ちくわの冬眠願望日記

毎日眠いです。人間も冬眠できたらいいのにな。

カテゴリ:コスメ > アイライナー

 昨年から個人的にじわじわ来ているコスメブランド「WHOMEE」。最初に出た時は「可愛い!」と思いつつも特に欲しい物がないのでスルーしていたのですが昨秋のコスメで気になるものが出てきたので購入!
CIMG0831
 WHOMEE マルチライナー キラキラオレンジ


 近所に取り扱い店がないのでロフトの通販で購入しました。デビューしたての頃通販で軒並み品切れだったのを見ていたので発売日当日にすぐに購入。今回は公式サイトで事前に販売していたりしていたので完売はなかったようです。それでも軒並み売り上げランキングで上位にあがっていたのはブランドの人気さが伺えます。

CIMG0832
 オレンジのアイシャドウを持っていなかったのでキラキラオレンジを購入。他のプチプラではなかなかお目にかかれない色です。
CIMG0833
 アイライナーとしてもぼかしてアイシャドウとしても使えます。画像の腕にかいてある上がそのままのライン、下は軽くぼかしたものです。ラインを引いてからすぐにぼかした方がいいそうですが、それだと色がかなり薄くなってしまうので私は少し置いてからぼかすようにしています。あとチップも付いていますが少し固いのと指でぼかす方が仕上がりが好きなのでほとんど使っていません。正直遠くから見たら少し地味なオレンジシャドウなのですが、近くで見るとキラキラしていて可愛いです。
CIMG0835
 なんだか使い方が難しそうだなと思う方でも安心!箱の裏に使い方が載っています。あと公式インスタグラムでイガリさんやスタッフさんが動画で使い方を紹介されているのでメイクの仕方がわからないという方でもマスター出来ると思います。

 画像の箱の裏に書いてあるやり方で使用しているのが一番ですが個人的に使用感が似ていると感じるランコムのライナーを上瞼に下瞼をWHOMEEでメイクするのが好きです。

 モチはプチプラにしては良い方だと感じました。丸一日経っても少し崩れているかな程度です。ただ塗った後にビューラーをかけるとビューラーに色がごっそり付くのでビューラーの後にマルチライナーを使用した方がいいかもしれません。あと公式インスタグラムに芯が折れやすいと書いてあったので不安でしたが今のところ折れていないです。アイシャドウとアイライナーを兼ねたアイテムは芯が太いものがほとんどなのでこういった芯の細いものはとても便利です。もっとカラーバリエーションがあったらいいなと思います。
 



 ついに引き取ってきました。久しぶりにセブンで受け取りしました。以前した時は少し時間がかかったのでお店が空いていそうな時間帯を狙って行きました。今回は意外と早く引き渡しが終わって良かったです。

CIMG1199
   &ROSY 4月号

 初めて&ROSYを読みましたが読み応えのある記事が予想以上に多かったです。

 一番の目玉はこちら↓
CIMG1200
 付録のWHOMEE マルチアイライナーの限定色!
 現在個人的にマイブームで少しずつ集めようとしているコスメブランドなのでこれは買わないわけにはいかない!とかなり前から楽しみにしていました。

CIMG1201
 上がブラウンパール、下がピンクパールになります。
 芯がとても柔らかくて描きやすいです。ぼかせばアイシャドウにもなる優れものです。

 ラインなどを引いた直後は直しやすいのですが、少しでも時間を置いてしまうと消えづらくなってしまうので注意が必要です。あと芯が柔らかいので出しすぎに注意です。

 ブラウンパールは当初明るめのブラウンということで悪目立ちしないかなと不安だったのですが実際に瞼にライン上で引いてみたところ大丈夫でした(某美容部員さん曰くアイライナーは色が明るすぎると悪目立ちするらしいです)。ピンクパールはラインとして使用するなら少し派手な気もしますがカラーメイクは派手な方が好みなので私はあまり気にしません。ぼかせばいくらでも薄くなるのでそこはあまり気にしなくても良い気がします。油とり紙は柔らかくて使いやすかったです。でも乾燥肌なのであまり使う機会がないかもしれません。

CIMG1202
 付録はチップが付いていないので通常のものより短くなります。左が通常サイズのマルチライナーです。チップはラインとして使用した時になじませる時にたまに使用していますが、アイシャドウとして使用する時は指でぼかしているので私は正直あってもなくてもいいかなという印象です。

 本誌に付録のマルチライナーを使用したメイクも紹介しているので使い方に迷わずにメイク出来ます。ちなみに来月発売の新商品の裏話も載っています。コスメ開発の裏話とか結構好きなので。
   
 最近コスメは沢山あるのだけれど何故かマンネリ気味でやる気も起きないので明日から付録のマルチライナーを活躍させようと思います。

追記
 何度か使用してみましたが本誌に掲載されていた使い方が一番かと思います。自己流でするとなぜか古臭くなってしまいます。ブラウンパールは囲み目メイクに持ってこいの色でアイライナー代わりに使用することが多いです。通常のペンシルアイライナーだと滲んでしまうのですがマルチライナーは割と滲みにくいと感じました。ピンクパールは手持ちのブラウンシャドウで通常通りにメイクをした仕上げに目頭にくの字状にラインを入れるのがお気に入りです。上瞼は目頭から黒目まで引くと目が縦にも横にも拡張されるような気がします。
 

