Azure-Blue

一度失ったモノは二度と元に戻らない。 一度得たモノは二度と手放したくない。 それを知らない人は、紛れもなく、人と共に生きている。 わたしは違う。人と共に生きていく事が出来ない。 わたしが、わたしのために、わたしを認めてやる。 ここはそのために作った場所だ。

最後に。

今までお疲れさま。
辛いことたくさんあったけど、よく頑張ってきたね。
母親が自殺した日から、平和な世界をぶち壊されて、何が正しいのかもわからずに必死に生きてきたよね。
愛されたかったのに、結局思うように愛されなくて苦しいでしょう。
でも、心配して家に来てくれる友達がいるし、瑠美なら仕方ないって言ってくれる友達も居るし、家をキープしてくれる父親も居る。
まだしばらくは何とかやっていけるね。
波乱万丈に生きてきて、人間関係に疲れてしまう気持ちはよくわかる。
まして恋人とうまくいかなくて死んだ母親は間違ってると思って、自分は幸せに結婚したかったのに、ダメな男ばっかりに近づかれたんじゃ気力もなくなるよ。
そして完璧に人間不信になってしまったね。
当然だと思う。
家族ものの映画を見て、みんなが自分の家族を思い出しているとき、瑠美は家族の居ない自分を哀れむしかなかったね。そして自分にないものを持っている他人を憎んで恨んで、そしてまたそんな自分を責めたね。
瑠美には、同じような立場の同じように苦しむ仲間が居なかった。同情してくれるひとの大半は、射精することしか考えてなかったね。生きていく意味がわからなかったよね。だから恋人に存在価値を求めた。
きっとこれからまた家がなくなったり、父親が死んだりする。
そのとき、本当にどうしようもなくなったら死んでもいいよ。
もうじゅうぶん頑張ったよ。
LAUNDRYのような愛は、現実にはなかったね…。


私は私を許す。
今までやってきたことのすべてを許す。
これからやることも。
やる気がなくなった自分も許す。
きっといつか死んでしまう自分も許す。

誰かは絶対に許してくれないから。
昔、杏奈や裕子が許してくれなかったように。
だから誰にも助けは求めない。
これからは一人きりで生きていく。
こころのなか、ずっと私だけ。
神様、死ぬときは安らかに死なせて。
海にかえっていくように、すうっと冷たくなって、気持ちよくて、そして冷たさになれたら、包まれる体温のようにぬるく沈んでいくの。








2012/9/16.sun.
twenty-four.
twenty-five one month later.

I LOVE ALL OF FRIENDS.
good bye...

出力を終える。

私はこれから、二度と日記や手記を書かないことをここに宣言する。
感情を文字で表すのは、今日で終わり。
メールも同様だ。
思考、価値観、持論なんかを封印する。
他人に期待することを一切やめる。
理解してもらおうという姿勢をやめる。
多分これをすることで、私は今まで以上に泣き虫になったり、情緒不安定になるだろう。
だけど、もうどうしようもない。
もう前向きには生きていけない。

私は、恨んでいる。
どうして私を選ぶの?
私から何かを奪っていくのは確かに簡単だわ。
隙だらけだし、防御してないから。
でもそれはね、愛されたかったからだよ。
だって扉閉めてたら、誰にも愛してもらえないじゃん。
それにつけこんで、おいしーとこだけ持っていくのよね。
ひどいよ。
私が隙だらけなのは、信用してる好意の証だったのに。
それを利用するなんて最低だよ。

だからそんな最低な彼には、どうやって復讐してやろう?って考える。
幸いにも、働いている場所と、携帯番号は知ってる。
彼は頭がいいので、私が行動すればあれらの写真とかを使ってカウンター食らわせてくるだろうけど…、まぁ、怖くないし。

でも、感情ってほんとにバカで、言うことを聞いてくれないからね。
そんな最低な彼を愛してしまった私なので、復讐なんて出来ないんだわ。

多分これは今までの報いかな?
色々、悪いことばかりしてきたしね。
私の終わりってこんなとこだと思う。

人生、やりきったよ。
まだ24歳。みんな早すぎるってお思いでしょうけど。
ここまで生きてこれたの、けっこうすごいと思うわ。

残りの人生は、いけるところまでいってみる。
もうしばらく他人と会えないし、会えるようになるかどうかといえば、ありえない気がするけど…。
特に男。気持ち悪くて吐き気がする。
最近は電車に乗っているのにも耐えられなかった。
男って何であんなに臭いの?
女は比較的いい匂いがするのに。
でも女は敵だから怖いし、もう人間様と会いたくないわ。
人間って気持ち悪い。私含めて。

さよなら、今までの私。
さよなら、私の感情たち。
ブログがあることでだいぶ救われてたな。

気が向いたら英語ブログでも作ろう。

今まで(主に金銭面で)応援してくれた数々の人たち。
ごめん、私にはやっぱ無理でした。
生きるの難しいわ。
それなりにちゃんとやってたつもりだったんだけどさ。
貧乏、学歴なし、仕事なし、家族なし、友達なし、情熱を注げる夢なし、常識なし、精神病もち、男性恐怖症とくりゃ、もう生きてくすべないわ。

行きたい場所はたくさんあったけど、女を売ってまで行きたくないわ。もう疲れた。

世界よ、滅亡しろ!
大地震よ、こーいっ!!

