犬の選び方

2016年07月02日

飼う前相談を受けました

ママ友でプードルを飼いたいっていう人がいるから

ブリーダーさんとか紹介してほしいんだけど・・・

と言われたので、ぜひ!!ということでいろいろお話を聞いてみたところ

プードルを選んだのはお子さんに軽いアレルギーがあるから

毛が抜けないからいいかと思って、

というような理由だったのですが

プードル=毛が抜けないからアレルギーでも大丈夫!!は正しくありません。

人のアレルギー検査の項目で調べられるのは「動物上皮細胞」の事が多くつまりはフケです

フケは抜け毛がなくても出ますので、プードルなら平気!というわけではありませんね。


特にアレルギーの方にオススメの犬というわけではないということ

毛が抜けない分伸びるのでお手入れ&トリミングが必須などいろいろ説明したところ、

プードルにはこだわらずに探してみるということになりました。


保護犬などある程度性格のわかる子を迎える方法もありますよ、といったところ

興味を持っていただいたので、

 


















しゅんくんや

 


















エフくんがいたちばわんさん 

DSC_1231

トロちゃんがいたペロドッグズホーム等をオススメしました。


純血種の場合は、きちんと遺伝疾患を考えてブリーディングしているところを選ぶことが重要ということで

犬種が決まったらそれぞれの犬種で別にご紹介しますということになりました。

ちょうど何頭かわんちゃんも来たので、それぞれの性格なども説明させていただくこともできて

どういう犬種がおうちに向いているか、しっかり考えるきっかけになってくれたようで本当によかったです。


「犬というのは作られた家畜で、目的に応じて出やすい性質というのは(ある程度)ある」

「犬種も大事だけれどもそれよりもさらに親の性格や生まれ育った環境が重要」

「賢い犬なら飼いやすい、というわけではない」


こういうことを知ることなく、なんとなくのイメージで選ぶと結構大変なことになります。


犬に優劣をつけるのはどうかと思われるかもしれませんが

同じ犬種であったとしても

見た目、性格、病気のなりやすさ、元から持っている病気の有無など

きちんとしているブリーダーさんとそうではない繁殖屋や工場みたいなところでは雲泥の差です。

デパートで買ったから安心、高かったから安心、というわけでもありません。

そのあたりのこともお話しさせていただきますので

ぜひご相談くださいね。


15分程度でよろしければ初診料1000円で、特にご予約は必要ありませんが

かなり詳しく家族構成等に合わせたカウンセリングをさせていただいたり、

実際に犬を見てみたい場合は1時間当たり3000円程度で予約制になります。





















子犬には格別の可愛さがありますが、

社会化期に迎えるということは、その子の一生を左右する責任も出てきますね。

(もちろんもともとの性格もとても大きいのですが)

