2007年10月24日

磨呂にメロメロ

近い近い

 

←この子が磨呂。

 

 

父の名前が日出麿なので、高校時代のあだ名がヒデマロだった

私はなんとなく親近感を感じています。



ぐりぐり

 

アビシニアンの磨呂は

グリグリ猫です。

 

 

とりあえず、手があるとグリグリ

 

ごろごろ

 

ごろごろいいながら

うっとりといつまでもグリグリしてきます。

 

 

 

近い近い

 

写真を撮ろうとしても

スキあらばグリグリしようとしてくるので

 

なかなかナイスショットが撮れないのです。

 

磨呂は飼い主さんの都合でただいま里親募集中で、昨日手術をしたのですが

あまりの性格のよさに、実習生のオマタさんが「飼いたい」と言ってくれたのです。

他にも犬や猫がいるおうちなので、数日お試ししてもらって

相性が合うようであれば、そのまま飼ってもらうことになりそうです。

 

ひょうたんから駒。

純血種とはいえ成猫だし、性格はいいけど里親探しは難航していそうだったので

ホッとしています。

3匹のオーストラリアンシェパードたちとラグドールのポーちゃんが受け入れてくれるといいのですが。

ちなみに磨呂はラブラドールも平気な子で、他の猫も全然平気なんだそうです。

あんたなんなのよ

だからべにも平気ですよ。

 

あんた生意気なのよ。

ちょっと人気だからっていい気にならないでよね。

 

かあちゃんそいつが好きなんですね

 

かあちゃんもオマタさんも

そいつばっかりかわいがってますね。

 

べにのこと忘れないでくださいね。



chimagyoro222 at 10:22│Comments(2)TrackBack(0) ちまぎょろ獣医日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やまがた   2007年10月24日 10:41
親近感がわくって・・・・
「ぐわしっ!」
って事でしょうか?
2. Posted by ちまぎょろ   2007年10月25日 10:39
やまがたセンセ

それはかずお先生じゃないですか。小学生のときに散々言われて泣かされましたよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字