2005年10月01日

子犬を叱るコツその1

サラちゃん







さて、叱ることについてのお話です。

「叱り方」ってとっても難しいですよね。

どんなときに叱る必要があるんでしょうか?

 

私は、「子犬に関しては」ほとんど無いと思っています。


叱られるときのたいていの理由は環境が整っていないかわんちゃんの勘違いです。


まずは環境を整えましょう。


何もルールを知らない子犬を野放しにして、いたずらのし放題にしていませんか?

ハウスリードやサークルで行動を制限しましょう。

いたずらされて困るものは片付けてください。

エネルギーがありあまっていていたずらしていませんか?


エネルギーの発散方法を考えてあげましょう。コングタイヤバイターなどを使って、時間をかけてごはんを食べてもらってもいいですし、食事のときにフードを一粒一粒部屋のあちこちに投げるという方法だってあります。


「叱らなきゃ!」と思うから必要以上に厳しくなってしまうので、

「いまやっていることを止める」ことを目的にしてほしいのです。

まず「叱る」という意識を一度捨ててみませんか?


私がおすすめする「叱る」こつ<その1>


それは実は「褒めること」。


今やっていることと同時にできないことを教えて褒めて、わんちゃんの希望をかなえてあげるのです。

これはわんちゃんが人に何かをしてほしくてやってくることに対してはかなりの効果があります。

たとえば、飛びつき。

いろんなやめさせかたが本に載ってますよね。


たとえば、飛びついてきたら・・・

 前の手をつかんで放さない

 立ち上がったらわんちゃんの後足を靴で踏む

 おなかにキックする


これらは飛びつくといやなことがあるんだ、という「いやだから、やめさせる」というもので、
不正解の合図になりますね。


そもそもわんちゃんは、なぜ飛びついてくるのでしょう?

「あいさつしたいよ!」「こんにちは!」「遊ぼうよ!」といっているんじゃないでしょうか?

自分が外国の人や他の動物に対して、「こんにちは!」といって自分なりに挨拶したら、

ボディーブローをくらったら、「なんなんだ?」ですよね?

正しいマナーをちゃんを教えてもらう必要がありますよね。

 

この場合の正解ってなんでしょう?
 

別になんでもいいんですが、とりあえずオスワリをさせたら素敵じゃないでしょうか?

人前ではオスワリをしましょうと教えてあげ、
オスワリをしたときにだけ挨拶をしてあげたりおやつをあげたりするだけで、飛びつかなくなります。


おやつに飛びついてきたら?くるりと方向転換して背中を向け、おやつをあげないだけです。


オスワリって実はとっても便利なんです。



オスワリしながらできないことリスト

 飛びつき

 甘がみ

 顔なめ

 玄関まで行って勝手に挨拶吠え

 玄関からの逃亡

 勝手に他の犬や猫を追いかける

 他の犬とケンカする

 

あら便利。

 

いつでも「オスワリ」できるようになるため、いろんなところでしつこく練習するという必要がありますが、何かにつけ「オスワリ」のくせをつけていて困ることはほとんどありません。

また、オスワリやフセの格好は他の犬を落ち着かせるサインでもあります。

オスワリしている本人も、決められたことをやることで落ち着くということがあります。

 

てへ







とりあえず、誘導を使ってオスワリを教えて、いつでもどこでもオスワリをさせてみませんか?

困った行動のほとんどが止まると思いますよ。


実践編はまた次回。



chimagyoro222 at 22:48│Comments(3)TrackBack(1) 管理しましょう | 叱り方

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 天罰じゃ〜!!  [ ちまぎょろ獣医日記&べにっき ]   2006年10月11日 13:39
こんにちは。   べにです。 かあちゃんが変なモノを買ってきたの。 あれ、たぶん生き物だと思うよ。 べに、あれキライ。はやくいなくならないかな。   今日もワンクリックで応援してくださいね。     これは以前までのちまぎょろ家の キ....

この記事へのコメント

1. Posted by エルもも杏奈ママ   2005年10月02日 11:08
今飛びつきで困っていたところで、ありがとうございます!!!!!
私はかわいいので放置してたらやはり大きくなると怖がる方が出てきたので、、、、
今しつけ中です。
タイムリーで助かります。
2. Posted by ちまぎょろ   2005年10月02日 21:30
エルもも杏奈ママさん
そうですね。大きい子の飛びつきは事故のもとにもなりますから、治しておいた方がいいですよね。
フレンドリーで人にかまってほしい子がやることなので、治すのは割と簡単です。
お散歩のときなどに「今練習中なので、おすわりしたときだけおやつをわたしてもらえますか?」といろんな人にお願いするといいですよ。
がんばってくださいね。
3. Posted by ちまぎょろ   2005年10月02日 21:34
エルもも杏奈ママさん
そうですね。大きい子の飛びつきは事故のもとにもなりかねませんので、治しておいたほうがいいですね。
相手がお年寄りやお子さんだと予想外の結果になることもありますので・・・。
お散歩のときなどにでも、たくさんの人に協力してもらうといいですよ。
基本的には人好きのフレンドリーな子がやることなので、ルールさえ覚えてくれればあっという間です。
飛びつかれて大喜びする裏切り者がいると、少し大変ですが。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字