんて残念です。」と伝えたら「まだしばらくはお店を営業しているので気になる物があったらいらして下さい。」と言われました。私がお金を持っていたらもう少しお買いものできるのに・・・。お直しに口コミサイトでも人気のルースパウダーをはたいてもらったのですがこれが結構良かったです。ここ最近暑さで外に出たらおでこが汗でベトベトになっていたのですが、ルースパウダーにしてはおでこがサラサラでした。現在使用しているルースパウダーは汗には強くないのでちょっと欲しくなってしまいました。(店員さんいわくソニアのルースパウダーは水分は含まれているため、水や汗に強いそうです。あと、付ける時にすこしひんやりします。)

チークはまだカウンターで試しただけなので使用した感想は後日書こうと思いますが、思ったより薄付きですが持ちは良いと思います。ただ、店員さんに何度も言われたのですが、チークに水分が含んでいるため蓋を開けっ放しにするとすぐに乾いてしまうためマメに蓋を閉める&音が鳴るまでしっかり閉めなければいけないそうです。ズボラな私ですが、気を付けて大切に使いたいと思います。

私の唯一の自慢は手がキレイなことです。(顔は全く褒められませんが。)よく友人や美容部員さんなどに褒められます。特に手入れはしていないのですが、個人的には手汗が酷いのでそれが原因で乾燥や手荒れが目立たないからだと考えています。あえて言うなら秋~春先まで外出時は必ず手袋をしているので日焼けしないのもそれなりにきれいな手を保つ原因ではないかと思います。あとは食器洗いをするときにお湯を使わない、手袋をする位でしょうか。お湯で食器洗いをすると手の乾燥が酷くなるそうです。

そんな私も昨年の夏にうっかり日焼け止めを塗るのを忘れてしまい手の甲にシミが出来かかってしまいました。今はそんなに目立たないのですが、今年は気を付けなければなりません。

002

庭師のバーム ハンドバーム H

昨年妹から誕生日プレゼントにもらったのですが、他のハンドクリームを使用していたので未開封のままでした。シアバター入りで柑橘系の爽やかな香りがします。伸びはごく普通、塗った直後はベタベタしますが時間が経つと少しサラサラします。普段からハンドクリームを塗る習慣がないため塗るのをついつい忘れてしまいますが、気が付いたらこまめに塗るようにしています。以前ロクシタンのハンドクリームを使っていたのですが、ロクシタンよりもベタベタしない気がします。しっとりするのはロクシタンの方でしょうか。香りの持ちはロクシタンノ方が断然良い気がします。庭師のバームも鼻に手を近づけたら結構匂いがしますが。

昨年手にシミを作ってしまったのがショックだったので、今年は油断せずに保湿と日焼け防止に努めたいと思います。

↑このページのトップヘ