ある程度の大きさの子犬や成犬であれば性格も出来上がっているので

どういう子なのかも子犬よりもわかりやすいですし、

むしろ初心者向きの子を選ぶこともしやすいのではないかと思います。

chimagyoro222 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月07日

よくわかる犬の遺伝学

皮膚科学会の認定講習でも先天疾患について勉強して

DNAだのmRNAだのスプライシングだのイントロンとか

開始コドン終止コドン転写不良といろいろ懐かしいフレーズを聞いてちょっと頭がクラクラしたのですが

遺伝についてよい復習になりました。





この本はわりとわかりやすく毛色と遺伝について説明してくれています。

これメンデルの法則を習いたての中学生〜高校生にもいいんじゃないかなと思うくらいわかりやすいです。 


よく血液型で優勢遺伝の説明が出てきたりしますが

長毛や短毛、色の出方のほうが視覚に訴えてくるのでよりわかりやすいですよね。 


毛色っていうのはただ見た目だけの問題と思いがちですが

毛色を薄くする遺伝子がメラニン色素などの色素の発現と関連しているだけでなく

ケラチノサイトなどの毛を作る細胞の発現と関連していたり

聴覚異常や視覚異常と関連していたりといろんな遺伝子と関連しているのです。


DSC_0248 - コピー






















ダックスならダップル、シェルティーなどではマールと呼ばれる斑っぽい模様は不完全優性遺伝をするのですが

マール同士を掛け合わせると25%の確率でできる、


マール遺伝子を両方持つ子(ダブルマール)の場合は56%が視覚聴覚異常を持つそうです。 


こういった知識などがなく適当に交配をさせてしまうと

異常を持った子を作り出してしまったり、致死遺伝子により亡くなってしまったりするわけですね。

素人繁殖をオススメしないのはこういう遺伝子的な事情もあるのです。


まあ、プロなら考えているかと言われれば

そういうのも何にも考えないで工場みたいなところでただ増やすだけの繁殖屋さんや

遺伝の知識ゼロのなんちゃってブリーダーもいっぱいいますので

買えばOKとかプロなら大丈夫というわけではないのですが。



それはともあれこの本ではマールを発現するMシリーズの遺伝子だけでなく、

犬の毛色を発現する遺伝子を網羅しているので、

今まで知らないことがたくさん書いてあっておもしろかったです。 

犬の毛色の分類などではハルクイン、ドミノ、グリズルなど初めて知る物も多く、とても勉強になりました。 
続きを読む

chimagyoro222 at 11:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月21日

パピーパーティーと犬の選び方

RIMG8570

コロ助とパティちゃんの1回目のパピーパーティーが行われました。

2人ともプチ個人レッスン済だったので

アイコンタクトとおすわりの復習をしながら初回なのに意外なほど上手に遊べました。


大きさが違うとはいえ、黒同士だから?続きを読む

chimagyoro222 at 15:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年11月12日

小さい=飼いやすい?

がうー

 

先日から、

アクセスが増えたと思ったら

検索キーワードは

「犬 おしっこ対策」 「猫 糞対策」

 

やっぱりマーキングやウンチで困っている人って思った以上にいるんですね。

誰がやったかわからないから、対策も難しくなってしまうようです。

現場を見つけても、注意ってしにくいですしね。

 

たまたまホームセンターで犬猫のおしっこ対策を見つけたんですが、試した人がいたら教えて欲しいものです。

続きを読む

chimagyoro222 at 18:24|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

2007年10月31日

猫という選択もありです

ガサガサ

猫も大好きなちまぎょろです。

子猫はかわいいですね。

しかし、落ち着きはなく写真を撮るのは大変です。

 

なぜ袋を噛む。

 

「犬が欲しい!」とか「トイプードルの里親募集してませんか?」といわれたりするんですが、

その前に考えて見ましょう。

「あなたは犬に向いている人ですか?」

犬に向かない人って思いのほかたくさんいるんです。

ああこの飼い主さんは、猫を飼ったらこんなに悩んでないだろうな・・・と思うこともあります。

というわけで、

猫のいいところと犬に向かない人の話。

続きを読む

chimagyoro222 at 12:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年10月09日

衝動買い

この週末、ごくごく近所に大型ペットショップが開店しました。

 

中に動物病院も併設されていて、ライバル出現にちょっとドキドキです。

しっかり偵察していろんなものをギロギロ見てきました。

 

週末特別価格で20%引!!で子犬たちが結構な勢いで売れていました。

 

 

「一人暮らしだろ?アパート、ペットだめなんじゃないっけ?」

「大丈夫だって。何とかなるよ〜。安いの今だけでしょ?」

「プードルとチワワ、どっちにしようかな〜」

 

犬って衝動買いするもんじゃないでしょうが。

続きを読む

chimagyoro222 at 10:35|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年06月27日

似たもの同士

むくれ顔

 

診察して

よく思うことですが

 

 

「飼い犬と飼い主は似ている」

 

自分と似たタイプの犬を選ぶのか

一緒にすごしているうちに似てくるのか

 

たまに

「その子はあなたが産んだんですか?」

と聞きたくなるくらい

見た目から性格までウリふたつのペアを見たりします。

 

犬が飼い主の精神状態の影響を受けやすい生き物だからこそ

なのでしょうね。

続きを読む

chimagyoro222 at 18:50|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2007年04月26日

小型犬とお散歩

おさんぽですのよ

 

「どうしてこの犬種にしたんですか?」

と飼い主さんに聞くと

 

「小さいから散歩もいらないし、飼うのに楽だと思って」

といわれることがよくあります。

 

特にチワワ系の極小サイズの飼い主さんだと

「散歩には連れて行ってはいけない」と

勘違いしている人もいるほど。

 

一言、言わせていただければ

散歩の必要ない犬はいません

 

 

適度な運動と外界の刺激は犬が暮らす上でとても重要なものなんです。

続きを読む

chimagyoro222 at 16:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年11月03日

一目ぼれって

ふにょん

 

