体をさわろう

2013年05月10日

噛むのに・・・

BlogPaint









これはだいぶ前ですが、目の下に膿の袋ができてしまった子。

大変に痛そうなのですが、とっても凶暴な子なので消毒もままなりませんし

もちろん口をあけてチェックというのも難しい・・・。


お薬を使ったら多少は落ち着いたのですが

膿んでいて歯も汚いのは確かなので、

おそらく歯の奥が腐っているのでしょう!と麻酔をかけて抜歯して消毒してきれいに治りました。

よかったねぇ。続きを読む

chimagyoro222 at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月28日

ニューフェイス

DSC_0595




















福ちゃん。生後半年のチワワ×プードルMIXだそうです。

かわいいですね。

どことなくシーズーっぽいカットがまたかわいらしいです。


<マエボク通信>
30日土曜日は前田牧場の即売会の予定です。

野菜やハンバーグなどもありますのでぜひご利用くださいね。続きを読む

chimagyoro222 at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月15日

目薬練習

DSC_0287
ねねちゃんは目薬が大嫌い。

おかあさんにさされると怒っちゃうんだそうです。

というわけで、今日は目薬練習。続きを読む

chimagyoro222 at 20:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年04月07日

預かると、ヘナチョコ

だまされました

 

小金井市でも

狂犬病のお知らせ封筒が届き始め

予防に来られる方が増えつつあります。

 

暖かくなってきましたし、ノミダニ予防もしっかりはじめましょうね。

続きを読む

chimagyoro222 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月02日

快感

 

今日はとっても気持ちのよいことがありました。

 

取れた!!

 

ハンドスケーリングで大きな歯石がポロリと取れたんです。

 

 

こりゃ快感。

 

続きを読む

chimagyoro222 at 16:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年06月02日

触らないで

背負っています

 

背中に謎のタワシを背負った犬です。

はやく切ってもらわなきゃ。

 

 

プードルやヨークシャー、ポメラニアンなどの近頃の

人気犬種はケアが大変な子が多いですよね。

 

とにかく、飼い主さんがきちんとおうちでブラッシングなどのケアを

できるようになって欲しいと思います。

 

今日は体に触られるのが苦手な子の話。

ちゃんと犬種によっての傾向があるんです。

続きを読む

chimagyoro222 at 17:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年03月24日

歯を磨こう

なんか最近、食欲も元気もないんです・・・

という子の口を見てみたら、

1本しか残っていない上の歯に本体の3倍くらいの歯石がびっちり。

口の中に大きい石ころをいれているのか?というような見た目。

ちょっと触ったら血もほとんど出ずに抜けちゃいました。

 

抜けた歯をみてみると

こってり歯石

←こんなでした。

 

 

 

ちなみに上に向かって生えている角のようなのが

歯根(顎の骨に収まっている部分)です

ほとんど溶けてしまっていてあっさり抜けちゃったんですね。

 

顎の骨もとけてしまっていて、

さわると下顎がぶにょぶにょしているんです。

レントゲンをとったら下の顎の骨はポッキリ折れてました。

 

そりゃ食べられませんよ。

 

思い当たる節はないそうですが、あれだけスカスカに溶けてしまっている顎なら、

ちょっとコツンとぶつけたりしただけでポキッと折れてしまいそうです。

うーん恐ろしいですね。

 

小さいころから

歯磨きどころか顔にも触れず、気づくのが遅れちゃったんですね。

 

顔に触れない、身体に触れない子は治療の選択肢も狭まってしまいます。

大きくなってからでも遅くないので、しっかり身体をどこでも触れるような子にしてあげてくださいね。(身体の触り方こちら

 

<注意>

身体が触れるようになってから、歯磨きなどの上級コースに進みましょう。

身体も十分に触れないのに、苦いマウスウォッシャーなどを無理やり入れようとするとさらに抵抗して触れなさに磨きをかけてしまいます。

ちょっとずつレベルアップさせてあげてくださいね。(歯磨きの仕方こちら

 

ちなみに薬が飲めない子もとても困ります。

薬を飲ませるためのジャーキー状のものもありますが、

できれば口をあけておくにポン!で飲ませられると確実ですよね。

がんばって練習しましょう!(薬の飲ませ方こちら



chimagyoro222 at 19:50|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2006年11月16日

くるみちゃんが来ました

くるみべに

 

先月カウンセリングに来てくれた

くるみちゃんがまた来てくれました。

 

念願の2ショットがとれました!うれしい。

今日もワンクリックで応援してくださいね。

毎回教室のときには来てくれた子の写真を撮ろうと思っているのに、

終わった後いろんな話をしていると、ついつい撮り損ねちゃう事が多いんです。

今日もベリーちゃんとラミンちゃんの写真を撮ろうと思ったのに、

雑談してたら忘れました。ごめんね〜。

 

大きくなりました

 

くるみちゃんは大きくなりました。

前回と比べてとっても元気。

 

くるみちゃんハウス

 

前回オススメしたハウス(ケージカバーつき!)

