childwind

CHILD WIND - 男児3人(長男+双子)の父ちゃんのブログ

5歳の子供(男)+2歳の双子(男+男)の父ちゃんのブログです。 彼らのお気に入りを紹介します。

3つ

17 11月

フィアット ムルティプラがやってきた 4

我が家にやってきたフィアット ムルティプラ(ムルさん)

嫁さんも息子も、みんな笑顔になれる、
へんてこ3人x3人の2列6人乗りの笑ける車。

今日は、運転した感想を。



1600ccで100馬力ちょっと、重量も1400キロもあり、
お世辞にも速いとはいえないスペック。
まぁ、でもそこは、マニュアルトランスミッション、なかなかどうして、
意外と走りる。(速くはない)
たぶんすごいクロスレシオなんだと思います。
ぽんぽんとギアを小気味よく入れて行く感じで悪くはない、高速も意外と伸びる。

重心が高く、腰高感は否めませんが、サスペンションが硬いためか
そんなにロールしません。
超ワイドとレッドなために、かなり踏ん張ります。
高速のレーンチェンジなんかも、見た目とは違ってクイックです。
T社のミニバンのようにグラっとくるようなことはありません。

全長は短くても、ミドルセダン並みホイールベースなため、
直進安定性もなかなか。



シートは横3人並ぶため、小ぶりでサイドのホールドも無いため、
ワインディングロードでは、ホール性がありませんが、
レガシィと比べるからで、普通のクルマと思えば、普通。
シートは固めで、掛け心地はGood!

窓が大きく、視界が広いので、非常に運転しややすく、
前後のオーバーハングが無いに等しいので、いろいろ気にすることが少なく、
1.9m近い車幅を感じさせません。かなり簡単に見切れます。

レガシィからの乗換えで、走りの面では、まったく相手にはならなにのですが、
運転の楽しさという点においては
エンジンを回しても不快感も無いため、結構楽しめます。




10 11月

フィアット ムルティプラがやってきた 3

我が家にやってきたフィアット ムルティプラ(ムルさん)

嫁さんも息子も、みんな笑顔になれる、
へんてこ3人x3人の2列6人乗りの笑ける車。

今日は、インテリアのインプレ。

運転席側
IMG_7601

助手席側
IMG_7600

まず、ダッシュボードが青い!
今まで乗ったことのあるクルマはレンタカーを含め十数台しかしりませんが、
ダッシュボードが青かったクルマは1台もありませんでした。
大体、グレーやベージュ、ダーク系の革張りなど、なんと言いますか、
あまり主張しない色しかありませんでしたが、
鮮やかな青です。結構気に入っています。
以前試乗した別のムルティプラにいたっては、
紫でした。パープルです。パープル、内装に紫を選択するそのセンス。
結構衝撃でした。

IMG_7433
室内からの写真ではありませんが、サイドウィンドウがめちゃくちゃ巨大。
座ると腰近くまでガラスがあります。
運転席からすぐ手前の地面が見える。
視界は、今まで乗った(乗せてもらった)どんなクルマよりも良好。
ELXプラスなので、ダブルサンルーフ装備で、車内は明るく、
みんな元気になれます。

IMG_7625

センターメーターレイアウトですが、、、、
ナビのディスプレイに隠れてしまっていますが、
なんというか、立体的に積みあがってます。
他を寄せ付けない圧倒的な個性を放っています。

操作性は非常に優れております。
シフトノブの先に、エアコンの操作やハザードやデフロスタ・フォグランプのスイッチがあり、
シフトからちょっと指を伸ばすだけで操作でき、
目線の移動もありません。
オーディオは、ハンドルにコントローラがあり、目線の移動無く、オーディオ操作が可能。
スバラシイ。

人の顔に見える、エアコンの吹き出し口
img_46591_3


唯一の欠点は、ドリンクホルダーです。
ちゃんと1つ用意されているのですが、、、
ムルティプラは車幅がひじょーにワイド。左のドリンクホルダーは
運転席からめちゃくちゃ遠く、完全にパッセンジャー用。
運転席にドリンクホルダーがありません。
なにか対策を考えねば。