そう祈りながらネットゲームと英語に人生をかけます。
あと、頑張って小説書きます。


私信:

元彼1>あんたはバカだし救いようがないけど、友達も多いし潜在能力は高かったと思うよ。私の命を繋いでくれたのは間違いなくあんた。一番辛いときにそばに居てくれてありがとう。

元彼2>私がまともに向かって歩めたのはあなたのおかげです。最後はひどい裏切り方をしたけど、あなたがやったことも私にとっては同様の裏切り。彼氏がいる女と結婚するだとか、億稼ぐだとか、夢みたいなことばかり言ってて呆れてたけど、夢見てるだけじゃなくてきちんと現実を生きれるひとだから、みんなに好かれるんだと思う。あなたの様々な面での能力の高さは尊敬してます。これ以上ないほどに私を導いてくれてありがとう。私が何も為せなかったことに対して、あなたがどう思うかは知らないけど、私はあなたに対して申し訳ないよ。ごめんね。あなたなりの幸せな生き方で、頑張って。こころのこと、傷つけたらぶっ殺すから。よろしくね。

元彼3>現在進行形で私を愛してくれて、本当に根気強く私に付き合ってくれてありがとう。でもまぁそれも遠距離が効をなしてるかなと思う。よくも悪くも、遠距離に始まり、遠距離に終わる関係だったなと思います。理想を追ってはみたけど、理想は理想で終わっちゃうんだわ。お互いに本気でお互いを求めていなかったから。あなたには何も話したくなかった。何故なら傷つけたくなかったから。私のあなたへ出来ることはそれだけだったんだわ。だからこれからも何も言いません。