にちゃんと入って

おとなしくすることができていました。

 

トイレが全然できないのが悩みだったのに、

いまはちゃんと自分からトイレに行ってできるようになったそうです。

お姉さんがちょっとでも部屋を出て行くとパニックになっていたのもよくなり、

お姉さんは一安心のようです。

よかったよかった。

みなさん、ハウスって大切ですよ〜。

 

病院でも、前回はあまり動き回らなかったんですが、

とう

 

べにと転がり合って遊んでいました。

べには好みが激しいので

たまに怒ったりしちゃうのですが

くるみちゃんとは相性がよいらしく、子犬のように走り回っていました。

 

今回は、トリミング犬種なのでケアの練習を中心に練習しました。

かしかし

 

目の下に毛玉ってよくできるんです。

 

 

目周りフェイスコーム

 

そういうときは、この小さなノミ取りぐしで

優しくすいてあげましょう。

 

もちろん、きちんとおとなしく体がさわれないと、

動かれたら危険な部位ですね。

 

バードちゃん

 

バードちゃんのように

ひっくり返しの練習をしたりするのも大切ですし

 

 

どうしてもひっくり返しでは難しいという場合は

台などに乗せて、

アゴ下

 

 

アゴ下の毛をもってしまいます。

 

そうすると、顔を動かしにくくなるので

やりやすくなります。

 

目の下は嫌がることも多いので、がんばって練習してくださいね。

褒めながら、手早くやってあげましょう。

 

あまりにも抵抗がひどい場合、うなったり本気で噛んだりする場合は

早いうちにトリマーさんや専門家に相談しましょうね。

無理に押さえつけてやるとどんどんお手入れがキライになってしまいます。

やり方が悪くて痛いのかもしれません。一度チェックしてもらいましょう。

どアップ

 

 

持った状態でパチリ。

あれ?シュナウザー?

 

 



chimagyoro222 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月13日

バードちゃんからのお手紙

先月パピーパーティーに参加していただいたバードちゃんから、メールをいただきました。

とてもとてもうれしかったので紹介しちゃいます。


コング作戦パピーパーティーの際は、大変お世話になりました。

先生に教えていただいたように、

コングにレバースプレー大作戦で

 

バードもお腹みせのポーズでじっとしていられるようになり…

目のまわりのお手入れも噛まれることなく、させてくれるようになりました☆


バードちゃん

今ではコングなしでも目のお手入れくらいなら、

動かずに気持ちよさそうにしてくれるようになりました☆


 

 

まだまだ他の犬が苦手のようで警戒吠え?をしてしまいます…
近所のしつけ教室に通いつつドッグランにも行くようにして…今週から保育園にも少し預けることになりました。
相変わらず怖がりです…。

ビジーバディーあと、パピーパーティーの際に購入させていただいたビジーバディー!
とっても活躍してくれています☆

ゴハンがなくなっても、くわえてクッションの上まで運んで落としたり、

手でチョイチョイしてみたり…本当に楽しそうに遊んでいます。

 

夢中です


写真も添付してみましたので、少し大きくなったバードを見てやって下さい。

ナイラボーンはまだその良さに気づいていないようで、ハウスに置き去りになってます★

本当にお世話になりました☆ありがとうございました!
遠かったけど行ってよかった〜と思っています。



バードちゃんは1時間くらいかかるところから来てくれたのですが、やはり小さいので通うのに楽なところの教室に通ってもらうことにしたんです。

そんなわけで、先月1回しかお会いしていないんですが、苦手だった目周りお手入れが、コングなしでも喜んでさせるようになったとは、とてもうれしいですね。

やはりお手入れが必須の子が、体を触らせないとなると、いろんな場面で大変になってきちゃいますので・・・・。よくがんばってくれたんですね。

 

ちょっと他の子が苦手で怖がりなようですが、ちょっとずつ慣らしていって欲しいですね。

飼い主さんががんばって教室やドッグランや保育園などにも通わせてくれるので、これから徐々に馴れてくれるんじゃないかなと思います。

バードちゃんのお姉さんは、とっても真面目にアドバイスを守ってくれています。

6ヶ月までの大切な時期に、関わることができて幸せだったと思います。

バードちゃん、バードママさんメールありがとうございました!



chimagyoro222 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年09月01日

目薬ささせて

つぶらべに

べにです。

目がつぶらで絵のようだといわれます。

 

二次元ぽいのかな?

