ちくわの冬眠願望日記

毎日眠いです。人間も冬眠できたらいいのにな。

カテゴリ:ちくわの化粧日記 > メイク裏技など

 化粧品の使い気りを目指している当ブログ。

 月に一度使い切りの報告をブログでしているのですがいつ開けたか覚えていないものが沢山あって思い出せずに困っていました。

 コスメキッチンに寄った時にテスターに開封日が書いてあったのを見て真似しています。
CIMG0991
 キャンドゥで購入したシール。
CIMG0992
 油性ペンで日付を書いて貼っています。

 一年以内に使い切れなさそうなアイテムは年も書いています。大きさはなんでも良いと思いますがルージュやリップの底に貼れる位の大きさがお勧めです。今回は直径14mmのものを使用しています。枚数もかなり多いので一つ買っておくと便利かもしれません。

 以前にもベースメイクの方法についての記事を書いたのですがそれから約1年、少しは進歩したと思うので今日はそのことについて書こうと思います。

 以前と違うのはパフを使うということです。面倒臭がりで普段は手でベースメイクをすることが多いのですが、薄付きにしたい時はパフを使うと便利です。
CIMG0466
 パフは5角形?の物を使用しています。時短には大きいものを、アイメイクなど細かい所を仕上げたい人は小さめのものを使うと良いです。私は面倒臭がりなので使い捨てタイプを使用しています。100均のものでもOKです。

 最近はツヤ肌が個人的にブームなのでツヤツヤに仕上げようと思います。

 今回使用したアイテム
CIMG0972
左からナチュラグラッセ スキンバランシングベース
セザンヌ 赤み補正コンシーラー
トランシーノ ホワイトニングCCクリーム
マジョリカマジョルカのフェイスパウダー(限定品なので現在は販売していません)

 お手持ちのツヤ系下地(通常の日焼け止めでも可)、カラーコントロール、CCクリーム(リキッドファンデーションでも可。BBクリームはツヤが出ないので向かないかも)、色がほとんど付かないフェイスパウダーで代用可能です。

①いつもどおりスキンケアを済ませます。(ナチュラグラッセの下地がしっとり系なので化粧水とジェル状の美容液でさっぱり目にしています)
②ナチュラグラッセの下地を2プッシュほど押して顔と首に手で塗ります。
 ナチュラグラッセの下地は色の補正がないのであまり効果が感じられませんが首に下地を塗ることで「顔と首の色が違う現象」が防げます。
③ここでパフ(スポンジ)の登場です。
BlogPaint
 赤い斜線のところを使用します。
 
 セザンヌのカラーコントロールを赤みの気になる所に置いてからパフで広げます。私は両頬全体と小鼻のわきに塗っています。とても赤みが気になる時は手で直接塗った方がいいかもしれません。最後に顎の先に軽くパフで塗ります。

④トランシーノのCCクリームを両頬にのせて③の赤い斜線の部分を使いパフで広げていきます。私は顔の中心部にしかCCクリームを塗らないようにしています。以前は顔全体に塗っていたのですが洋服の襟について汚れてしまったので現在は顔の中心のみに塗っています。
⑤気になる所はCCクリームを重ねて④と同じようにパフをのせます。この時はスタンプを押すようにするとカバー力がアップします。
CIMG0689
 この時にパフに化粧水をかけてからCCクリームを塗ると少しツヤ感がアップします。残念ながらカバー力は下がってしまいますがCCクリームの密着度はアップします。化粧水のヒヤッとした感覚がこれからの季節にぴったりです。
⑥最後にフェイスパウダーを使用します。③の画像のパフの赤い斜線の部分を使用します。
CIMG1007
 画像が暗くてすみません。黒い私は黒い斜線の部分のみにフェイスパウダーをのせています。あえておでこのてっぺん(眉間)を避けてのせることによって乾燥して見えません。フェイスパウダーを塗ってしまうとどうしても肌がマットになってしまうので気になる所にしかのせません。真夏の汗が気になる時は顔全体にのせています。
CIMG1008
 あと毛穴が気になるので毛穴を埋めるように下からのせています。これでだいぶ毛穴が気にならなくなります。

 この方法でメイクをすると自然とツヤが出ます。ハイライトを使用しなくてもある程度ツヤが出ます。

 あとはたまにクリームチークをぼかすのにパフを使用しています。BlogPaint
 お次は緑の斜線の所を使用します。
011
 使用したのはスウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス
CIMG1010
 瞼の下に3か所ほど点を置き、パフで密着させるようにポンポンと置きます。さりげなくキラキラしていて可愛いですよ。上瞼はこちらを参考にしてくだされば幸いです。



 昨年鬼のようにコスメを買いすぎてしまったせいで未開封のコスメが山のようにあるので購入を自粛しています。なのでこれからはメイクやスキンケアの仕方の記事が増えるかもしれないです。早く使い切って新しいの欲しいな。


