2007年09月10日

義務と権利

べに

 

 

かわいいモール細工を見つけました。

 

 

 

 

とうちゃんが数ある中からべにに一番似てるのを

選んでくれたんですよ。

 



似てますか?

 

似てますか?

 

 

 

今日はちょっとまじめなお話を。



べに

 

こういう犬猫グッズを見つけては

 

はしゃいで

 

 

 

わんこ友達とホームパーティーをして

仕事で犬猫に囲まれて

というような



完璧な「犬猫バカ」の生活を送っているちまぎょろですが

 

たまには犬猫が好きではない方に会うこともあります。

 

見た目が病院ぽくないこともあるせいか

「犬を寄せ付けないようにする道具はないですか?」とか

「猫が庭に入らないようにする道具はないですか?」

と通りすがりの方に聞かれることがあり、

アドバイスをさせていただくことがありました。

 

大型犬なんかだと、お散歩中に歩いているだけでいやな顔をされる

と悩んでいる飼い主さんもいますし

犬猫が好きでない方とも一緒に暮らしていくというのは

なかなか難しいですよね。

 

おさんぽ鳴き声はかわいい自己主張。

犬なんだからあちこちでおしっこするのも当然。

飛びつくのはうれしいからよ。

猫は自由に歩くから猫なんでしょう。

 

という風に自分に都合のいいようにだけ考えていると

犬や猫が苦手な人に受け入れられることはないと思います。

 

犬嫌いな人にとっては吠える声は不快で怖いものでしょうし、

猫に大切にしている植物をあらされたりしたら

猫が大嫌いになるのも当然ですね。

 

吠える犬と一緒に暮らしている人は、それが日常になっているので

どんなに吠えられてもうるさいと感じないこともあるようなんですが

それが原因でトラブルになることも多いんです。

 

 

「犬が来ないようにしてほしい」といってこられた方も

直接苦情をいうのは言いづらくて・・・とおっしゃっていましたし

ずーっと我慢をし続けて、

最後の最後に不満が爆発して文句をいいに行くという

パターンになってしまうことも多いようですね。

 

大切なのは人も犬も最低限のマナーを身に着けることと、

しっかり犬や猫の行動を管理すること。

 

最終的には人同士のことなので、

普段からしっかり挨拶をしてコミュニケーションをとること

がかなり重要なことだと思います。

 

似てますか?

飼い主さんのマナーと知識が向上すれば

犬猫好きも苦手な人も、

もっと暮らしやすくなるのにね。

 

犬と一緒にいろいろなところに行きたいのであれば

それにともなう義務は果たすべきだと思います。

 

最低限のマナーを守るという義務を果たさずに

権利だけを主張するのはよろしくないですよね。

とりゃ!

 

べにより小さくてかわいいのは許しまセン!

とすぐにいじめるべに。

 

性格悪。

 



chimagyoro222 at 11:27│Comments(0)TrackBack(0) マナー 法律 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字