 

今日もワンクリックで応援してくださいね。

 

ここ最近3頭くらい連続で

目を怪我した子が来ています。

 

ペキニーズのラッキー

シュナウザーのけんちゃん(なぎさんちの子です)

パグの梵天丸

 

みんな目に傷が。

 

どうしてなのか、理由は謎なんですが、

同じ病気って続くときは続くんですよね。

 

ところで、目の診察っておとなしい子じゃないとあぶなくてできません。

検査で怪我をさせたら大変ですし、

手や顔をかまれたら、こっちだって獣医師生命が危ういです。

指がなくなったら、日常生活にだってとても困ってしまいます。

 

マズルコントロールで怒られている子は、顔付近を触らせるのを

すごく嫌がることが多いです。

手が近づいてくると、「握られるものか!」って

やられる前に噛みついたりして防ごうとするんですね。

マズルをつかむのは、怒るときではなく、

体を触る練習の時に優しくさわってくださいね。

(参照:マズルコントロールについて)

 

顔を触らせない子は目薬も難しくなります。

目の病気って一日で急激に悪化することもあるので、

しっかり目薬を使えないととても困ってしまいます。

小さいコロから体に触る練習をしっかりして、

いざというときに治療をきちんと受けられる子にしてくださいね。

 

人気ブログランキング参加中です。よろしかったらワンクリックで応援してくださいね。

そういうわけで、現在小金井にはカラーをつけた犬が少なくとも3頭もうろうろしているということですね。

カラーをつけた犬は、固まってかわいいものです。

ムーンカラーは傷なめには効果的ですが、目を保護するという意味ではどうなんだろう?今のところは使ってないです。使えるとわんちゃんがとても楽なんですが。



chimagyoro222 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月19日

薬の飲ませ方

今日はべにはフィラリアのお薬を飲みました。

フィラリアの薬にもいろいろあって、

錠剤や粉薬 ジャーキーみたいなチュアブルタイプもありますね。

ちなみに今日べにが飲んだのは錠剤タイプ。

別に何でもよかったのですが、手近にあったので。

ついでに薬の飲ませ方をレクチャーしちゃいます。

用意するもの

べにろん

 

べに

 

薬と水

水(注射器に入れてみました)

 

チーズとかにくるんでごまかして食べさせるのもひとつなんですが、

もっとも確実に飲ませるのは

パコ

パコ

っと口をあけて

のどの奥に薬を入れて

 

すぐに口を閉じ

ちょっと上を向かせて

口の脇から注射器で水を飲ませてしまう。

飲んでなさそうだったらそのまま鼻に息を「ふー!」とかける

またはのどをコリコリとなでる

すると「ゴックン」と飲んでくれます。

以上。

 

うつつあまりに手早くて

なにが起こったのかよくわかりませんでした。

とちょっと夢うつつ気味。

 

 

でも褒められたので、まあいいやのべにさんです。

ちゃんと飲んだごほうびに、チキンペーストをもらって上機嫌です。

 

普段から、口をあけておやつを奥に放り込む練習をしておくのもいいでしょう。

薬が飲めないのは治療放棄と一緒です。

食欲がなくても、お薬単品でしっかり飲めるようになっておきましょうね。

人気ブログランキング参加中です。お役に立ちそうだったらポチっとワンクリックで応援してくださいね。



chimagyoro222 at 00:23|PermalinkComments(9)TrackBack(1)

2005年07月03日

抱っこに注意

ダメ抱っここんな抱っこ、してませんか?