生後6週のべにです。

手のひらサイズです。

 

最近、

「生後1ヶ月で犬を迎えました」

という方何人から相談を受けました。

(もちろん、今現在は成犬です)

 

生後1ヶ月はもっとも大切な時期で

犬同士のルールなどをおかあさんや兄弟から教わる時期なんです。

その時期に飼い主さんの元に来てしまって、

(ペットショップから買ったとすれば、もっと早くに離されていますよね)

「ワクチンがまだだから!」とうちに閉じこめてしまうと

犬の常識も知らない、内弁慶ができあがります。

挨拶の仕方や、犬として備えておくべき犬の言葉

(ボディーランゲージ カーミングシグナルと言われるもの)

などもわからなくて、他のわんちゃんとうまくやっていけなくなる子も。

 

もちろん、親からあまり早く離されると、ストレスに弱かったり

痛みなどに異常に弱くてすぐにパニックになったり

攻撃性が出やすかったりと、本当に問題を抱えやすいんです。

 

生後1ヶ月の犬を陳列するペットショップもおかしいんですが

そのくらいの子を「一目ぼれ!」で後先考えずに買うのはやめた方がいいと思います。

 

というより、できれば犬を「一目ぼれ!」で買わないでいただきたいんです。

 

一目ぼれでつきあってみたら、最初の印象と全然違う、と

別れるカップルって多いですよね。

 

犬や猫を迎え入れるのって結婚なみの大事です。

15年間一緒に暮らすパートナーなんですから、慎重に選んでくださいね。

 

単純にそのとき

 かわいかったから、

 小さかったから

 安かったから

 まあなんとかなるでしょう

で飼うものではありません。

 

きちんと15年後まで見越して飼ってくださいね。

 

カップルで犬を飼って、別れたから処分したい(多いですよ)、

仕事で異動があって、引っ越しが必要だけれど次では犬は飼えないから処分したい、

など、安易に犬や猫を手放そうとする人が後を絶ちません。

 

特に、ブームになった最近ではその傾向が強いように思います。

 

次に飼い主さんが見つかればいいですが、

飼い主が変わる・環境が変わると言うことは

わんちゃんにとってはものすごいストレスで問題を起こす引き金になることは

覚えておいてくださいね。

 

「プードルを飼おうと思ったら高かったからそのとき売れ残っていボーダーコリーを一目ぼれで飼いました。」

「吠えたり、かじったり、モノを壊したり、賢いって聞いてたから飼ったのに、やっぱりプードルにしておけばよかったです」

 

犬ならすべて同じとは思わないでくださいね。

わんちゃんたちは、もとは「目的」があって作り出された「家畜」です。

 

予備知識なしに犬を飼って、

必要なマナーやルールを教えない、

その子たちに必要な環境を整えないことは、

最初から問題犬を作ろうとしているようなもの。

 

 

わんちゃんの性格は遺伝やもともとの性格ももちろん大きいですが、

生後8週までにどのような環境で育てられたか、

その後6ヶ月までにどのくらいの社会化を受けたかで決まります。

 

生後1ヶ月で親から離されている子は、それだけで問題を起こす可能性は他の子の何倍にもなるんです。気をつけてくださいね。

ぷふ〜べには生後6ヶ月までの社会化は

ちょっと足りませんでした。反省。

 

 

大きい子と吠える子は苦手です。

小さいからか、怖いようです。

 

忙しいときに犬は飼い始めるべきではありませんね。

時間に余裕のあるときでないと、

きちんと育てるのは難しいです。



chimagyoro222 at 11:08|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年10月12日

すごいペットショップ

どーも

 

3連休の間

 

ちまぎょろは犬三昧でした。

 

おもには見学とお仕事だったんですが。

 

べにもたっぷりお散歩ができて、楽しかったようです。

ところで、

その見学してきたペットショップというところがすごいところでした。

 

なんと

ショップで

セットでした

 

トイレシートガジガジ防止のメッシュトイレ

 

ふかふかベッド

噛むおもちゃ(フードが入れられるモノ)

 

がケージ内にセットとされているんです(こちらはイメージ)。

 

普通のショップって、囲われた中に薄い紙や新聞紙がおいてあるだけ

というところがほとんどですよね。

(地面を掘る、吠える、トイレを失敗させるための環境が整ってますよね)

 

