2009年02月18日

自分で考える

自分で考えて行動する経験が多い子どもほど、子どもは自立していきます。

逆に、大人から指示を受けて行動する経験が多い子どもは、指示待ち人間になってしまいます。

本来、「遊ぶ」という行為は、自由で主体的で創造的な活動です。それが、外部からの刺激が多いおもちゃや、説明書がありゴールがあるようなおもちゃでは、想像性を掻き立てる余地もありません。

また、子どもの内面に生じた興味・関心を見にくくすることもあり、それが判らないと大人も何を与えれば良いのかがわかりません。

おもちゃ一つでも、それが「おもちゃ」になる場合と「教育玩具」になる場合があります。それは、大人の与え方、コミュニケーションの取り方を考えなければなりません。

childmind at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 遊び 

遊び

子どもは、刺激に反応します。

与える刺激が強ければ、落ち着きのない子どもになってしまいます。刺激を少なくすることで、子どもの内面から出てくる意欲を大事にしていかなければいけません。

一概には言いにくいのですが、ヨーロッパの子どもの遊びに対する考え方とは、

「選ぶ」 子どもと大人がおもちゃを選ぶ(刺激のコントロール)
「刺激」 刺激の少ないものから与える
「動力」 手動的なもの
「おもちゃとの関係」 おもちゃが動くのではなく、子どもが働きかけて遊ぶ
「あそび方」 マニュアルではなく自由に遊ぶ
「狙い」 自分で感じて考え、行動させる。経験が大切。

childmind at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 遊び 

繰り返し叩く


 1歳くらいの子供は、「ただひたすら叩く」という行為そのものが面白いと感じるものです。

自分の身辺にあるものを叩くことが好きです。
それを叩かれては困ると思い、叩く道具をとりあげ、叩かれては困るモノを遠ざけるようでは、子供の好きなことを取り上げてしますだけです。

「ハンマートーイ」
ハンマートーイ 赤ハンマートーイ 赤
販売元:JUSSILA
クチコミを見る


childmind at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 1歳児 

ルールを覚えよう

物の取り合いなどが、日常的に起こる幼稚園では、どのように子供たちに解決方法を教えているのでしょうか?

大人が考えているルールを子ども達に教えてあげる事が、一番簡単な方法ですよね。
ただ、それは「教えてあげる」のではなく、内容によっては「押し付けている」事にもつながっていきます。

それよりも、子ども達に考えさせてみましょう。
考えるプロセスを作ってあげることで、相手の気持ちを理解できるようになり、相手の事を考えた行動ができるようになるのでしょう。

そうやって、既存のルールを自分の体験を通じて覚えていくことが大切です。

childmind at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせの習慣化

 子供に絵本を読み聞かせをしているときの言動に注意をしてみてください。

 子供は、まず、「絵」に目がいきます。細部まで目がいきます。言葉が文字
 として認識はできていても、楽しい「絵」に目がいきます。

 そして、同時に文をしっかりと聴き、自分の体験や自分自身のこととオーバー
 ラップさせます。それは、やはり絵本のストーリーに入る前に、自分の体験とオー バーラップさせた方がイメージしやすいからなのでしょう。

 1ページ1ページ、絵を見て文を聴き、自分なりの理解を進めようとします。ですから、大人は読み聞かせをする際に、ページをめくるタイミングを考える必要があります。

childmind at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 絵本 

食育って何でしょう

「食育」

 ・美味しい食事を小さい頃から食べること。 
 ・自分の口に入る食材が、どのように育ち、収穫されているのかを知ること。
 ・どのような食材があるのか学ぶこと。

 どれもピンときませんよね?

Wikipedia によれば、
 「様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである」
と書いてありました。

今月頭に、ある開発会社の社長と飲んでいたのですが、その社長曰く「なんでもいいから朝ごはんを抜かないこと」が食育だと言ってました。

やはり午前中から活発に遊ぶことが仕事の子供にとって、活動の源である朝食を欠かしてはいけません。また、朝ごはんをしっかりと正しく食べる習慣をつけておかないと、大きくなって不規則な食生活が当たり前になってしまいます。

「でも、朝食をしっかりと食べさせる事って夫婦仲も影響するよ」と前述の社長は言ってました。夫婦仲が悪いと、子供にも影響を与えます。仲が悪いと朝ごはんも作らなくなっちゃうもんなんでしょうかね?

