アイシャドウを目のみに使用していたら減るのが遅いのでアイブロウとしても使用しています。ダークカラーがラメでギラギラしているアイシャドウ以外は大抵使えます。ちなみに過去にルナソルのオーロライズアイズでアイブロウを書いていたので余程のことがない限りほとんどのブラウンアイシャドウで使えます(眉の薄い人だと少しラメがキラキラしてしまうかもしれません)。

 ちなみに私の字眉は濃くて太いです。長さもあります。手入れをしないと野暮ったく見えるを越して不潔に見えるのと眉が主張しすぎて男顔に拍車がかかります。

 今回使用したアイシャドウはこちら↓
CIMG0471
 ルナソル マカロングロウアイズ 01

 購入してからしばらくお蔵入りだったものの、最近ハマっているアイシャドウです。くすみカラーのチークやリップと合わせるのが好きです。右上以外の3色を使用します。
CIMG1058
 私のアイブロウに欠かせないのがブラシと透明マスカラです。アイブロウは全て白鳳堂で上からB162、B5510、G5515です。時間がない時は真ん中を除いた2本のブラシで書いています。
 透明マスカラはセザンヌのものです。お気に入りで2本目です。
 ちなみに上から順に使っていきます。


 私は眉尻がまだらに生えているので眉尻はしっかり、眉毛の真ん中はそこそこ、眉頭はほとんど書かないようにしています。     

BlogPaint
 まずはブラシ(B162)で眉尻を書きます。アイシャドウの①をブラシに取り、次に②を混ぜるように取ります。
 このアイシャドウ自体明るめに発色するので明るめの色→暗めの色の順で筆にとっています。アイシャドウの混色が難しそう・・・と思う方はメインにしたい色を後に筆でとるとやりやすいです。
CIMG1059
 眉尻を書きます。眉尻のガタガタしているところを線を引いて修正するように書きます。眉山を書くと眉が主張してしまうので書かないか書いてもぼかし程度にしています。
 あと眉を書く時は下の方を濃くすると若く見えるそうです。
CIMG1060
 何もついていないブラシ(D5510)で左右に動かしながらぼかします。
BlogPaint
 次にブラシ(D5510)に②→①の順に取ります。
CIMG1061
 眉の中の方を書いていきます。
BlogPaint
 ブラシ(D5515)で眉頭に③を軽くのせます。
CIMG1062
 ピンクが目立つようなら軽く全体をぼかしてもOKです。最後に透明マスカラを塗って終わりです。

 今回はあまりラメが少なく色も淡いアイシャドウで眉を書いてみました。コツはきちんと色をぼかすことです。
 次回は色が濃いめのアイシャドウで挑戦してみたいと思います。