 一応昨日の続きとなります。今年はアイシャドウは極力買わない・・・!と決めているのですがついつい買ってしまいます。どうしたらアイシャドウを買うのを我慢できるのでしょうか・・・。

 私は腫れぼったい瞼でしかも奥二重なのですがカラーメイク大好きです。以前ネットの記事で男性受けがよろしくないと読んだのですが(記事によるとピンクでも駄目らしい)そんなのお構いなしにカラーメイクを楽しんでいます。1月にルナソルのマカロングロウアイズを購入したのですが思いのほか薄付きですぐに消えてえしまうので他のアイテムを探していました。雑誌に掲載されていて「これかも!」と思ったアイテムを購入。
CIMG0563
 ランコム オンブル イプノスティロ 29

 ペンシルタイプのアイライナーです。普段貧乏性なためアイライナーで4千円以上は・・・と思っていたのですが欲望に負けて購入。ド田舎なため近所に店舗がなく通販で購入しました。口コミを読み漁り落ちにくいと書いてあったので購入を決意しました。

 オンブル イプノスティロ


CIMG0565
 色はビビットなピンクです。黄みよりのピンクで正直ルナソルのマカロングロウアイズ 01のピンクとほぼ似たりよったりな色です。少しだけラメが入っています。ちなみに1.4g入っています。発色がいいのですぐになくなることはなさそうです。
CIMG0566
 上がそのまま引いたあと。わかりにくいですが下は線を引いてぼかしています。芯が柔らかくて引きやすいですが芯そのものが太いので細く引きたい時はいらない細いチップに色を写してから瞼にのせると上手く行きます。

 発色を強くしたい時・・・瞼にのせたらしばらく時間を置くのがコツです。ラインを引いた後すぐにビューラーをかけたら色がビューラーに写ってしまいました。私は時間を置いている間にチークや眉など他の部分をメイクしています。

 発色を弱くしたい時・・・瞼にのせてからすぐにぼかすとアイシャドウのようにも使えます。強くぼかすと消えてなくなるので優しく少しずつぼかすと上手くいきます。

 個人的に二重の幅が広い方はアイラインを引かないと悪目立ちしそうな感じがしました。私は二重の幅が狭めなのでこちらを二重の幅めいっぱいに引いてまつ毛の間をリキッドアイライナーで細く引いています。モチは値段だけあってとても良いです。クレンジングはいつも使用しているミルククレンジングで落ちました。他の色も欲しいと思うのですがまだ使い切れていないアイシャドウが沢山あるので我慢・・・!

CIMG0599
 最後に オンブル イプノスティロを使用したメイク方法を備忘録代わりに書いておきます。一緒に使用するのはスウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス01(A)とセザンヌ トーンアップアイシャドウ 02(左から①と②)です。

CIMG0600
 まずは瞼全体にスウィーツスウィーツのアイシャドウを塗り、セザンヌの①を上瞼の目頭に塗る。上瞼の目尻のみにオンブル イプノスティロを引きセザンヌの②のアイシャドウでオンブル イプノスティロのラインの上の方を瞼に定着させるようにぼかす。
 様々な塗り方で試したのですが派手な色なのでその特徴を生かしてあげたほうが上手くいくと思いました。

 5日間にわたってセザンヌのアイシャドウの使い方を書いてみましたが、使っても使っても一向に減る気配がないです。以前グラデーションには最低3色あればOKと書いてあったのでメイク初心者にはおすすめの一品です。あまり厳しくない会社であれば仕事もOKだと思います。プチプラのアイシャドウで初めてリピート買いしたいと思える商品です。でも使わないといけないアイシャドウ沢山あるんですよね(泣)。

 だいぶ前に某美容カウンターで「アイライナーは引いた方がいいですよ!」と言われたのですが、普段アイライナーはまつ毛の間を埋めるようにペンシルアイライナーで引いているのですが・・・。と思いつつ「はい。」と返事しました。ペンシルアイライナーは柔らかくて引きやすいし直すのが比較的楽なので愛用しています。数年前にリキッドアイライナーを使用していたのですがラインがガタガタになってしまい結局使い切れずに捨てた記憶があります。

 今まで何本も繰り出し式のペンシルアイライナーを使用してきて、だいたい1本1か月で使い切ることが判明し、1本千円だとしても1年間で1万2千円。意外とお金がかかります。お金がかかるのはしょうがないとして、こまめに買いにいくのが面倒臭い。それだったらペンシルよりは持ちそうなリキッドに切り替えようかなと思いネットの口コミを読んでこちらを購入。(削る方のペンシルアイライナーだとだいぶもつのですが削るのが面倒で芯が柔らかいものだとかなり手が汚れるので今では使っていません)
CIMG0388