簡単な食事でもいいので、朝は抜かないようにしていきましょう。

childmind at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 食育 

2009年02月09日

幼児期の言葉

就学前の子供にとって、「書く」という行為はまだまだ結構難しいものです。

「ひらがな」は、微妙な傾きがあったり、くるっと丸を書いたりという所まで
指先は器用にできてはいません。

それよりも、「読む」という行為は、絵本だけでなく、町中にも様々な文字が
あふれているので、そういう環境の中で自然に覚えていくことができるものです。

ですから、幼児期には「話し言葉」をより充実させることが大切です。
「音」を意識し、「冷蔵庫」を「れ・い・ぞ・う・こ」と理解するように
なるので、小学校入学前には、「しりとり」「だじゃれ」などで遊ぶことが
良いでしょう。

昨日のこと、明日のこと、など「目の前にないことを話す」というのが
書き言葉につながります。

目に見えないことというのは、想像力を養うことにも通じるのです。

childmind at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 4歳児 | 話す

生活リズム

昼間起きて、夜まとまって寝るようになるのは大体3〜4ヶ月目くらい。
明るい時に起きて、暗くなったら寝るというリズムを作るようにするのが
最初の学びになります。

ベビー時代に、朝7時に起きるようにしておけば、その習慣がつけば
学校に行くようになっても安心。

ところが、深夜にコンビニなんかに行ってしまうと、昼間だと勘違いしちゃうので
要注意ですよ、

朝を感じることができるように、窓際で寝かせてあげることもポイントです。

childmind at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 0歳児 

2004年10月04日

MSNチャット 18歳以上限定です

子供をお持ちの方には朗報なのかもしれません。

マイクロソフトは、10月28日で「MSNチャット」を
無償提供することを止めました。
世界的にはヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア、
そしてラテンアメリカなどでは完全に閉鎖だそうです。

アメリカ、カナダ、日本では登録性のものとなり限定
公開という形です。日本ではクレジットカード認証が
必須となるもようです。

この背景にはあるのは、法律的な問題を配慮したものか
チャット自体の管理資源を見直すものなのか、はっきり
としてはいないが、とにかく見直しの時期にきたからと
いう不明確なものだ。

どちらにしても、ネットコミュニティを問題視している
ような方からの支持は得られるだろう。

ただ、日本のMSNもはっきりとした声明を出して欲しい。
英国では、はっきりと「MSN の利用者をスパムなどの迷惑
情報から保護し、子供を不適切なオンラインコミュニケー
ションから護り」たいため、と理由を述べているのだから。



childmind at 15:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年10月03日

子供は素直

皆さんのお子さんは、もう携帯を使っていますか?

自分は携帯についてはあまり詳しくないのですが、
ちょっと面白い記事を見つけたのでご紹介します。

今年の春に、Docomoが「モバイル社会研究所」という機関を
設立いたしました。ここでは、モバイル社会がもたらす光と
影がどのように社会に影響をもたらすのかを研究する組織です。

当然、ネット社会と子供も研究テーマになっている。

山川隆副所長は旧ドコモAOL社長時代から、この問題を重視し、
子供がネットを安全に利用するための「6つの約束」を提唱した。

その6つの約束というのは、
1.インターネットで知り合った人に、自分の名前、住所、
  電話番号、学校の名前を、ぜったいに教えないこと。

2.自分のパスワードは、お父さんやお母さん以外、だれにも
  教えないこと。ともだちにだってダメだ。

3.インターネットで知り合った人とは、お父さんやお母さんが
  いっしょでなければ、会ったりしないこと。

4.インターネットで、いじめや悪い言葉をみつけたら、すぐに
  お父さんやお母さん、先生に知らせること。

5.知らない人からきたメールやファイルは、ぜったいに開かないで、
  お父さんやお母さん、先生にそうだんすること。

6.チャット(おしゃべり)やメッセージボード(掲示板)で、悪口
  を言われたら、すぐにそこから出ること。そしてお父さんやお母
  さん、先生に知らせること。

 モバイル社会研究所では、「携帯電話の急激な普及とともに影の部分
も大きくなってきた。野放しはよくない」と分析。何らかの対応が必要
として、今秋にも子供向けのワークショップを開き、子供とモバイルイ
ンターネットの関係を研究する。

