childwind

CHILD WIND - 男児3人(長男+双子)の父ちゃんのブログ

5歳の子供(男)+2歳の双子(男+男)の父ちゃんのブログです。 彼らのお気に入りを紹介します。

キャンプ

24 5月

美山町自然文化村キャンプ場 綺麗に整備された高規格キャンプ場、川が綺麗で川遊びがGood

美山町自然文化村キャンプ場に行ってきた。 暑すぎず天候良い5月はキャンプ最適シーズン。 男の子は外遊びだ!キャンプへGO! 大阪から2時間以内、ほどほどの距離。自然豊かな美山町、川遊び、虫取り、魚とり、色々楽しめます。 たまたま行った日が一斉放水の日。 すごい人出、大型観光バスが何台も、駐車場はもちろん満車、東西1キロくらい路駐。 みんな固唾を飲んで待っている。 IMG_0546
13:30、サイレンが鳴り、火災訓練開始? しばらくして放水開始! IMG_0547
ん?面白いけど、、、 これだけか!観光バスでわざわざ長距離くるほどではないような、、 ちなみにキャンプ場のある美山町自然文化村の河鹿荘からかやぶきの里までシャトルバスがあるのでかやぶきの里に駐車できなくても大丈夫。 気を取り直して川遊び、 美山町自然文化村キャンプ場はチェックイン時間が15場と遅く川遊びして時間を過ごします。 IMG_0548
由良川はとても綺麗。 川は浅く膝下くらいの深さがほとんど。 流れも緩やか。川底もゴツゴツした石はほとんどなく砂。サンダル不要。痛くないし歩きやすい。海岸みたい。 5月なのに浅い部分は水を冷たくなくて川遊びには最適。水着を持ってくれば良かったくらい。 IMG_0549
IMG_0550
サワガニ、メダカ、ハゼと大量のカエルをGet! チビ達は満足。 IMG_0551
サイトは8m x10mの区画サイト。 シンク、カマド、電源付きの高規格サイトです。 大きなタープは張り綱に工夫が必要なサイズなので今回は3m x3mのコンパクトタープ(RoostOutdoors "Lined" Tarp )。 芝サイトのため、ペグダウンは簡単。ソリステ不要。アルミペグでも簡単。 子供達にやってもらうことができます。スノーピーク(snow peak) アメニティドーム は4シーズン目。まったく問題なし。子供が大きくなって少し手狭になった。来シーズンは買い替えか? 
   IMG_0554
IMG_0555
炊事場もトイレも綺麗、男女トイレ共に洋式があり。 お風呂は第2オートサイトから歩いてすぐの河鹿荘に大浴場があるので便利。河鹿荘で食事もできます。 キャンプ場内は非常に綺麗に整備、清掃されており キャンプ用品が売られていないことを除けば、ビギナーの方にも安心の高規格キャンプ場です。 IMG_0557
晩御飯は ビーフシチュー。 ハムとチーズを挟んだイングリッシュマフィン。 じゃがバター。 焼き芋。 ビーフシチューうまい! クタクタになって9時には就寝。

日の出と共に起床。5月の朝はちょっと寒い。 焚き火で暖をとってあったかいコーヒーとトーストを食べるのもイイね!
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリルも4年目、ステンレスが焼けてきたので、つや消し黒で塗装しようかな。
IMG_0569
美山町自然文化村キャンプ場はチェックアウトが14時、時間にはかなり余裕があります。 川遊びと魚とり。
IMG_0541
メダカとハゼ、カエル、アカハライモリをゲット!
IMG_0570
イモリは初めて見た。いっぱいいます。


【キャンプデータ】
キャンプ場:美山町自然文化村キャンプ場
 オートキャンプ場、
 区画サイト 8m x 10m(芝)、電源サイト
 風呂は徒歩5分の河鹿荘に大浴場あり。
 夏は川遊び可。
 テントサイトはさほど広くは無いが垣根などで囲まれていないため狭くは感じない。

 
テント:スノーピーク(snow peak) アメニティドーム M  
タープ:RoostOutdoors "Lined" Tarp
タープポール:RoostOutdoors ウッドポール255cm x2  
寝袋:イスカ(ISUKA) パトロール600 使用温度2度のマミータイプ、モンベル スパイラルホローバッグ 使用温度0度のマミータイプx1、ロゴス(LOGOS) 丸洗い寝袋フィールダー 使用温度5度の封筒型 x2  
ランタン:Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタンGENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XPx2
クーラーボックス:コールマン ソフトクーラーバッグ
焚き火台:ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル
その他:カステルメルリーノ 木製折りたたみハイテーブル Classico RoostOutdoors Iron Leg Rolltop Table、ニトリの木製折りたたみローチェア、
 