でも、見学してきたショップは

このように

イタズラできないトイレ ベッド 噛むおもちゃ

をきちんと全員に与えているんです。

(オーナー曰く、「最初はお金がかかりますが、この方がしっかり管理できるし汚くならない」とのこと)

 

そこそこ大きくなった子は

ねこもうろつく大きめのお部屋に入っており、

すきすき

 

猫も平気な子になりそう。

 

 

ショップの店員さんも小さい頃からちゃんと

あちこち触ったりとハンドリングや簡単なトレーニングもしてくれるそうです。

他のわんちゃんとも小さいうちに遊んだりしているので、社会化はバッチリ。

 

あむあむ

 

噛むものもきちんと与えられているので

(そこでは主にコングビジーバディー系でしたが)

 

トイレシートやベッドをぐちゃぐちゃにしている子はいませんでした。

 

ここのショップからおうちに行った子は、

トイレの失敗や甘がみの問題がものすごく少ないそうです。

また、社会化不足による問題を起こす子もいないそうです。

 

飼ってもらう前にはしっかりとお話をしますし、

可能な限り

ハウス メッシュトイレ 噛むおもちゃ 留守番用サークル

も犬と一緒に買ってもらうそうです。

 

「トイレができないんですけど〜」と言ってくる人は

ハウスを用意しないなど、言うことを聞いてくれない人だけ。

すごいですね。

 

あんまりおかしな人からは、

お金を返して犬をひきとりに行く、というくらいの人たちでした。

 

なによりすごい!と思ったのは

一般の人に飼育が難しい犬種は、人気犬種でもおかない

ということ。

珍しい犬種やテレビで人気が出た犬種がいれば

それだけで動物園感覚で遊びに来る人も増えるので、

そのように限られた犬種しか取り扱わないということは

ショップとしては売り上げは下がるらしいのですが、

本当に飼われていった犬が幸せになることを考えると

家庭犬に向かないほど、運動欲求が高い犬種や攻撃性の強い犬種は

頼まれても置かないそうです。

 

すべてのペットショップに見習って欲しいですね。

 

しつけ教室も開催されていましたが、ここから家庭に行った子はパピーパーティーの必要がないことがほとんどだそうです。

参加者は近所の動物病院などから紹介された子しか来ていませんでした。

このショップは行動学の知識のある獣医でトレーナーの方が指導し、

イアンダンバー先生のやり方を取り入れたものだそうです。

 

そういうショップがドンドン増えて、

はじめて犬を飼う人でも飼いやすい犬が増えれば、

処分されたり、気軽に捨てられてしまう犬猫というのは

ずっと減るでしょう。

 

また、飼う人を選ぶというのも大切なことです。

一人暮らしのお年寄りに「賢いですから大丈夫です」と

ハスキーを勧めたというショップ!見習って欲しいです。

 

しつけや行動学の話を聞いてくれるような、頭のやわらかいブリーダーさんやペットショップオーナーと是非知り合いになりたいものです。

 

人気ブログランキング参加中です。よろしかったらワンクリックで応援してくださいね。

 

ブシュー

実はCOCOストップ

そこのショップで「効果ありますよ」

と教えてもらったもの。

 

確かによいです。特に猫にはてきめんです。



chimagyoro222 at 08:45|PermalinkComments(15)TrackBack(2)

2006年07月05日

セミナーに行ってきました

ダンバー先生

コングや本で有名な

ダンバー先生のセミナーにまた行ってきました。

今日もワンクリックで応援してくださいね。

 

去年も行ってきたのですが、

今年もやってきたので再び参加。

今回は日本全国で7つ、東京で5つのセミナーがあるのですが、

さすがに5つ全部だと参加費が高いので

厳選して

「ペットショップのためのパピートレーニング」

「動物病院のためのセミナー」

に参加することにしました。

今日はペットショップのトレーニングについて

おもちゃの話と社会化の話が主でした。

とっても興味深かったです。

アメリカやヨーロッパでは犬を飼うときには

ケンネル(犬舎)でブリーダーから購入するか

シェルターから引き取るのが一般的で

ペットショップで買うことは恥ずかしいこと、のように思われているそうです。

しかし、ペットショップは上手にトレーニングができれば

社会化にはもってこいの環境ですし、

トイレトレーニングもおもちゃのトレーニングもできた

マナーがしっかりした立派なわんちゃんを作り出すことができる

すごい環境であるということが今日のお話を聞いて分かりました。

もちろん、

それはきちんと環境を整えてトイレを教えたり、

社会化をさせれば、ということです。

環境の整わない不潔なケージにいれっぱなしのペットショップから買えば、

平気でウンチの上で寝る、ハウスでもウンチをする

ハウストレーニングもトイレトレーニングも全くできない子を

作ることだってできるのです。

(これはもちろん、ブリーダーさんにも同じことがいえます)

