かなり前にボディクリームのまとめのようなものを書いたのですが、今日はミスト式の化粧水について書こうと思います。ミスト式の化粧水は乾燥が酷くなると聞いたことがあってあまりいいイメージがなかったのですが、今までの化粧歴を振り返ってみると数年に2年に1度は使っている計算になります。あれ?意外と使っている?
 調べてみたらミスト式の化粧水はかけた後に手でプッシュすればいいそうです。

 私が今まで使用してきたミスト式の化粧水について書いていこうと思います。

 こちらはブログを始める前に使用していたものです。当時は本格的に化粧をし始めた頃で何から手を付けていいかわからない状態でした。今はなきビーズアップで紹介されているのを見て購入しました。当時学生だった私には高く感じてしまいチマチマ使っていたので正直効果が感じられていたかは不明です。ただ、アトピーで顔を掻いた後に使用してもしみにくくて驚いた記憶があります。

 いつかアルージェの美白ラインを使ってみたいと思っているのですが下手したらデパコスの方が価格が安かったりするのでちょっと戸惑っています。

008
 無印の化粧水は別売りでスプレーヘッドを購入すればミスト式の化粧水になります。とにかく安いので化粧水を沢山使いたい人向けです。数え切れないほどリピート買いしたのですがあまり効果を感じられなくて結局他のメーカーに変えてしまいました。

CIMG0485
 アベンヌウォーターは今回紹介するミスト式化粧水の中で1番使いやすいと思います。顔にアトピーが出てきてしまった時はさすがに肌にしみてしまいましたがそれ以外は難なく使えました。ただ、缶のスプレー式化粧水は「振ったらダメ」「横にして使用しない」など決まりがあるので人によっては面倒くさくなるかもしれません。一番面倒なのが処理です。自治体によっては穴を開けなければいけないので気軽に捨てれないのが少し面倒です。
 アクセーヌもお勧めです。
CIMG0689
 アクセーヌシールドウォーターも使いやすいです。昔、アクセーヌのADコントロールローションでコットンパックを毎日していたら頬の赤みがきれいに消えたので期待していたのですがあまり効果は見られず。しかし化粧水が肌にしみることが多々あるので安心して使えるという点ではかなり高ポイントです。


CIMG1119
   最後は五條の霧水です。先日記事にしたばかりですがお気に入りです。ヒアルロン酸入りなのでしっとりします。顔と体だけではなく髪の毛にも使用できます。ボトルが細長いせいか減るのが早く感じます。
     
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五條の霧水 ベーシック(200mL)
価格:1729円(税込、送料別) (2019/1/22時点)

 比べてみて失礼ですがどれも使い心地にはあまり差がないような気がしました。

 コストパフォーマンス→無印
 保湿、多機能→五條の霧水
 購入しやすい→アルージェ、アベンヌ
 浸透力→アベンヌ

 以上が比べてみていいなと感じた所です。アクセーヌは良くも悪くも無難です。でも初心者に勧めるなら癖がないのでアクセーヌをお勧めします。この記事を書くにあたって様々なサイトを探したのですが、アルージェは高いし、無印のスプレーヘッドは口コミで固体差があるらしい(私が購入したときは大丈夫でしたが)。アベンヌは缶の処理が面倒で五條の霧水は霧が勢いよく出ます。そう考えたらアクセーヌが一番かなと私は考えています。

 メルヴィータのサイトにミスト式化粧水のことが詳しく書いてありました。詳しく書いてあるので読んでいてためになりました。
 ミスト式の化粧水は添加物があまり入っていないことが多いので使用しています。以前通販のおまけで貰った本に化粧品の添加物について書いてあって私ももうそろそろ気を使うようになりたいなと思いオーガニックコスメのブランドを見たりしているのですが値段が高い!あと安くても使用期限があったりアレルギーのものがあったりするのでなかなか手を出せずにいます。とりあえず肌に直接付けるスキンケアや日焼け止めから添加物の入っていないものを始めたいです。