コールマンのロールトップテーブル↓これをもってるんですが、サイズは大きくて使いやすいのですが設置と撤収に結構時間がかかるのが難点。最近流行のアイアンレッグのテーブルはすぽっとはめるだけ、設営も撤収も一瞬。思ってた以上に楽です。


1 5月

GW 今季初ファミキャン(小2、年中x2) スノーピーク箕面キャンプフィールド

GW 今期初キャンプ。
蚊の心配もなく、昼間は暑過ぎず、夜も寒すぎないこの時期はキャンプに最適。
男の子は外遊びだ!キャンプへGO!
ただ道路が混み過ぎる。
そんなわけで高速道路で東西の移動無しでいけるキャンプ場をチョイス。
近場のスノーピーク箕面キャンプフィールドに行ってきた。
大阪市内から1時間以内、直ぐそばは住宅地という立地、買い出しも困りません。
キャンプ場からは住宅は見えず自然を堪能できる便利なキャンプ場。
天下のスノーピークが運営しているため、サイトも綺麗で広い144m2。
スノーピーク製品は高いが、スノーピークのキャンプ場は高くない。

キャンプ場に到着して設営後の最初のイベントは誕生日会。
今日は双子のチビ達の誕生日、キャンプ場でケーキは人生初。
IMG_0414
最近のハイテク技術によってケーキの飴?に印刷されたポケモン達。すごい技術だ。
ケーキ屋さんでお願いするときに画像のチョイスはなんと、
iPadを渡されてGoogle先生で検索。適当な画像の印刷をするという斬新なオーダー。
ソーナンスが好きなのでこの絵にした。
IMG_0288
飴なので割れる、、誰がピカチューとか喧嘩もなく平和で良し。ソーナンスがいなくなった・・・


今回の外遊びはシャボン玉。 大量のシャボン玉で遊ぶぜ!
本当はジャンボシャボン玉を作りたかったけど、器具?(大きいシャボン玉を作るやつ)が間に合わず断念。
洗濯のり
洗剤花王 キュキュット オレンジ 本体 240ml
グリセリン【指定医薬部外品】健栄製薬 グリセリン 500ML
で大量のシャボン玉液を調合。 調合の配分は他のサイトを参照されたし。
うちわで豪快なシャボン玉。おーすげー。
IMG_0418
IMG_0420
子供たちがシャボン玉で夢中の間、 快適なウッドコットで休憩。寝転んでると風が気持ちいい!
IMG_0416
タープの下で空を見上げでのんびり。日々の戦いに疲れた戦士にも束の間の休息は必要だ。(仕事疲れのおっさん・・)。たまにはのんびりと空を見上げる時間が必要だ。
IMG_0289
水陸空は強風の為、離陸できず
IMG_0423
夜はバーベキュー、1番美味しいのは焼き芋です。
IMG_0425
あっという間に夜。夜は焚き火と恒例化してる光る腕輪。
IMG_0427
光る腕輪を三つ繋げて 真っ暗闇の中をフリスビーのように投げて遊ぶのが子供たちの定番です。 楽しいので是非。 5月の夜はまだ寒い。 そこそこの寝袋かちょっとした毛布が必要です。

朝は朝ごはんよりも暖を取るためとりあえず焚き火。 火の番は小2の長男の仕事。男の子は火遊びに夢中。本能的なもんなのか?

IMG_0429
朝食はマグヌードルとホットドッグ。ホットドッグの写真撮り忘れた。
IMG_0431

2日目の外遊びは川で魚採り。 収穫はサワガニ、スジエビ?、ヤゴ、ハゼ、蛍の幼虫、タニシ、ヘビトンボの幼虫
4AA174B8-418B-41B7-9599-59E1EB8FEC7C
ヘビトンボの幼虫は強そう!
9B1A6476-5872-46D8-BF89-196D4C75BDBF
一日中遊んでクタクタ。

【キャンプデータ】
キャンプ場:スノーピーク箕面キャンプフィールド
 オートキャンプ場、
 区画サイト 144m2(砂利)、一部電源サイト有
 風呂は車に乗っていかねばならず、シャワーしかないと思ったほうが良い。
 夏は川遊び可。
 テントサイトは砂利のため、ペグダウンがしんどい。ソリッドステークがあったほうが良い。
 
テント:スノーピーク(snow peak) アメニティドーム M  
タープ:TATONKA(タトンカ) Tarp 3TC  タープポール:RoostOutdoors ウッドポール255cm x2  
寝袋:イスカ(ISUKA) パトロール600 使用温度2度のマミータイプ、モンベル スパイラルホローバッグ 使用温度0度のマミータイプx1、ロゴス(LOGOS) 丸洗い寝袋フィールダー 使用温度5度の封筒型 x2  
ランタン:Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタンGENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XPx2
クーラーボックス:コールマン ソフトクーラーバッグ
焚き火台:ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル、ジャグ:イグルー(IGLOO) ウォータージャグ 2ガロン(容量7.5L) 、その他:RoostOutdoors Iron Leg Rolltop Shelf、ニトリの木製折りたたみローチェア、ウッドテーブル、Wood Frame Canvas Cot(ウッド・フレーム・キャンバス・コット)ロゴス(LOGOS) ピクニックサーモマット(230×155cm)
 
今回初使用のニトリの木製折りたたみローチェアは、かわいいし、座り心地もまずまずだが、いかんせん収納サイズがでかすぎる。車への積み込みに苦労しました。カスタムするか?
カーミットチェアが欲しい!