IMG_7640
IMG_7636

メーターは驚きのチープさ、タコメータこそついていますが、
レッドゾーンがわかんない。
スピードメーターは200km/hまで刻まれている。
1600ccで出るのかこの速度。
液晶ディスプレイには、いろいろな情報が表示されます。
サイドブレーキ引きっぱなしで発進したり、ドアが開いたりすると、メッセージが表示され
教えてくれます。

燃費が分かることにはびっくりしました。
運転席、助手席周りの収納は非常に多く、結構便利です。

シートのすわり心地は、固めですが、悪くありません。
6席とも同じサイズなので、どの座席に座っても、狭さを感じることなく大人6人が無理なく座れます。
足元も非常に広く、助手席の足元は広大です。
ホイールベースが長いため、後部座席も足を伸ばして座れます。

国産車では、4人+1人 や 4人+2(3)人 などが多く、結局、大人5人が座れて、しっかり荷物をつめる車となると、エスティマや、アルファードクラスになります。ノアやボクシーでは、3列目を使ってしまうと、荷物はほとんどのりません。あと3列だと、3列目と運転席では会話になりませんが、2列だとわいわい。

国産車は、中央座席が2点シートベルトになるなどそもそもチャイルドシート取り付け不可能。
助手席は、エアバッグのため、チャイルドシート取り付け不可・・・
チャイルドシート3つは、一体どこにつけるのか?

その点、ムルさんは、2列で6人、全席同じサイズで、シートベルトももちろん3点式、
荷物もしっかりつめます。ヨーロッパのクルマなのでエアバッグキャンセラー付き。
日本車には、コストダウンばかりではなく、安全装備にも気遣ってほしいです。
(その点スバルは少しえらい。全席3点ベルトなので)
しかも、コンパクトカー並みの全長!
すばらしぃ、日本メーカーは何をしている!

↓2人乗りベビーカーもらくらく。
IMG_7447

1列目中央の特等席のゼウスターンには長男。

IMG_7431

後部座席には、余裕で2つチャイルドシートが並びます。
レガシィのときは、このコンビのコッコロを工夫して並べていたのを思うと
えらい違いです。
IMG_7432





4 5月

2歳児+双子=チャイルドシート3つ ⑤ 中央チャイルドシートのグラつき補正

つづき

双子を迎えるにあたって、息子+双子の3つのチャイルドシートをどう配置するか?

我が家のクルマはBH5型のスバル レガシィ、
5ナンバーの5人乗り

後ろにチャイルドシート2つ、
助手席にチャイルドシート1つの
 息 俺
 嫁赤赤

のフォーメーションでチャイルドシートを取り付けたのですが、
後部座席中央に取り付けたチャイルドシートに少しグラつきがあります。
BH5レガシィはハーフレザーで後部中央は、合皮で少し盛り上がっているため、
滑りやすいようです。

そこで、ホームセンターで、大きなスポンジを買って、滑り止めと高さ調整をかねてしいてみました。

運転席側のコッコロの下にもスポンジを引き、背もたれにもスポンジを置くことで、やや左に寄せることができ、
中央に少し余裕が生まれました。
IMG_4590_j

中央のコッコロもスポンジのおかげでしっかり固定ができました。
IMG_4591_j


運転席側を少し右にずらすことができたので、助手席後ろの大人のスペースが少しだけ広がり、
何とか、やっていけそうです。




combi コッコロS UX ヘーゼルナッツ(HN)

combi コッコロS UX ヘーゼルナッツ(HN)
価格:14,700円(税込、送料別)



25 4月

2歳児+双子=チャイルドシート3つ ④ レガシィ 助手席エアバッグ取り外し

つづき

双子を迎えるにあたって、息子+双子の3つのチャイルドシートをどう配置するか?

