ちくわの冬眠願望日記

毎日眠いです。人間も冬眠できたらいいのにな。

カテゴリ:コスメ > アイシャドウ

 久しぶりに使用したアイシャドウの感想について書きます。

 購入したのは昨年なのですが当時使用していたアイシャドウを使い切るまでは絶対に開けない!と心に決めていてそれが使い切れたのでようやく開けることが出来ました。飽きっぽい性格なので何度も開けたいなと思っていたのですが前に使用していたものを使い切るまで待って良かったです。

CIMG1055
リンメル プリズム クリームアイカラー 002


 そういえば以前色違いを購入した時は色選びを間違え酷評だったのですが、今回は前回の反省を踏まえて購入したので大当たりでした。クリームタイプのアイシャドウはベースになるカラーの方がやはり使いやすいです。
CIMG1056
 002は薄いピンクなのですが塗るとほぼ無色でラメの質感しかわかりません。腕に塗ってみたのですが自分でもどこに塗ったかよくわかりません。

 正解はこちら↓
BlogPaint
 かなり目を凝らさないとわかりません。
 でも細かいラメがキラキラして可愛いです。お勧めの使い方はアイシャドウベースとして使用することです。上からマットタイプのアイシャドウをぬると密かにキラキラして可愛いです。元々そこそこモチがいいアイシャドウを重ねているのでプリズムクリームアイカラーを塗るとアイシャドウのモチが良くなるかはよくわかりませんでした。久しぶりにモード系のメイクをしようと思ってプリズムクリームアイカラーの上にアディクションの40を広めに入れたら瞼の溝にたまってしまい、ダブルラインを引いたようになってしまいました。今までアイシャドウが溝にたまったことがないので少しショックでした。
 アイシャドウを塗った後に上瞼の中心に塗っても可愛かったのですが私は瞼に粉が吹いていたり皺っぽくなってしまいました。試しにハイライトとしても使用してみましたがラメなので付けすぎると肌が粉っぽく見えたり、アイシャドウが頬に粉飛びしたように見えてしまいました。うっすら付ける分には程よくナチュラルなツヤが出ましたがハイライトを塗ったかよくわからなかったです。 ちなみに私は使用してもヨレたり二重の溝にたまったりしませんでした。

 ブログを始める前に既に廃盤になったリンメルのクリームアイシャドウを使用していてそのアイシャドウが人生で初めて使い切ったアイシャドウです。あの時はお金がなかった(今もないけど)のもあってアイシャドウは2つくらいしか持っていなかったのですが今は10個以上持つようになってしまいました(遠い目)。

 昨日の続きです。


 色違いで集めているアディクションのアイシャドウ。
CIMG0807

検索 : 

 色は33のアースウィンドです。
CIMG0808
  マットで色も薄いのでアディクションのアイシャドウ初心者にも使いやすいと思います。アイメイクはもちろんのこと、アイブロウやシューティングにも使用しています。
 かなり前に雑誌で紹介されたメイク方法を見て今まで興味がなかった色だったのですが気になってしまい購入。しかしながらこれ1色でアイシャドウを仕上げると目が地味になってしまいます。なので他の色とグラデーションを作ることが多いです。あと、下瞼に使うことが多いです。クマが酷く明るい色をのせると悪目立ちしてしまうのかこの色だとしっくりきます。
CIMG0415
 これでアディクションのアイシャドウ6色揃いました。面倒臭くてまだパレットに入れていません。6色中4色がマットになってしまいました。アイシャドウはラメまたはパール入りの方が好きなのですがかなり地味な感じになってしまいました。単色アイシャドウはパレットを作る時にどの組み合わせがいいかなと考えるのが楽しいです。