 

 

きちんと病気の管理さえ行えば、来るお客さんに手伝ってもらって

いろんな人と触れあうこともできます。

男の人やお子さんに触れあうことは、

ブリーダーさんのおうちでは無理でしょう。

一番大切な生後8週から4ヶ月までの時期に

たっぷりいろんな人に触られたり、おやつをもらったりすれば

人が大好きで、怖いもののない子を作ることができるんですね。

どういう風に体を触る練習をするのか、

どうやってオスワリやフセを教えるのか方法を教えてあげれば、

お客さんのハンドリングやしつけのお勉強にもなるでしょう。

犬を飼う前にお薦めの本を教え、

マナーの教え方、扱い方の初歩を飼う前に練習できるんです。

 

ペットショップの可能性は無限大だなぁと思いました。

 

いいペットショップって少ないんですけどね・・・。

今回のセミナー、せっかく有名な先生がきているというのに

参加者は60人程度(しかもショップ関係は30人ほど)。

他のセミナーには200人以上来てたのに!

ペットショップのしつけの意識の低さを感じますね。

ペットショップの人のいうことを信用してしつけグッズを買う人も多いので、

ショップの人こそ最前線で勉強して欲しいんですが・・・。

これからいいペットショップが増えていくことを期待します。

 

どこかのいいペットショップでアドバイザーとして雇ってくれないかな。

しつけ相談とか、受けるんですけどねぇ。

 

人気ブログランキング参加中です。よろしかったらワンクリックで応援してくださいね。

新病院や公園で社会化のためのパーティーやお散歩会を開こうかと思いました。

梅雨が明けたらやろうかな。

東京近郊の方、いかがでしょう?



chimagyoro222 at 23:53|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2006年07月01日

誰にしようかな

3匹

さて

 

この3頭からなら

 

誰を選ぶのがよいでしょう?

 

今日もワンクリックで応援してくださいね。

絶対の正解というのはもちろんないので、

一人づつ向いている人と向いていない人を

紹介しますね。

 

シュートは積極的でかわいいですね。

ペットショップなどで真っ先に人に飛びついてくるタイプですね。

 

リーダー気質で人をコントロールするのが上手です。

 

ついついよくわからないまま甘やかしてしまうと、

ワガママ放題させてしまって、

気にくわないと噛みついてきたりする可能性大。

 

ちゃんとお勉強をして、扱い方を心得ればいいわんちゃんだと思います。

やる気を上手にのばせば、いろんなことができるので、

一緒にスポーツしたい、とかドンドン外に出したい!しつけ教室に通いたい!

というやる気のある人なら、初心者でもオススメします。

頭もいいので、自分で考えていろいろやるのが好きなタイプ。

へこたれないので、お子さんのいる家庭でも大丈夫かと思います。

 

ココ

ココは

 

静かなタイプ。

 

音にも敏感でちょっと怖がり。

 

それでも、今の段階から

しっかり社会化させることができれば

落ち着いたいいわんちゃんになるでしょう。

こういう子は「うちの子はおさんぽ嫌いだから」と、うちに閉じこめると、

内弁慶の道まっしぐら。

警戒吠えしそうなタイプNo1ですね。

社会化させる時間のない人、

わんちゃんとたっぷり遊びたい人には向かないですね。

静かにすごしたいタイプなので、

お子さんがいたりすると、ストレスになってしまいます。

お年寄りの2人暮らしなどが向いているかもしれません。

おだやかにおさんぽに連れて行ってもらい、

ゆっくりと社会化してもらうとよい家族になるでしょう。

 

ヴィヴィヴィヴィは

中くらいの性格。

でも結構落ち着かないんです。

興奮癖があるので、

小さいお子さんがいたら、

大騒ぎになっちゃうかもしれませんし

飛びつきがいつまでも治らなそう。

穏やかな大人だけの生活のほうが向いているかもしれません。

しつけは割としやすいほうなので、

若い夫婦などで飼われるとよいパートナーになると思います。

でも、元気ありあまりタイプなので、

たっぷり運動してあげられないと大変かもしれません。

 

その子それぞれに一長一短の特徴があるんですね。

お宅のわんちゃんはどんなタイプでしょうか?