 ワークショップでは模擬的に危険な環境を作って、出会い系サイトの裏側でどんなことが起きているかなどを紹介。子供たちにとっての携帯の上手な活用の仕方を研究する予定だ。

 利用を制限させるのではなく、上手い使い方を教えるのが狙いのようです。
また、「大人は既成の観念にとらわれ、技術の可能性に気づかないことがあるが、子供は素直に使える。低年齢の子供たちにもっと携帯電話が普及すれば新しい使い方が出てくるだろう」と予測しております。
 
 もっともですよね。

新しい文化というのは常に生まれますから、子供たちの使い方を常に予測
することは不可能です。既存の使い方ではなく、根っこにあるも原理原則を
教えないといけないのです。

そういった意味では、このワークショップに期待します。





childmind at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年10月02日

インターネット検定

このブログの中でも、子供にネチケットを教えるのは
重要だが、常に保護者が子供をコミュニケーションを
取り、ネットだ活動する時のモラルなどを教えてあげる
必要があると訴えてまいりました。

ただ、それには子供よりも常にネットを理解していない
といけないという問題が発生してきます。実際にその為
の保護者の教育というのが必要になってきます。

そこで、開催されたインターネット検定。
実際には、もう1万人以上の方が受験をされたようです。
こちらの検定は大人版、子供版というのがあり、親子で
一緒に受験するケースも多いそうです。

今は、この検定は開催されてないようですので開催される
時にはこちらでお知らせしたいと思います。

何で今、開催されていないのか理由は不明です。ずーーっと
開催していればいいのに。。。。

でも、このような検定があるという事だけでも知っておくと
いいですよね。

childmind at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月24日

フィルタリングソフト「InterSafe Personal」

ALSI社のフィルタリングソフト「InterSafe Personal」がバージョンアップいたしました。

7月20日からの2ヶ月間無償提供をしていた
ようです。その間の利用者の約70%が小中学生の子どもを持つ保護者で、URL フィルタリングソフトの存在を知っていてダウンロードしているユーザーが全体の約80%であることがわかったそうです。

これらの結果を踏まえて今回のバージョンアップ
が行われました。

バージョンアップの機能としては、
「マルチアカウント機能」−−ユーザ毎にフィルタリングの機能が変更できる。

「書き込み規制機能」−−閲覧は許可するが書き込みを規制したもの

「フィルタリングスケジュール機能」−−サイト閲覧を規制する曜日の設定

「ログ管理機能」−−閲覧したURLとそのカテゴリの表示を可能とするもの

でも、以前の記事にも書いたけどフィルタリング
ソフトっていうのも使い方しだいですから、あまり
依存し過ぎないように注意しましょう。



childmind at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月23日

NPO法人 インターネット実務検定協会

NPO法人 インターネット実務検定協会ってご存知
ですか?

1998年9月に第1回が実施されたオンラインで受験できる検定試験です。
インターネットやネットワークに関する知識を判定するのに公的な試験として高い評価を得ています。

この協会でも子供とインターネットについての考え方を述べています。

学校でも「調べ学習」ということでインターネット
を利用しているのは周知の事実ではありますが、
インターネットを正しく利用することをしっかり
と教えてあげる必要があるんですよね。

先生や親は、善の部分しか見せず、その反面、何か
事件が起きると表面上の問題をマスコミが取り上げ
その本質を正しくとらえられていない為に、
子供にも正しく伝わらないことが多いと思います。

この検定試験を受けて正しい使い方を学ぶ必要
があると同時に、もっと先生も親もインターネット
を実際に利用することが大切です。

まずは、使ってみて何か疑問に思ったことは何でも
聞いてください。

私もネットの業界で生きて早5年近くになります。
可能な限りお答えいたします。


childmind at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 子供にとってのインターネット 

2004年09月20日

ラストサムライ

今日は、ちょっと視点を変えてみました。

スカパーでやっと「ラストサムライ」見ました。

いいですね〜、泣けますね〜〜。
って、ホントに時代遅れも甚だしいですね。
「侍」「武士道」「桜」「切腹」など、欧米ではなかなか理解しにくい
事が凄く上手くまとめられていてホントに感動でした。