我が家のクルマはBH5型のスバル レガシィ、
5ナンバーの5人乗り

後ろにチャイルドシート2つ、
助手席にチャイルドシート1つの
 息 俺
 嫁赤赤

のフォーメーションにするため、
危険な、助手席のエアバッグを外します。

 エアバッグの破壊力はすさまじく、大人の男でも、シートベルトなしでエアバッグを受けると
 事故の衝撃で高速で前のめりになっているところ、すさまじい勢いで開くエアバッグの
 クロスカウンターで死んでしまうくらいです。
 シートベルトをしていても、メガネは割れ、顔中あざだらけ、死ぬよりマシという装備なので、
 子供が受けると首の骨を折って死んでしまうそうです。

 ちなみにヨーロッパのクルマは、助手席エアバッグ解除機能が着いた車が多く
 アメ車の一部もエアバッグの開く速度が自動調整され、助手席に子供を乗せても
 大丈夫なクルマがありますが、
 日本車はどんな高級車であっても、コストダウン優先でこの辺の安全装備が除外されています。

 そんな、幼い子供にとっては、殺人装備であるエアバッグを外します。



まず、事故防止のため、バッテリーのマイナスを外しておきます。
10mmのスパナを使います
IMG_4203_j

アーシングや電装品のアースでごちゃごちゃして、はずしにくい。
IMG_4201_j

バッテリのマイナスを外したら、いよいよエアバッグ取り外しです。
IMG_4195_j
このエアバッグを外すには、助手席のグローブボックスを外す必要があります。
グローブボックスの中にある、フックを抜く必要があります。
内張りはがしの工具があると簡単です。
IMG_4207_j
IMG_4206_j

フックを外すと、グローブボックスが、外れます。
IMG_4208_j

グローブボックスの奥を覗き込むと、エアバッグを固定しているネジが
3つ見えます。これを外さないといけません。
IMG_4211_j

奥まっているので、ラチェットレンチにエクステンションロッドをつけて作業します。
ソケットは10mmです。
IMG_4212_j

ネジが外れたら、エアバッグに接続されている黄色いコネクタを外します。
黄色いコネクタは、コネクタ自体を右にスライドすると、固定がはずれ作業しやすくなります。
IMG_4215_j

コネクタを外したら、エアバッグはもう固定されていません。
下から手を入れて、押し上げてやると外れます。
IMG_4220_j

エアバッグとカバーは、写真のように、カバーをぐっと押してやると、外れます。
IMG_4218_j

取り外されたエアバッグ
IMG_4219_j

後は、ふただけ、元通り取り付ければ、完了
IMG_4197_j

エアバッグがついているようにしか見えません(笑)
しかし、この状態だと、エアバッグがなくなったので、エアバッグ警告灯
がついてしまいます。
IMG_4224_j


つづいて、エアバッグキャンセルの作成です。
買ったのは、5V2.2Ωのセメント抵抗とケースです。 あわせて200円くらい
IMG_4229_j

ケースにきりで穴を開けて、中にセメント抵抗を入れました。
IMG_4235_j

これをエアバッグのコネクタに、接続すれば、完了!
IMG_4239_j - コピー

作業時間は1時間程度、
エアバッグ警告灯も消えて、晴れて、お子様に安心の助手席エアバッグレス車になりました。



25 4月

2歳児+双子=チャイルドシート3つ ③

つづき

双子を迎えるにあたって、息子+双子の3つのチャイルドシートをどう配置するか?

我が家のクルマはBH5型のスバル レガシィ、
5ナンバーの5人乗り

物理的に乗せれる唯一のチャイルドシート
コンビのコッコロを2つ買いました。


さすがに2つもとなると、経済的にしんどい。
唯一乗せられるのが安いコッコロで良かった。
もちろんネットで買いました。

早速取り付け!
まずは、息子のゼウスターンを助手席に移設
IMG_4228_j
サクサクっと取り付け、問題なく取り付け完了。

次は、コッコロ
IMG_4227_j

レガシィ万歳!、 後部座席3点シートベルト万歳。
スバルでなければ、車を買い替えないといけないところでした。

IMG_4226_j

若干ぐらつきがありますが、座面を加工すれば、何とかなりそう。
しかし、狭い。後部座席は非常に狭い・・・・


後はエアバッグの取り外しが必要

つづく

続きを読む »
記事検索
楽天
子育てブログ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
子育てパパ日記
人気ブログランキングへ
子育て日記
人気ブログランキングへ
FC2
rakuten
楽天カード
  • ライブドアブログ