childwind

CHILD WIND - 男児3人(長男+双子)の父ちゃんのブログ

5歳の子供(男)+2歳の双子(男+男)の父ちゃんのブログです。 彼らのお気に入りを紹介します。

B62C

22 2月

ムルティプラのフロントドア スピーカー交換インプレ HELIX Blue B62C

超ユカイなくるま フィアット ムルティプラ。

フロントドアスピーカーをへリックスHELIX Blue B62Cに交換後のインプレです。
取り付けは、ムルティプラのフロントドア スピーカー交換 へリックスHELIX Blue B62C を参照


IMG_8543

低音のキレがないというか、ボフボフなっているというか、、
シャカってるわけではないけれど、高音も、ピアノや女性ボーカルの
声が響かない
そんな状況から、大幅に改善!

なかなか、安いのにいいじゃない。
ロックもジャズも良い感じ。
アンパンマンのCDもばいきんまんの声もクリアになった

十分満足できる。
次はアンプが欲しくなるね。物欲が止まらない。

まずは、インナーバッフルでこのスピーカーの性能を引き上げるところからか、



16 2月

ムルティプラのフロントドア スピーカー交換 へリックスHELIX Blue B62C

超ユカイなくるま フィアット ムルティプラ。

音飛びがひどくてヘッドユニットを交換したのですが、
※ムルティプラ ELX PLUS ステアリングリモコンを生かす カーオーディオ交換 その1 を参照

ヘッドユニットを交換したら、
スピーカーの音が気になりだした。
低音のキレがないというか、ボフボフなっているというか、、
シャカってるわけではないけれど、高音も、ピアノや女性ボーカルの
声が響かない。
ということで、交換を実施、

安い割りに、まあまあ良いというコスパに定評のある
へリックスHELIX Blue B62Cを選択

IMG_8543


IMG_8538


最初に利用する工具は、スピーカーのパネルを外すための、
内張り外し用工具のクリップハンドル、マイナスドライバーでもかまいませんが、
少しRがついていて、非常に便利です。


隙間に引っ掛け、てきぱき外していきます。
IMG_8554_j


スピーカーも外してしまいます。
ネジ4本をプラスドライバーで外すだけ、
ネジをなめないように注意です。
安物ではなくちょっと良いドライバーを使うだけで、
ネジを痛める可能性が激減するということに最近気が付きました。

IMG_8555_j

スピーカーのコネクタは引っ張るだけで
IMG_8556_j

続いて、ドアハンドルのパネルを外します。
ネジのカバーはマイナスドライバーで回してやると簡単に外れます。
IMG_8557_j

隠されたネジは、ヘキサゴン
IMG_8558_j

ムルティプラがはじめての外車なのですが、日本車にくらべ、HEXボルトの登場が非常に多い。
イタリア車はHEXボルトが基本なんでしょうか?
ラテェットのHEXソケットがあれば、作業効率や、ネジを壊す心配がなくなりますが、、

もってないので、今回は、HEXレンチで対応。
いろいろいじってると工具がほしくなりますね。
IMG_8559_j

続いて、ドアハンドルの下にある、これもHEXボルトを外します。
IMG_8560_j

パワーウィンドウのコネクタを外します。
コネクタは非常に硬く抜くのに苦労します。
内張り外し用の工具やマイナスドライバーでコネクタに引っ掛け、こじってやると、外しやすい。
IMG_8562_j

無事取り外し完了。
IMG_8563_j

取り外したドア。
制振材のようなものが、びっしり。
日本車のドアと比べると、この違いはすごい。
こんな配慮ができるイタリア製品なのに、なぜ、品質がわるいのか?
ムルさんのデットニング不要と判断しました。
IMG_8564_j
スピーカーの背面には、吸音材のようなものまで張ってある
IMG_8566_j


純正コネクタから、クロスオーバーネットワークに配線し、
クロスオーバーネットワークは、ドアの裏側に両面テープで貼り付け。

WFの取り付け後はこんな感じ。ジャストフィット。
IMG_8576_j

ツイーターは、ドアから車体に配線が面倒だったので、
いったん、ドアの三角窓?に配置しました。
写真撮り忘れましたが、この内張りは、内張り外し用工具のクリップハンドルで
外します。1箇所のフックと3箇所のピンで留まっていました。、
IMG_8577_j