渡辺謙は、ホントにカッコ良かったですね。
ただ、日本人はあおの時代考証ができるから時代の流れなどが
わかるけど、欧米人にはどう映ってたんでしょうね。

江戸から明治に移る時代、侍が消えていく時代、鎖国から西欧化
していく時代。確かに、上手くまとめてたけど欧米の人もちゃんと
理解できたのか、ちょっと余計な心配をしてました。

古い時代で生きて新しい時代に対応できない人が、あの時代には
沢山いたのでしょう。

でも、今でもある程度似たような事が起きていると思いませんか?
インターネットが世に普及してまだ10年も経っていませんが、この
時代の劇的な変化についてこれない人は、それを何か悪いものと
認識し、新しい文化と認めない人が、まだまだ多いですよね。

例えば、プロ野球の新規参入に楽天やライブドアを認めない人たち、
ネットがらみの事件が起きるとインターネットを悪の温床として報道
する人たち。

そのような人たちが「侍魂」を持っていれば、ましだったのですが。。

childmind at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 子供にとってのインターネット 

2004年09月19日

1万人のインターネット安全教室開催

経済産業省が中心となりインターネットの安全な
利用法を法人向け、個人向けに分けて教室を開く
ことになりました。

一般の方向けの「インターネット安全教室」では、
インターネットを安全快適に利用するにはどうすればいいのか、被害にあったらどうすればいいのか
といった情報セキュリティの基礎知識を実際の事件
などを交えて説明されるそうです。

本年度は、全国20箇所以上で最大7000名の
参加者を予定しているそうです。

詳細は経済産業省のHPからPDFを見てください。各地の開催地が記載されております。

childmind at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月16日

フィルタリングソフトっていらない?

子供にインターネットを使わせる時には
フィルタリングソフトを使って

「危険なサイトを見ないように子供たちを守りましょう」

というのは、当たり前のことですよね。
私もこのサイトでフィルタリングソフトについて
書いてきましたけど、アメリカのイリノイ大学のある教授が以下のようなコメントを発表しました。

「フィルタリングソフトがすべての危険な情報をブロックすると信じている親や先生は、実際にはどんなフィルターでもそこまで完全にはブロックできないにも関わらず、子供たちが実際にインターネットで何をしているのか注意を払わなくなる可能性がある」

フィルタリングソフトといえども、所詮人間が
作ったものです。完璧なものなどあり得ません。
にもかかわらず、フィルタリングソフトを導入
したことで安心しきることが危険だと言及して
おります。

やはり、ここでもコミュニケーションの減少が
問題視されております。

この教授は、フィルタリングソフトを一切利用
しないことを薦めています。
それよりも、両親や学校の先生と一緒に色々な
事を調べて危ないものがあったら実際に、それを
目で見て認識させ、どのように危険かを理解させ
る事が大事だと言っています。

確かに、隠せば守れるかもしれませんけど、実際
に何が危険なのかを認識させる事が大事なんですね。



childmind at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月11日

今週のネット事件簿

一週間ぶりのご無沙汰です。
仕事が忙しく帰ってくるとすぐにベッドに
倒れこむような一週間でした。

blog書かなきゃ、、、と思いつつ、あっという間の
一週間が終わりようやくお休みです。

ほっ、、、、、

そんな一週間でネット絡みの事件を二件ほど
取り上げてみたいと思います。

『w-indsのファン少女にリンチ』
この事件は、携帯のファンサイトで「自分はw-indsの彼女です」と書き込んだ15歳と16歳の二人の少女が因縁をつけられて女の子6人組に3時間ほどリンチ
を受け、全治10日の怪我を負った上に6万円取られた。

・・・これって、彼女だっていう書き込みを本気で
信じてたんでしょうか?だとすると、ちょっと、
ねぇ〜〜。不思議です。
書き込んだ側は軽くふざけてたんだと思うけど
この掲示板って無記名性だったんでしょうね。
多分。無記名性の掲示板って、荒れます。だって
無責任に何を書いても個人の特定ができない
ですからね。