 なんとなく気になったから買ってはみたもののどう使ったらいいかわからない化粧品が結構あります。なので今日は使い方がイマイチわからない化粧品について考えてみました。

CIMG0466

  よくある5角形のパフです。画像のような大容量タイプは汚れたらすぐに変えられるので便利です。ドラッグストアでセール価格だったので好奇心で買ってはみたものの使い方がイマイチわからず・・・。そこで使い方を考えてみました。

CIMG0645
 一番使い易いのはファンデに使うことでしょうか。小さめのパフなので小鼻や細かい所にも塗りやすいです。汚れたらすぐに捨てています。どのタイプのファンデでも大丈夫ですがテクスチャーがゆるいタイプのものはスポンジがファンデを吸い取ってしまうので気を付けて下さい。

CIMG0646
 リキッド状のアイシャドウをスポンジに直接塗ってから瞼に付けています。最初は手の甲に付けてから指で調節しながら塗っていたのですが手の甲のラメが取れなくてスポンジで付けるようになりました。薄く付けたい時にピッタリです。コツはスポンジに広範囲に付けないことです。狭く方が瞼に付けやすいです。

CIMG0647
 最後はルージュを塗った後にティッシュオフをスポンジで行うことです。ティッシュオフだと唇の色が取れすぎてしまうのが気になる時は前もってスポンジにルージュを少し塗ってルージュを塗った後の唇にポンポンとなじませればOKです。はみ出た部分は白い部分できれいに取れます。

 あとはチークに使用したりしています。やはり捨てたい時に気軽に捨てれるので楽です。上に書いた方法だと小さめのスポンジの方が使い易いと思います。

 後編に続く。

就活していたり、旅行か何かで貯金をしていてコスメにお金をかけれない時がありました。それでもお化粧が趣味なのでなるべくお金をかずに美容を楽しめるよう工夫した時のことを書いていこうかと思います。

①コスメの買い替えは慎重に

 失敗したのがいきなり全てのスキンケアをプチプラにしてしまって結局肌に合わずデパプラのものを買い替える羽目になってしまいました。季節の変わり目や体調によって肌が荒れやすい人はスキンケアに関しては現在お使いのものをそのままキープするか1アイテムごとに少しずつ変えていった方がいいです。

②最低限のルールを持つ
 あまり我慢してしまうと他のものを衝動買いしてしまうので「どうしても欲しいと思った限定品は買う。」「唇は荒れやすいので購入する価格帯を下げない。」というルールを決めていました。

③通販で買うと安く買えることがある。
 狙いは初回購入のクーポン券です。お店によって期間はマチマチですがお得に購入できることがあります。ドラックストア系の通販は送料無料になる購入金額が安めのところで買うのがお勧めです。あと食料品や日用品も売っているので便利です。@コスメショッピングはその時期の気になる化粧品の記事が読んでいて参考になるのでよく利用しています。気を付けたいのがキャンペーン中は配送が遅れることがあるので急いで欲しい場合は店頭で買うようにしたほうがいいです。


④化粧品の使いかたを変える
001
 ケチ臭い話ですがシャンプーやボディソープは泡だてネットを使うと使用量が少なく済みます。使用するとしないのとでは2倍位減るのが違います。
image
 あと危険な方法ですが柔らかい石鹸は小さく切って使用していました。2等分すると減るのが遅くなるので。柔らかい石鹸かつ床に置いた時にコロコロ動かない形状のもの限定ですが。ちょっと危険なので良い子は真似しない方がいいかも。
 ちなみに固形石鹸を早く使い切りたい時は袋状の泡立てネットに入れっぱなしにすると早く減ります。

 ⑤高い化粧水は1/2の量で済むコットンを使用する。
CIMG0628

検索 : 

 半信半疑で購入してみたのですが本当に少量で済みます。すごい!ちなみにコットンを使うと肌が赤くなる方は1日1回利き手ではない方の手でコットンが肌に触れるか触れないか程度の力加減でゆっくりパッティングするとそこまで赤くなりません。1日のうち朝か夜どちらかと生理前は使用していません。

 ⑥スキンケアに美容オイルをプラスする。
007
 オイルはかなり万能です。画像のオイルは小さいサイズで500円ちょっとでした。箱に書いてある使用量どおりに顔のみに使用したら半年位持つのでコストパフォーマンスは良い方だと思います。あと無印のオイルもお勧めです。
検索 : 

 ⑦クレンジングだけはケチらない
 昔安いクレンジングを更に量をケチって使っていたため現在乾燥肌になってしまったのでクレンジングはケチらないことをお勧めします。  汚肌になってしまうとせっかく節約をしても高い化粧品を購入したり病院に通院したりとかえって出費が多くなってしまったことがあるので。     

 ⑧透明マスカラを使う
CIMG0562
検索 : 

 購入してみて意外と良かったのが透明マスカラです。正直「目力命!」な方にはお勧めできませんがナチュラルメイクやすっぴんメイクに挑戦したい、出かける時はささっとメイクを済ませたい人には一度購入してみるといいかもしれません。私はまつ毛と眉毛両方に使用しています。

