2006年10月06日

マットレ実践編

マット

 

マットトレーニング

とても簡単なので、是非おうちでも教えてあげましょう。

 

 

 






 

マットにフットボール

 

用意するのは

マットとごほうび。

 

ちなみにべにのマットは無印の低反発座布団。

お気に入りだそうなので、使ってみました。



ちなみに現在のべにのハウス内ベッドは無印の低反発の小さい枕。

なぜかってふつうのベッドだと掘ってむしるからです。

 

フットボール

このごほうびはフットボール

べにのお気に入り。


留守番用にも運動用にも使えます。


ビジーバディーシリーズの一つですが


日本にはあまり入ってきていないものです。

甘いにおいがするので、レバーペーストなどを入れても使いますし、

そのまま投げても変な動きをするので楽しいです。

(病院で取り扱っています)

 

さて実践。



(1)

マットにフットボール

 

マットにごほうびをおきます

小さくちぎったおやつでももちろんOK

 





 

フットボールだ!


やった!フットボールだ!

とマットの上に乗ったとたんに

「マット」と言います。

これを何度か繰り返します。

なんか、ここの上ってイイの?ってわかってきたら

 


(2)

フセ

マットの上で

そのまま「フセ」をさせます

 

さらに「マテ」の号令をかけるんです。

 おやつやおもちゃで誘導するのは最初だけ。

 何となく分かってきたら、



 

(3) 「マット」といってマットを指さします。

 自分から行かせて、きちんとできたら後からご褒美をあげます。

 マットですね

最初のうちは

「マット」「フセ」「マテ」

の3つの号令を使いますが

 

そのうち、「マット」だけでフセマテまできちんとするようになります。

タイミングよく教えて、覚えの早い子なら、ここまでで15分くらいでいけます。

 

(4)レベルアップ

最初はごくごく近くで練習しますが、

できるようになったら、飼い主さんが離れたところから指示を出したり、

指示を出した後に動き回ったりします。

マット

 

で、じっと待てる時間を長くするんです

(ここが大変)

 

 

 

重要なのが、あせって失敗させないこと

成功を繰り返させること

 

ちょっとできるようになったとたんに遠くから「マット!」といっても無理ですし

刺激がたくさんあるところで急に「マット!」といってもできません。

普通の号令の練習と一緒ですね。

 

ちょっとずつのレベルアップを心がけつつ、べにと一緒に「マットで待っとれ」がんばりましょう。



chimagyoro222 at 14:40│Comments(4)TrackBack(1) 教えておきたいこと 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 無事復活&ポッピー大好き  [ ちまぎょろ獣医日記&べにっき ]   2006年10月08日 20:14
  「かあちゃんあせってるけど、なにかあったの?」     おかげさまでバイオ君は復活しました。 古傷が原因だとしたら、またなるかもしれません。 急いでバックアップをとりました。 お手数おかけした皆様、申し訳ありませんでした。 大変お騒がせ....

この記事へのコメント

1. Posted by ange   2006年10月06日 16:14
angeは10ヶ月になりました。病気もせずとっても元気なのですがお散歩が嫌いで困ってます。小さい頃は抱っこして慣らしたつもりなのに・・・。でもリード見せると大喜びでお座りして待っているのに一歩外に出ると歩かないんです。遠くまで抱いていって降ろせばダッシュで家まで歩く(走る)のですが。やっぱり私と行くのが不安なのでしょうか?
2. Posted by いたち丸   2006年10月07日 00:22
マット、練習させています♪ まだ長時間待たせることはできませんが、号令でクッションまですっ飛んでいきます。何かと便利ですね〜。ただ、優月は伏せていようが仰向けだろうが、吠えたいときは普通に吠えます…。変??
あ、手術は延期していただきました。ありがとうございました。
3. Posted by ちまぎょろ   2006年10月07日 20:26
ange さん

動かずにいれば抱っこしてもらえる、と思っているのかもしれませんよ。
文章だけでは何ともいえない部分も多いんが・・・。
4. Posted by ちまぎょろ   2006年10月07日 20:28
いたち丸さん

大きい優月ちゃんがマットしたらかっこいいでしょうね。
待てをのばすのは本当に大変です。
優月ちゃんは落ち着いてそうですが、べには本当にチャカチャカと落ち着かないので、集中させるのが大変です。
人もうつ伏せ寝で大声を出したり歌ったりするのがしにくいように、わんちゃんもふせをすると物理的にも精神的にもほえにくくなるんですが・・・。何事も例外ってありますからね。優月ちゃんはいいコツをつかんでいるのかもしれません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字