純正ツイーターが邪魔するので、その配線を外します。
Aピラーの上部を、内張り外し用工具のクリップハンドルでこじってやると
ぱかっと外れます。
HEXボルトに紐?が取り付けられており、外れないように名手いるため、
HEXレンチで外します。

↓外した後の写真
IMG_8579_j

ツイーターは、Aピラーのカバーに取り付けられていて、
ひねってやると、ツイーターだけ、外れます。
コネクタを外して、元通り、取り付けました。
IMG_8578_j

助手席側も基本的に同じ、

以上で、交換作業は完了。

作業時間は、2~3時間。
作業工具:
 内張り剥がしクリップハンドル
 プラスドライバー
 HEXレンチ


インプレはまた次回。
13 2月

ムルティプラのフロントドア スピーカー

超ユカイなくるま フィアット ムルティプラ。

音飛びがひどくてヘッドユニットを交換したのですが、
※ムルティプラ ELX PLUS ステアリングリモコンを生かす カーオーディオ交換 その1 を参照

ヘッドユニットを交換したら、
スピーカーの音が気になりだした。
低音のキレがないというか、ボフボフなっているというか、、
シャカってるわけではないけれど、高音も、ピアノや女性ボーカルの
声が響かない。

前乗っていたレガシィがちょっとオーディオを変えていたのでその差が気になってしかたがない。
どうせ、普段は「あんぱんまん」が流れているのでどうでもいいと思っていたのに

音は一度気になると、もうだめですね、

低音の効いている「ばいきんまん」の歌(結構かっこいい)ですら、気になり始めた。

金がないので、あまりお金を掛けずに、なんとかならんものか・・・

さっそく、ムルさんの、フロントドアスピーカーの取り付け状況を確認。

スピーカーのカバーをマイナスドライバーでこじって開けると・・・
純正スピーカーがでてきました。
プラスチックのドアパネルに直付け。さすが純正。
イタリアでも日本でも、ここら辺は、似たようなもんですな。
SA3D0226

スピーカーを外してみました。
驚いたことに、スピーカーの裏に、吸音材が・・・
スピーカーはマグネットも小さく貧相なスピーカーですが、
割としっかり処置されていて、ドアが鳴らないようになっていて、
びっくりしました。
日本車では、そこそこのミドルセダンでも、これほどの処置はされていません。

コストダウンが得意の日本のT社が世界を席巻しているのは、
ユーザーがあまり意識しないところで手を抜いて分かりやすいところだけを
注力しているように思います。なんとも、寂しい気持ちになります。

SA3D0227

とは、言うものの、
この貧相なスピーカーを変えないことには、気持ちの良い低音は
望めそうにありません。
かといって、強力なスピーカーをこのままつけた場合、
プラスチックパネルに直付けだと、パネルが鳴りそうです。

プラスティックパネルに、
インナーバッフルでマウントして、確認しながら、制震材を貼りながら調整でしょうか?

早速スピーカーを購入・・・

安い割りに、まあまあ良いというコスパに定評のある
へリックスHELIX Blue B62Cを選択

IMG_8543


IMG_8538

マグネット でけー。ドアが鳴りそうです。うまく鳴らすためには、
それなりの対策が必要かもしれません。
IMG_8539

数少ない経験から、ツイーターは必須。
高音は、足元だと聞こえないので、ダッシュボードなど、顔に近い位置でならなさないといけません。
IMG_8542


オーディオ地獄にはまらないようほどほどにしたいですが。
せっかくなので、アンプも欲しい。。。
ヘッドユニットの内臓アンプではちょっと・・・

時間を掛けて、取り付けを検討したいと思います。





記事検索
楽天
子育てブログ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
子育てパパ日記
人気ブログランキングへ
子育て日記
人気ブログランキングへ
FC2
rakuten
楽天カード
  • ライブドアブログ