同じく今回初使用のイスカの寝袋、パトロール600。高い寝袋でもなんでもないけれど、
外気温5度くらい?でも使用は問題ありませんでした。4月は無理かも。

鉄足のロールトップシェルフが登場したため、コーナンラックは戦力外通告となりそうです。安定感抜群で見た目も良かった。少しかさばるのが難点ですが、足と天板がばらばらに積み込めるので積載のしやすさという点ではコーナンラックよりマシでした。



5 8月

夏休みのキャンプに向けてウッドコット(木製コット)導入!

ついに手に入れたぜコット。しかも木製コット!

でもバイヤーのヘリテージではありません。。
↓これ!Roost Outdoorsのウッドフレームキャンバスコット
IMG_7838

書類入れる封筒のようなケースが面白い!

出してみるとこんな感じ。
各パーツがバラバラに分割されている・・
カーミットチェアみたいですね。



組み立て途中
IMG_7839


IMG_7840


ロープについている棒をくるくる回すと座面のテンションがかかるギミック。
面白いですね。 

IMG_7841


組み立て完成。ちょっと戸惑いましたが、、さほど難しくはありませんでした。
これは・・・シンプルでいいんじゃないですか?
散らかった部屋が映っちゃうので引いた写真がとれませんでした。
IMG_7842


寝心地は、、キャンプで使ってみないとわかりませんが、、
コットン(帆布)の座面なのが、他のコットより肌触りがよさそうです。


座面のテンションをどの程度掛ければよいのか分かりづらい。
 

ハイランダーのGIコットしか知らないのであまり参考に
ならないかもしれませんが、、
ハイランダーもバイヤーもコールマンも組み立ては同じなので
組み立ての感想として一般のコット比較すると

△組み立てがちょっと時間がかかった。
 袋から取り出した状態から5分ほどでした。
 次回はもう少し早くできそう。
〇たたみ1枚分程度のスペースで組み立てれた。
 リビングで組み立てていたのですが
 ハイランダーのコットは、大きく足を展開するので部屋ではかなりの長さなっちゃうので
 部屋の中での組み立てはちょっと躊躇するところですが、このコットは問題なかった。
〇意外と軽いです。
 コット全体の重量が7キロほどでGIコット約6キロよりやや重くて、バイヤーのヘリテージ(約11キロ)よりかなり軽い。
 GIコットは全体を持ち上げて足を展開するのですが各パーツをセットするので組み立て時の重さを感じません。


5分ほど寝転がってみた感想。詳細なレビューはキャンプ後にまた記載します。

〇寝心地はGood! GIコットのポリエステル座面とウッドフレームキャンバスコットの帆布座面の違いは歴然。
 肌触りのよさはコットンコットの圧勝.
 気持ちの良いがよい。
 GIコットはオイル臭いしベトベトだったけど、これは良さは素晴らしい!
△少し長さが短い気がする、、下で書いたとおりフレームが無いのでいいのかもしれませんが、
〇前後のフレームが無い!
 GIコットと比べると
 写真で見ても分かるとおりウッドフレームキャンバスコットは左右にしかフレームがありません。
 そのため、上下のフレームに足や頭が当たらない
△寝返りを打つとギシギシといる
 GIコットもガタピシ音がなりるので同じなんですが、
 フレームと足の接続がギシギシと音がでます。
〇安定感は抜群。



 
30 5月

今季初キャンプ!お手軽キャンプ in 能勢 一里松キャンプ場

5月になって、子供たちから
「あったかくなったからキャンプにけるんちゃうん!」
といわれて、
思い立ったら吉日!キャンプに行ってきた。

今回は、能勢にある一里松キャンプ場
大阪からめっちゃ近い能勢、車で一時間かからない程度。

今回は、るり系温泉で昼過ぎに風呂に入ってからチェックイン
初めてのキャンプ場で行く前は設備の割りにちょっと高いなと思っていたのですが、
山の中の川沿いキャンプ場でとても綺麗に保たれた良いキャンプ場でした。