 いくつあってもまた欲しくなってしまうもの・・・。それはアイシャドウ。ここ半年は我慢していたのですがとうとう買ってしまいました。

CIMG0785
ファシオ リキッドアイカラー WP 濃密発色タイプ BR-5
検索 : 
 昨年からまたキラキラが再燃しまして、ラメ落ちしないキラキラしたアイシャドウを探していました。経験上パウダータイプだとデパプラでもラメ落ちすることが多いのでリキッドタイプかクリームタイプで探していました。しかしこういったタイプってラメ・パールは強めでも色の発色が良くないことが多いので諦めていました。たまたまネットで紹介されていたのを見てドラッグストアのテスターで試してみた所理想の色だったので購入しました。

CIMG0786
 チップは先が斜めになっています。
CIMG0791
 上がぼかしたもの、下はそのままのせたものになります。ラメは近くで見たらキラキラしているという程度ですが発色はプチプラにしては良いと思います。これ1本できれいにグラデーションが出来ます。
 指でぼかしすぎるとすぐに消えるのでチップでグラデーションを作るように塗り境目のみなじませるように指で押さえています。モチはとても良いです。テスターを手の甲に塗って家に帰るまで消えませんでした。手袋をはいていて少し薄くはなったもののまだ残っていたので正直ビックリ。二重の溝にもたまることもなく気に入っているのですが強いて言うなら容器が使いづらいです。何て説明したらいいのかわかりませんが、なくなりかけの時に中身が取り出しづらそうな感じがします。デザイン上チップの棒の部分が短いので重ね塗りをするたびに蓋を閉めなければいけないのでメイクする時間がかかります。私のやり方が悪いのだと思いますが・・・。個人的にはスウィーツスウィーツのスパークリングアイグロスのようなパッケージにして欲しかったです。

 BR-5はミディアムカラーなので他のアイシャドウと合わせやすいと思います。個人的にはアディクションのアイシャドウのプラリネを本品をアイホールに塗った後に二重の幅にのせるのがお気に入りです。

 一応昨日の続きとなります。今年はアイシャドウは極力買わない・・・!と決めているのですがついつい買ってしまいます。どうしたらアイシャドウを買うのを我慢できるのでしょうか・・・。

 私は腫れぼったい瞼でしかも奥二重なのですがカラーメイク大好きです。以前ネットの記事で男性受けがよろしくないと読んだのですが(記事によるとピンクでも駄目らしい)そんなのお構いなしにカラーメイクを楽しんでいます。1月にルナソルのマカロングロウアイズを購入したのですが思いのほか薄付きですぐに消えてえしまうので他のアイテムを探していました。雑誌に掲載されていて「これかも!」と思ったアイテムを購入。
CIMG0563
 ランコム オンブル イプノスティロ 29

 ペンシルタイプのアイライナーです。普段貧乏性なためアイライナーで4千円以上は・・・と思っていたのですが欲望に負けて購入。ド田舎なため近所に店舗がなく通販で購入しました。口コミを読み漁り落ちにくいと書いてあったので購入を決意しました。

 オンブル イプノスティロ


CIMG0565
 色はビビットなピンクです。黄みよりのピンクで正直ルナソルのマカロングロウアイズ 01のピンクとほぼ似たりよったりな色です。少しだけラメが入っています。ちなみに1.4g入っています。発色がいいのですぐになくなることはなさそうです。
CIMG0566
 上がそのまま引いたあと。わかりにくいですが下は線を引いてぼかしています。芯が柔らかくて引きやすいですが芯そのものが太いので細く引きたい時はいらない細いチップに色を写してから瞼にのせると上手く行きます。

 発色を強くしたい時・・・瞼にのせたらしばらく時間を置くのがコツです。ラインを引いた後すぐにビューラーをかけたら色がビューラーに写ってしまいました。私は時間を置いている間にチークや眉など他の部分をメイクしています。

 発色を弱くしたい時・・・瞼にのせてからすぐにぼかすとアイシャドウのようにも使えます。強くぼかすと消えてなくなるので優しく少しずつぼかすと上手くいきます。

 個人的に二重の幅が広い方はアイラインを引かないと悪目立ちしそうな感じがしました。私は二重の幅が狭めなのでこちらを二重の幅めいっぱいに引いてまつ毛の間をリキッドアイライナーで細く引いています。モチは値段だけあってとても良いです。クレンジングはいつも使用しているミルククレンジングで落ちました。他の色も欲しいと思うのですがまだ使い切れていないアイシャドウが沢山あるので我慢・・・!

