だいぶ前に某美容カウンターで「アイライナーは引いた方がいいですよ!」と言われたのですが、普段アイライナーはまつ毛の間を埋めるようにペンシルアイライナーで引いているのですが・・・。と思いつつ「はい。」と返事しました。ペンシルアイライナーは柔らかくて引きやすいし直すのが比較的楽なので愛用しています。数年前にリキッドアイライナーを使用していたのですがラインがガタガタになってしまい結局使い切れずに捨てた記憶があります。

 今まで何本も繰り出し式のペンシルアイライナーを使用してきて、だいたい1本1か月で使い切ることが判明し、1本千円だとしても1年間で1万2千円。意外とお金がかかります。お金がかかるのはしょうがないとして、こまめに買いにいくのが面倒臭い。それだったらペンシルよりは持ちそうなリキッドに切り替えようかなと思いネットの口コミを読んでこちらを購入。(削る方のペンシルアイライナーだとだいぶもつのですが削るのが面倒で芯が柔らかいものだとかなり手が汚れるので今では使っていません)
CIMG0388

モテライナー

 使えばモテるかはわかりませんが、ドラックストアのテスターで好感触だったので購入。色素沈着しないとパッケージに書かれていたのでいいなと思いました。
 アイライナーで重視しているのは発色・書きやすさ・モチです。以前使用していたラブライナーと使い心地を比べてどうだったかなと思い出しながら書いていこうと思います。まず発色ですがモテライナーも決して薄くはないのですがラブライナーの方が良かった気がします。筆の細さですがモテライナーは本当は極細でです。ラブライナーは普通の太さだったので小回りが利くのはモテライナーだと思います。モチはどちらも良く、モチがいいのにクレンジングは楽でした。乾くのはモテライナーの方が早いと思います。モテライナーは本当に乾くのが早くて驚きました。しかし、裏を返せば失敗した時にすぐに手直ししないといけません。というか乾くのが早すぎてラインを修正するのに一苦労するくらいです。ラブライナーも乾くのは比較的に早いのですがモテライナーほどではなかったです。ちなみにラインを書くときに失敗してしまった対処法は綿棒にファンデーションを付けて軽くふき取っています。しかし乾くのが早くてなかなか上手くいきません。
 数年ぶりにリキッドを使用するので使い始めてからしばらくのうちはラインが超ガタガタ。雑誌やネットで自分に合う引き方を試行錯誤した結果、奥二重のため普通にラインを引くとにじむ&二重幅が狭く見えてしまうのでまつ毛をビューラーで上げてからまつ毛の下の方に筆を入れてまつ毛を持ち上げるようにラインを少しずつ引くと(一気に引くとラインがガタガタになります)そこそこきれいにラインを引くことが出来ました。

 また、ブラシにモテライナーの液を付けて黒目の上のみに太目のラインを引くと目力がアップします。どうしても上手く引けないという方は最初にペンシルアイライナーでラインを書いたあと、リキッドで書いた後をなぞるように書くと書きやすかったです。最初はやはりペンシルの方が良いかもと思っていましたが最近ようやく慣れてきてペンシルと同じくらいの時間で引けるようになりました。モチは良い方だと思います。発色も長時間続いています。目をこすっても落ちませんでした。クレンジングは楽ちんで特に気を遣うことはありませんでした。まだリキッドは使い切ったことがないのでどれくらい持つかは不明ですがペンシルよりも買い替える回数が少なくなるのならリキッド派になると思います。