かなりのスタッフさんが、非常に丁寧に清掃されており、
通路には落ち葉も少なく、各設備は丁寧に拭き掃除されて入ます。
炊事場にも蚊取り線香を置いてくれるなど配慮もGood。
トイレもとても綺麗。
お風呂は近くに温泉があるので問題なし。

近いのでデイキャンプも多く、にぎわっていました。

真夏は川遊びができそうです。水は冷たいですがとても綺麗。
 IMG_9296_


IMG_9293_1


今期からのニューアイテム。
新タープの導入です。Roost Outdoorsの”Lined”TC Tarp
今まではタトンカの3TCでした。ポリコットンタープのタトンカは雰囲気も良くカッコもおしゃれでよかったんですが、狭いキャンプ場でのファミキャンにはちょっとでかすぎた。
そんなわけでRoost Outdoorsさんのタープに、、
タトンカと同じ風合いのすばらしいポリコットンタープです、赤いラインがかっこよくないですか?
しかも安いし(^_^)

ウッドポール(木製タープポール)とコットンタープの組みあわせはやっぱり雰囲気が良いですね。
BlogPaint


もうひとつのニューアイテム。。。ジャグスタンド!
イグルー ウォータージャグは大変お気に入りなのですが、、
ちょっと高さが欲しい。そんなときにはジャグスタンドです。
便利になりました。
写真がよくないですが、木製ジャグスタンド+イグルーはなかなか良いですよ。
入手元は・・まだ明かせません。
IMG_9337_1




今回のキャンプご飯のコンセプトは
「 みんなで作る、簡単ご飯 」
ということで、
 焼き芋
 ナン+カレー
 焼肉
となりました。

まずは焼き芋、新聞紙に芋をくるんで
BlogPaint
ぬらしてアルミホイルを巻いて、、
BlogPaint

後は焼くだけ、、幼稚園児にも簡単。。
IMG_9351_!
ユニフレーム  ファイアグリル

つづいて芋を焼いている間に、ナン作り
ナンの生地
なんの生地をバシバシたたいて夢中での伸ばす3人。
BlogPaint



カレーはもちろん温めるだけのやつ、、
ナン+カレーは結構うまい!
IMG_9389_1

焼き芋も完成、甘くてうまい
IMG_9397_1

焼肉の写真を撮りそびれました。

8時半に就寝、、翌朝はずっと虫取り、、トンボをキャッチ&リリースの繰り返し、
4時間耐久虫取り、疲れた、、

IMG_9427_!IMG_9420_!








10 8月

青川峡キャンピングパーク!高規格の素晴らしいキャンプ場でした。

今回は、高規格キャンプ場で名高い青川峡キャンピングパークに行ってきました。
大阪から2時間ちょっとのアクセス。

今回予約したのは、フリーサイトっぽく使えるオープンサイト、広くてびっくりしました。

人気は川辺サイト。平日にもかかわらず予約できず、制御不能のチビ双子がいる我が家は、オープンサイトがちょうど良いかも。
image
image

トイレ、炊事場とても綺麗。キャンプ場全体の管理が行き届いており、全てが綺麗に清楚されております。
ここまで綺麗に、管理されてるキャンプ場は他に知りません。

お風呂もありとても綺麗です。
ただピークシーズンは混雑して時間待ちが出そうです。

管理棟も、キャンプ用品の販売やレンタル、消耗品がびっくりするくらい充実しています。初心者には安心のキャンプ場です。

image
image
image

この日は35度を超える猛暑日、日中はやばい暑さてましたが、夕方4時くらいには西側が山なのでサイト全体が日陰になるので少し過ごしやすくなります。

夕方からジャブジャブ池でニジマスのつかみ取りに参加しました。
暑い中、必死に魚を追いかける姿は見ていて面白いし、晩御飯のオカズが増えるのでオススメです。
IMG_6133
IMG_6143

IMG_6164

2015-08-10-03-34-40

晩御飯は戦利品のニジマスの塩焼きと、今回も手抜きごはんでピザとペンネを、頂きました。

夜はお菓子を食べながらキャンプファイアです。夜遅くまで遊べるのが楽しいですね。

このキャンプ場は高規格名こともあり、初心者の方が多かったです。
9割の方がガスランタンを持っておらず、白色LEDランタンをメインで利用されており、
かなり暗そうでした。

↓ガスランタンかホワイトガソリンランタンがあったほうがいいですよ~


川沿いで山ぎわなので街中より涼しいはずですが、テント内はちょっと暑かった!
我が家の、チビ達は明るくなると目覚める。翌朝は五時半起床、早すぎるwww

朝から虫取り、川遊び、途中からジャブジャブ池でおたまじゃくし取り。
image
2015-08-10-03-33-47
記事検索
楽天
子育てブログ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
子育てパパ日記
人気ブログランキングへ
子育て日記
人気ブログランキングへ
FC2
rakuten
楽天カード
  • ライブドアブログ