CIMG0599
 最後に オンブル イプノスティロを使用したメイク方法を備忘録代わりに書いておきます。一緒に使用するのはスウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス01(A)とセザンヌ トーンアップアイシャドウ 02(左から①と②)です。

CIMG0600
 まずは瞼全体にスウィーツスウィーツのアイシャドウを塗り、セザンヌの①を上瞼の目頭に塗る。上瞼の目尻のみにオンブル イプノスティロを引きセザンヌの②のアイシャドウでオンブル イプノスティロのラインの上の方を瞼に定着させるようにぼかす。
 様々な塗り方で試したのですが派手な色なのでその特徴を生かしてあげたほうが上手くいくと思いました。

 5日間にわたってセザンヌのアイシャドウの使い方を書いてみましたが、使っても使っても一向に減る気配がないです。以前グラデーションには最低3色あればOKと書いてあったのでメイク初心者にはおすすめの一品です。あまり厳しくない会社であれば仕事もOKだと思います。プチプラのアイシャドウで初めてリピート買いしたいと思える商品です。でも使わないといけないアイシャドウ沢山あるんですよね(泣)。

どちらかというとアイシャドウは濃い目の色が好きなのと瞼がくすんでいるためパステルカラーが似合わないので春夏もののアイシャドウはスルーしがちです。一応新色のチェックはするのですが買った試しがありません。そんな私にもついに「欲しい!」と思わせてくれるようなアイシャドウが・・・!

CIMG0471
ルナソル マカロングロウアイズ 01

 変換する時にマカロン愚弄合図と出ました。ルナソルのアイシャドウを使うのはオーロライズアイズ以降です。01のカシスは雑誌で一目ぼれしてしまいまして絶対に買おう!とずっと思っていました。ほぼ発売直後に購入したのですがその時ちょうど胃腸炎だったので通販で購入しました。

 まず驚いたのが量です。8.8gもあります。オーロライズアイズが4.5gだったのでお買い得になった反面、使い切れるのか不安になってきました。あとルナソルと言えばラメのイメージが強いと思いますがほぼマットです。右上のカラーはとても細かいラメがキラキラしている以外は他の色はマットです。個人的にはこの右上のカラーが新雪みたいにキラキラしていてお気に入りです。この色だけ単色で出して欲しいです。箱の裏に載っている使い方によればこの右上のカラーだけ指でつけるので粉質は他の色よりもしっとりしています。他の色は思ったより薄づきだなという印象を受けました。パステルメイク初心者向けかなと一瞬思ったのですが箱の裏の使い方通りの塗り方の左上と右上のカラーを混ぜて二重の幅(アイホールまでだったかな?)に付けるこの混ぜる工程が上手くいきません。この2色を混ぜるとどうしても右下の色が強く出てしまうので左上のカラーをメインにしたい時は色は一切混ぜないようにしています。左下の色は他のアイシャドウ同様ライン上に引いているのですが二重幅が狭くミディアムカラーが目立たなくなってしまうので黒目の上しか引いていません。
 
 雑誌などを見て色々と勉強しているのですが今のところこれといった使い方に巡り合えず。それでも見た目が可愛いので使いこなせるように日々研究しています。個人的に右下の赤みブラウンを下瞼にライン上に引くのと、軽く指にとってほほに塗りチークブラシでガーっとぼかすのがお気に入りの使い方です。

 追記 写真を撮ったものの行方不明になっていた画像です↓
CIMG0423
 左上から時計まわりに付けています。2回ほど重ね付けしています。指で付けた場合かなり薄付きです。参考になれば幸いです。
検索 : 

↑このページのトップヘ