『2chで女子アナ殺人予告』
8月上旬に2chで「●●殺していいですか?〜
〜〜殺人予告5日前〜〜」などと書いたヤツが
脅迫の容疑で捕まりました。

・・・逮捕された容疑者は、この書き込みをした時には泥酔していたらしく、後に反省文を書いたらしいのですが、これも無記名性の掲示板による責任感のない書き込みですね。

無記名性の掲示板というのは、人と人とのつながり
を生みにくいコミュニティです。これとは別に自分の素性を登録して、人とのつながりを重視するタイプのコミュニティでは、無責任な書き込みは少なく
なります。日本では、2chやYahoo掲示板
等の無記名性の掲示板が有名で且つ、事件が起き易いためコミュニティ自体の評判が落ちてしまいます。

事件を起こす土壌となったネットの媒体の特性を
つかむ事がこういった事件を考えるには必要です。

全部まとめて語ったらダメですよ。

childmind at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月04日

学校での有害情報への対応状況

文部省では、毎年学校における情報教育の実態等に関する調査結果を行っております。

その中で、有害サイトの管理に関するデータを
ご紹介します。

小学校〜高校、特殊教育学校まで、インターネット
接続学校38,149校が対象となりますが、その中でフィルタリングソフトを利用しているというのが圧倒的に多く、34,712校(90.9%)です。

他には、利用制限をかけているのが11,162校
(29.2%)、教員の指導が33,182校(87.0%)、何もしていない259校(0.7%)。

ガイドラインがある学校は30,127校(79.0%)となっております。

やはりフィルタリングソフトを利用し、教員が指導してるケースが非常に多いようですが、ガイドラインがない学校も多いようですね。

ガイドラインがなくて、教員が指導しているということは、教員個人個人に依存しえいるという事なの
でしょうか?

教員も人ですから、有害情報に対する認識の差って
出てくるでしょうから、ガイドラインは早く100%に近づいて欲しいものです。

というか、文部省からガイドラインって出てないのでしょうか?誰かご存知の方、教えてください。

また、1%未満とはいえ、何も対策してない学校が存在するんですね。対応していない学校も、中学・高校よりも小学校の方が対応していない割合が高い
ようです。

小学校の方が、一番気をつけてもらいたいのですが、残念です。

childmind at 05:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年09月01日

子供と携帯電話

小学校1年生携帯を使い始めた児童が22%、3〜5歳でも20%に上りました。

ただし、そのうちインターネットの使い方のルールを決めていない家庭が43%に上りましたが、ほとんどは時間や金額的なルールで「こんなサイトはダメだよ」という」ルールはほとんどありませんでした。

保護者の方は携帯でもインターネットに接続できるという事は理解できているのでしょうか?
ドコモの偉い人は、携帯の接続に関してはR18指定なども考えているそうです。別にエッチなコンテンツではなくたもR18指定をする必要があると思います。

塾に行って遅くなるから、親との連絡の為に携帯を持たせている保護者の方もいると思いますが、子供達がそれ以外に使ってないと言いキレルでしうか?

好奇心旺盛な子供達がそれで終わると思いません。

実生活では、保護者の方は子供達が近所の人に挨拶をするにしても、色々と指導していると思います。

でも、携帯やパソコンは判らないから子供達に任せちゃうなんて事も多いと思います。
せっかく、フィルタリングソフトを買っても、子供に「ボクが設定しておくよ」なんて言われて、そのまま引き下がっちゃうお父さんもいるんじゃないですか?」

でも、このblogでは何度も言ってますが、
保護者の方が教えられのは、携帯の機能の部分では
ないと思います。というか、その部分は期待をしません。

それよりも、コミュニケーションを取る時に、
相手を傷つけないようにするとか、悪口を言わない
とか、そういうことで十分なんですよ。

変に、インターネットだから、携帯だから、自分には判らないと思わないで下さい。
コミュニケーションを取るような際には、実生活と
変わらないのですから。



childmind at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット 

2004年08月29日

キッズクッキング

今日は楽しいサイトを見つけたので紹介します。

キッズクッキング


文字通り、子供向けのクッキングサイトです。
メニューの数が沢山あるわけではないのですが、
作り方がアニメになっていて、子供にもわかり
やすいのが特徴です。

もう夏休みも終わりますが、最後の日に一緒に
料理でもしてみませんか?

childmind at 05:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子供にとってのインターネット