人気ブログランキング参加中です。よろしかったらワンクリックで応援してくださいね。

べにはシュートタイプ。うちにこなかったら噛み犬になっていたでしょう。



chimagyoro222 at 13:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年06月27日

兄弟の役割

ヴィヴィ

生後2ヶ月チワワのヴィヴィ君です。

 

 

かわいいでしょ?

 

 

 

今日もワンクリックで応援してくださいね。

ココ

 

 

こっちはココです。

 

足の色がちょっと違うの。

 

 

レッツゴー3匹

 

真ん中はシュート。

 

 

なんと、3匹兄弟なんです。

 

3匹全員でパピーパーティーに参加してくれました。

 

この3頭、もちろん同じお母さんから生まれているんですが、

性格が全然違います。

シュートは元気で一番人なつっこくて、

ドンドン前に出てきます。

オスワリでご褒美がもらえるとわかると、

他の子を押しのけてオスワリしてきます。

理解が早くて押しが強いタイプです。

 

ヴィヴィヴィヴィはふつう程度に人なつっこく

危険がないと分かれば

前に出てくるタイプなのですが、

いったん大丈夫だと思うと、

落ち着きがなくぴょんぴょん跳びます。

 

 

ココココはとっても怖がり。

 

なかなか前にでてきませんし、

 

最初はずーっとふるえていました。

 

でも、慣れてくるとオスワリもフセもできました。

 

おんなじお母さんから生まれて、同じ環境で育っても、

このように3匹3様の性格に育つんですね。

 

これは、群れの中での役割分担なんだそうです。

 

リーダー的な性格の子がどんどん前にいって

他を引っ張っていき(おそらくこの子達の中ではシュート)

 

怖がりで警戒心の強い子が、

警戒吠えなどをして、危険を周りに伝える

(おそらくこの中ではココの役割)

 

というように、群れでいると役割というものがでてくるんだそうです。

もちろん、それぞれのおうちにもらわれていって

「犬の群れ」ではなく

「人との関係」という風になれば、

また自分の役割を自分で見つけていくのでしょうが、

「犬の中での役割」というのは結構後まで引きずるものなんです。

おうちに行ってからの生活ももちろん大事なんですが、

「群れの中での役割」もわんちゃんを選ぶ、

大切な基準になってきます。

人気ブログランキング参加中です。よろしかったらワンクリックで応援してくださいね。

さて、問題。

この3匹から犬をはじめて飼う人が選ぶとすれば、

誰を選ぶのがいいでしょう?



chimagyoro222 at 20:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2005年06月24日

ついに相棒決定か?

06d6fc17.JPG
ちまぎょろは今現在は仕事があわただしく、わんことは暮らしていません。
育てたのはすでに大人になっている実家のゴールデンと、ほかのお宅のわんちゃんのみ。
 
でも、早く相棒をGETしたいとは常々思っていたのです。
仕事ではスタッフのわんちゃんをデモ用に使わせてもらっていますが、
やっぱり一から育てたいし・・・。
 
で、パピーパーティーにきていた子のなかで、
人なつっこく、賢い子の兄弟が今度生まれると聞き、
さっそくブリーダーさんに見に行く予約をとってしまいました。
 
ブリーダーさんも飼い主さんなので、
「とりあえず、真っ先にお願いします」
「性別はできれば女の子がいいけど、性格重視でどっちでもいいです!」
といろいろ要望を言っておきました。
 
しかし・・・。
最大の反対者が。
うちのダンナ。
「君はマメじゃないから、無理。」
 
そんなことないよ!
たしかに、朝には弱いし、自分のトリミングもたいしてしないし、
猫のトイレも大半はダンナ任せ、シャツのアイロンもかけられない
家事大嫌いのぐうたら主婦ですが・・・。
 
でも、きっと!
プードル飼ったら違うと思うんです。
OKもらえるように、明日から早起きしてたまにはうまい朝ご飯でも作ろうかな。
でも今日は夜中まで勉強会の予定。
3時に寝たら、たぶん起きるのはギリギリ7時半だろうな〜。
 
そこをどうにかがんばります。
明日から、こうご期待。
 
 
 
続きを読む

chimagyoro222 at 15:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)