>その他。
toan、マジで好きだったなぁ。ベトナム移住を考えるくらい好きだった。無理だったけど。元気で生きていってね。
秋さん、ほんとにすみません…。もう合わせる顔がありません。でも一つだけ言いたいのが、秋さんたちと過ごしたあの時間は、宝物です。ほんとに楽しかった。女友達とわいわいってあまりしたことがなかったから、ほんとに楽しかった。そして大好きでした…。尊敬してました。秋さんはとってもかわいかった。みんなと楽しく生きていってください。
だいちゃん、ばーか、死んじゃえ。むしろ死んじゃえ。嘘。絶対に奥さん泣かせちゃだめだよ。くるみちゃんもね!あなたは最高にかっこよかったです。どうか幸せに生きて。たまに私を思い出して、優越感に浸ってくださいな。私はあなたを死ぬまで愛してます。
まさのり元気かなぁ?相変わらずだろうけど…、まぁまだまだ若いからね。経験つんで更にいい男になってくれればよいなぁ。
たくちゃんきもーい。
このみもこの先辛いだろうな。早く結婚しちゃえ。もうしてたり?
あゆみ、私の分まで夢、叶えてくれっ!あゆみは可愛くて可愛くて自慢の友達だよ。友達多すぎて嫉妬したりもしてたけど、それも含め、可愛くて仕方なかったよ。私に合わせてくれるのも嬉しかった。たまに病んだりしても、周りのひとを大切にしてね。特に家族ね。
葉月、ごめん。遊びに行けなくって。もっとお話ししたかった。たまにくりくり抱きついてきて萌え~だったよ。一緒に和菓子食べに行きたかったなぁ。それか韓国料理。ほんとに可愛くて、じゃっかん元彼の浮気相手に似てるんだよね。無事、卒業して、清く豊かに生きていってね!可愛いから、きっと素敵な紳士に見初められるよ!
という繋がりで有紀さん、元気かなぁ?結婚したみたいだけど幸せですか?私、あなたのことけっこう好きですよ(笑)一度遊んでみたかったなぁ。
類や大森さんやなっちゃんやいずみさん。ごめんね、私は成人グループリタイアです。みんなと飲みに行きたかったなぁ。
こうちゃん。覚えてるかなぁ、私のこと。少し前に電話したとき、出てくれたね。お礼を言えて嬉しかったんだ。ブルーベルベッド、私の宝物です。あなたが居なかったら、あのとき私は漫画喫茶の冷たい床で寝ていたことでしょう。なんの要求もせず、面倒を見てくれて本当に、本当に、ありがとう。あなたに買ってもらった黒のキャミソールは今でも宝物です。
粋、生きてる?まだ舞と付き合ってる?私に初めてフォトショップを教えてくれたね。パソコンおたくでメカおたくでなんか元彼と似てるわ(笑)あのときは迷惑かけてごめんね。でも正直、楽しかった。舞にも感謝してる。携帯の名義人になってくれたこと、今でも忘れないわ。
洋平くん、いつも私を癒してくれてありがとう。本気だって言ってくれて、泣くほど嬉しかった。手を取れたらどんなによかっただろうと思う。でも今だから言うけど、最初のほうに会ったとき、何故か偽名を使ってカラオケ屋に電話しててすこし不信感があったんだ。可愛い彼女、見つかるといいね。あなたなら大丈夫だよ。
あっくん、きーくん!会いたかったよー!もう会えないけど…元気でね。一時期は色々迷惑かけました…。なのに今でも変わらずに接してくれてありがとう。
わっくん、かーくん。元気かなぁ?二人仲良かったけど今も仲いいのかな。二人にも一時期は色々迷惑かけました…。ごめんね。
ごじ、この前は財布直してくれてありがと。ごじは私の大事な友達です。でも、私を好きになってくれたのって、私だったからというよりカー的な意味でだよね?(笑)聞いたことないけど。正直、そういう感じがするたび、気分が悪かったわ。ちょっかいかけてくるのは、みんなにやってるの?私にだけ?ずいぶん前、ただひさちゃんにこの人だれ?みたいに言われたときに、友達じゃないみたいに言われて、かなりショックだったの覚えてるよ。うろ覚えだけど。ごじにとって私ってなんだったのかな。命の心配がなきゃ、会いに来る価値もないただの人間だったんだろうなぁ。って思うと、すげームカつくわ☆でも、まさのりにフラれたとき、雨のなか手ぇつないで帰ってくれたこと、忘れない。会いに来てくれたことも忘れないよ。愛を感じてた。ありがとう。
良輔、あのときは本気で私を救おうとしてくれたね、ありがとう。あれから私はパステルのプリンが大好きだよ。あと、ブラックラグーンもね。
ゆやさんが私を見下しているの、すごく嫌だった。あゆみと比較されたときはほんとに悔しくて、お前に言われたくねーよって思ってた。あまりにそうろうだったけど、続きはまた今度なとか言って誤魔化したの、私、気づいてたよ。この見栄っ張り。自分はさも人望があるみたいに言ってたけど、私はゆやさんの空っぽな言葉たちが大嫌いだった。けど、私に興味を持っていたのは事実だよね。言わないだけで認めてくれていた部分はあったんでしょ?だから会いに来てくれたし、家にも入れてくれた。違う?それは素直に嬉しかった。ありがとう。
智仁、君も私をよく見下してくれたねぇ。みんなの前でこいつ高校生でぷっぷーみたいに晒されたときに、君を大嫌いになりました。それまでは尊敬できる部分があった気がするけどね。忘れたわ。今でも周りに人がいっぱい居ることでしょう。だからかわからんけどたまに道はずしそうになるから心配だったよ。あんま無茶しないように。
千尋、あまり親に迷惑をかけすぎないように。


紫、しお、ミズ、ひろはこれからも付き合いを続けていきたいから、ここには書きません。

わっきー、えいみー、りなさん、まいちゃんなどなど。もっと仲良くなりたかったな。私がまともに近づき始めたから、知り合えた貴重な現実の友達でした。そこまでたどり着けなくて残念。でも、私は私に合った生き方をします。元気でね!!

途中。

文章をおこすことで自我を保ってきたけど、もう絶望は出し尽くした。

家があって幸せ。
なくなるまでかじりついていよう。

この世に愛はない。
少なくとも私は恵まれなかった。

お疲れ様でした。

何のために。

希望のため、未来のため、夢のため、目標のため。

結局は自分のために決断するしかないのかよ。

時間が止まるってこういう事をいうんだ。

私以外にもたくさんいるだろうな、時が停止した人。

恋愛体質。

今の私の状態を一般に例えて表現するなら、

人生をかけて打ち込んできたスポーツを、予期せぬ事故により二度と出来なくなった、とかに近い。

あるいは、人生のほとんどをかけて育ててきた子供が独り立ちして取り残される親?

とにかく、今までの生きる理由が根こそぎ消えてしまって、
でも他に生き方を知らないからただ呆然とするしかない。
これからどうしたらいいのかわからない。

そんな感じ。

私にとって恋愛が全てだった。

男に飽き飽きしていた時期はあったけど、男そのものがイヤになることはなかったし、将来に夢も抱けた。

でももう恋愛に対する理想や欲望は泡のようにはじけてなくなってしまった。

私は死ぬまで一人で生きるだろうと確信した。
さようなら、私の夢。
一部とは言え、私にとって重要な目標だった。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