 ⑨ アイシャドウを購入する時はパウダーアイブロウにも使用出来る色を選ぶ
010
検索 : 

 アイシャドウ自体あまり買い替えることがないとは思いますがもし買わなければいけない時は無難なブラウン系を購入するといいでしょう。自身の経験から余程眉の色からかけ離れてなければ多少のラメ入りでも目立ちません。

 ⑩ 普段からお守りコスメを見つけておく
CIMG0611

検索 : 

 肌荒れした時にはコレ!という心強いお守りコスメがあると美容にお金がかけられなくなった時でわりともきれいでいられると思います。    

 コスメの収集は趣味も兼ねているのですがなかなか節約出来ない部分もあります。自分なりに取捨選択していくのがいいと思います。今回の記事で画像に載せている商品はほぼ500円ちょっとで購入可能です。私が実際に使用して安くて良かったものを載せています。あまり化粧品にお金をかけたくない時の参考になれば幸いです。

 この前も化粧品を購入してしまったのですがまずは今あるものを使い切ってから開封しないといけないため今日は使い切りのモチベーションアップのためにも今持っているコスメを全部載せてみようと思います。

 まずはコスメの収納から。
CIMG0327
 スキンケア以外のコスメは無印のメイクボックスと
CIMG0252
 ネネットのポーチに収納しています。購入をしてからだいぶ経つのですがファスナーのところに「にゃー」と刻印しているのに今更気づきました。
CIMG0547
 ポーチにはスタメンのコスメたちを入れています。現在病気で片手があまり使えないのでアイメイクはアイシャドウのみのことが多いです。アイメイク好きだから早く良くなるといいな。そのかわりベースメイクに力を入れています。スウィーツスウィーツのアイシャドウは今までほとんど使用しなかったのですが最近は良く使っています。アイシャドウベース代わりにもなります。セザンヌのアイシャドウはアイブロウとしても使用しています。
CIMG0546
 たまにしか使わないものはメイクボックスに入れています。一応メイクボックスに収まる量しかコスメをもたないようにしています。このメイクボックスは側面にそれぞれポケットが付いていますがほとんどものを入れていません。仕切りは無印のメイクトレーと綿棒の空き容器・チップスターの空き箱を使用しています。
CIMG0549
 まずはブラシ関係から。毎回使用しているのは左から1番目・3番目の白鳳堂のブラシです。他はその日の気分で使ったり使わなかったり。ピンクのブラシは美的の付録です。元はチークブラシですがベースメイクに使用しています。
CIMG0550
 次はリップ関係。上の3つはお直し用にカバンに入れています。唇が荒れやすいためルージュは冒険出来ないのでリップクリームばかりです。しかし年齢的にルージュを塗らないと肌が暗く見えてしまうので少しずつ集めています。
CIMG0554
CIMG0555
 アイシャドウとチークたち。このブログを始めたころに当時持っているアイシャドウとチークをアップしたのですがその時とだいぶ変わっています。結局使い切れなくて捨ててしまったものもあるので今持っているものたちは出来るだけ使い切れたらいいなと思っています。ただ発色が良すぎるディオールとプレストが固すぎる(ような気がする)ルナソルのアイシャドウは使い切りが難航しそうな気がします。
CIMG0556
 ベースメイクのベンチ入りたち。ベースメイクはリピート買いしないことが多いのでケースは買いません。筆ペンタイプのコンシーラーは一つ持っていると便利です。左のスウィーツスウィーツのコンシーラーは気に入っていて使い切ったらリピート買いしようと思ったらいつの間にか廃盤になっていました(泣)。
CIMG0557
 アイライナーはまとめてケースに入れています。そういえば昔はアイライナーは6本以上、マスカラは4本以上持っているのが普通でした。数年でこんなに変わるものなのですね。ヴィセのマスカラは4本位リピート買いしています。
CIMG0558
 こちらはフェイスパウダー。最近はあまりフェイスパウダーを使用しないためベネフィークのフェイスパウダーは
使い切りに何年かかるのだろう・・・。
CIMG0559
 次はスキンケア。日焼け止めは常に数本持っています。日当たりのいい部屋に住んでいるため日焼け止めは必須アイテム。無印の化粧品は安いしほとんどサンプルサイズがあるので何気に持っています。
CIMG0561
 最後はスキンケアアイテム。浮気性のため半端に使用したものが沢山。ローテーションして使用しているためなかなか使い切り出来ません。以前のスキンケアはクリーム塗って終わってしまうことが多かったのですが、さすがにヤバイので最近はスキンケアに時間をかけるようにしています。おかげで少し色白になった気がします。

 あとヘアケアアイテム・クレンジングがあるのですが面倒なので割愛させていただきます。とりあえず一番使い切り出来そうなスキンケアアイテムをどうにかしたいです。後はアイシャドウとチークを少しでも使い切りに近づければいいなと。使い切りの道のりはまだまだ遠いです。
検索 : 

↑このページのトップヘ