モテライナー

 使えばモテるかはわかりませんが、ドラックストアのテスターで好感触だったので購入。色素沈着しないとパッケージに書かれていたのでいいなと思いました。
 アイライナーで重視しているのは発色・書きやすさ・モチです。以前使用していたラブライナーと使い心地を比べてどうだったかなと思い出しながら書いていこうと思います。まず発色ですがモテライナーも決して薄くはないのですがラブライナーの方が良かった気がします。筆の細さですがモテライナーは本当は極細でです。ラブライナーは普通の太さだったので小回りが利くのはモテライナーだと思います。モチはどちらも良く、モチがいいのにクレンジングは楽でした。乾くのはモテライナーの方が早いと思います。モテライナーは本当に乾くのが早くて驚きました。しかし、裏を返せば失敗した時にすぐに手直ししないといけません。というか乾くのが早すぎてラインを修正するのに一苦労するくらいです。ラブライナーも乾くのは比較的に早いのですがモテライナーほどではなかったです。ちなみにラインを書くときに失敗してしまった対処法は綿棒にファンデーションを付けて軽くふき取っています。しかし乾くのが早くてなかなか上手くいきません。
 数年ぶりにリキッドを使用するので使い始めてからしばらくのうちはラインが超ガタガタ。雑誌やネットで自分に合う引き方を試行錯誤した結果、奥二重のため普通にラインを引くとにじむ&二重幅が狭く見えてしまうのでまつ毛をビューラーで上げてからまつ毛の下の方に筆を入れてまつ毛を持ち上げるようにラインを少しずつ引くと(一気に引くとラインがガタガタになります)そこそこきれいにラインを引くことが出来ました。

 また、ブラシにモテライナーの液を付けて黒目の上のみに太目のラインを引くと目力がアップします。どうしても上手く引けないという方は最初にペンシルアイライナーでラインを書いたあと、リキッドで書いた後をなぞるように書くと書きやすかったです。最初はやはりペンシルの方が良いかもと思っていましたが最近ようやく慣れてきてペンシルと同じくらいの時間で引けるようになりました。モチは良い方だと思います。発色も長時間続いています。目をこすっても落ちませんでした。クレンジングは楽ちんで特に気を遣うことはありませんでした。まだリキッドは使い切ったことがないのでどれくらい持つかは不明ですがペンシルよりも買い替える回数が少なくなるのならリキッド派になると思います。

 私は奥二重です。昔は二重に憧れてアイプチなどを試したことがありました。真剣に整形も考えたことがあります。妹の友達が何人か二重にプチ整形しているらしいのですがちょっと近所のコンビニに行くような感覚で整形したみたいな話を聞いて意外と簡単に出来るものなのかもしれないと思ったのですが目をこする癖があるので私にはたぶん無理です。

 それから月日はたち半ば諦め状態です。よくパッチリ二重の人が「メイクするとケバくなっちゃう~」とほざいているのを耳にしますが、私がパッチリ二重だったらその特権を生かして外人風のド派手なメイクをしたいです。まぁないものねだりなのでしょうけど。奥二重で唯一良かったことはアイメイクが失敗しても結構誤魔化しが効くということです。カラーメイクも腫れぼったく見えがちなイメージがありますが塗る範囲を気を付ければ結構様になります。

 久しく二重メイクから遠ざかっていた私ですが久しぶりに二重グッズを手に入れました。
CIMG0373
 ケイト ダブルラインフェイカー

 昨年流行したダブルラインが簡単に引けるというアイライナー。パッケージにも記載されていますが色は極薄ブラウンです。涙袋メイクにも使えるそうですが私にはイマイチ効果がわかりませんでした。意外とテクニックがいる商品のような気がします。
 ラインの使い方は二重を書き足すだけですがテクニックが必要な印象でした。まず私は二重の幅を濃い色で締めることが多いので書き足したラインが引いているのか引いていないのかイマイチわかりませんでした。アイシャドウは塗らないかベージュ系のものを使用しないとラインを引いた意味がないです。試しに瞼をほぼカラーレス状態にして二重を書き足してみたらそこそこナチュラルに目が大きくなりました。正直瞼に何かしら色をのせている人には他のメーカーのブラウンのリキッドアイライナーで書き足した方が良いような気がしました。
 他に使い道がないか考えた結果、下瞼に囲み目のようにラインを引くと割とナチュラルに目が大きく見えます。早朝に付けて夜遅くメイクを落とすまでラインが残っていたのでモチは良いと思いました。あとはリキッドアイブロウとしても利用しましたが元から眉毛が濃いので正直必要なかったです。

 ケイトは前にもマスカラが合わないと書いたのですがアイライナーも合わないみたいです。かなり前にジェルライナーを使用していたことがあるのですがそれもイマイチ使いこなせず…。で私はケイトの目元関係のアイテムは合わないみたいです。口紅は良かったのですが。残念。

 
 

↑このページのトップヘ