 

こんな抱っこは危険です。

 

あばれられたときにふとした瞬間に落としてしまうこともあります。

暴れられても大丈夫な、しっかりとした抱っこをする習慣をつけましょう。

小さいうちから慣れておくと、とっても楽ですよ。

 抱っこ

 わんちゃんの正しい抱っこはこの形。

獣医もトリマーさんもこんな感じで抱っこします。

わんちゃんを小脇に抱えて、

 抱っこ詳細               腰で体を挟み込みます。

両前足の間に人差し指を入れて、

残りの指で前足をつかみます。

反対の手で顔を軽く支えて完了。

決して力づくで押さえ込んでいる訳ではありませんが、

暴れられても腕と腰で挟み込めば、しっかり保定できるのです。

この状態で、たくさんほめたり、ごほうびをあげたりして、

この抱っこに慣れてもらいましょう。

力を入れずにゆったりリラックスしてもらえるくらいまで、練習しましょう。

わちゃわちゃしているとき、パニックになっているときも

これでつかんで、落ち着くまで離さない。

力を緩めたら、ほめて、離してあげる

それだけで、興奮をコントロールできるようになりますよ。

是非是非、がんばってみてくださいね。

そして、大切なポイントが一つ。

もしリードをつけている状態でこの抱っこをするなら、

リードは首にかけましょう

リードがダラダラ下にたれている状態で、そのまま歩くと

場合によってはリードを踏んでしまって

「ぐいっ!」と首が引っ張られることがあります。注意しましょう。


人気ブログランキング 参加中です。

お役に立てたら1日1クリックよろしくお願いします。



chimagyoro222 at 16:40|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2005年06月26日

体をさわろう(2)

ひっくり返しはマスターできそうですか

ひっくり返すとパニックになっちゃう場合、いやがって本噛みする場合

うなる場合は自分だけでなんとかしようとせず、きちんと相談してくださいね

 

では体にさわる、の続きです

すぐにはなくならないしゃぶれるタイプ(コングレバーペーストジャーキーかじり系など)のおやつを用意します。

 

これらのおやつをちょっとずつ食べさせながら、

 

口、頭、耳、目、胸、肩、背中、お腹、足、指、しっぽなどの順に

 優しくさわっていきます さわる みみ

さわる はら

 

 

 

 

 

 

 

いやがるところは一度さわるのをやめて、おやつに夢中になってから

また徐々に嫌な場所に近づくようにさわるようにします。

とくにお耳、爪は嫌がる子が多いです。

 

体を触る事は大切なコミュニケーションで、健康チェックにもなります。

小さいうちから練習して、体を触られるのが大好きなわんちゃんにしましょう。

毎日ちょっとずつ、練習しましょう。

 


今日はパピーパーティーでした。

 

シャインみみさわるチワワのシャインちゃんも、最初はいやがってた耳いじりをコングチキンペーストのパワーで

やらせてくれるようになりました

今日の練習でみんな爪切りも耳掃除も大丈夫。

 

コングチキンペーストがびっくりする勢いで

売れていきました。

 

でも気をつけて。

コングレバーペーストもチキンペーストも、

上手に使えば万能の道具ですが、

時と場合を選ばないと、ただのデブの元

苦手なことだけに使ってくださいね。

 

人気ブログランキングブログランキング 参加中です。クリックよろしくお願いします。

続きを読む

chimagyoro222 at 21:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年06月25日

体をさわろう(1)

おうちで爪切り耳掃除歯磨きができたらいいですよね。

「オーナーさんにトリミングしてもらうのが、一番幸せ」とトリマーさんもいってました

まあ、カットまではむずかしいでしょうが、できるだけのケアはおうちでしてあげたいですよね

 

そのためには、どこでもさわれる子にしましょう 

体をさわる事は大切なコミュニケーションですし、健康チェックにもなります

オスワリ・お手ができなくても寿命には関係ありませんが、体を触らせてくれる処置が楽なわんちゃんと、触られるのが大嫌いな子では、間違いなく治療の「オプション」も変わってきます。

つまり、寿命だって変わる可能性があるのです

 

第一段階として、練習しやすいひっくり返しをマスターしましょう

まず飼い主さんはいすなどに座って、リラックスしましょう

コングにレバーペーストをつめたり、ジャーキーや豚革など時間を稼げるごほうびを用意します。

できるだけやさしくひっくり返してみます。

ひっくりかえしいやがらずにひっくり返させてくれたら

たくさん褒めてあげましょう。いやがるようなら、ごほうびで誘導してひっくり返します

 

 

 

 

もし、ひっくり返されたあと、「イヤイヤ」と暴れたり、鳴いたりしてしまったときは

軽くぎゅっと押さえます

 ぎゅ

「あら嫌なのね〜」と離してしまうと、「イヤイヤ」すれば離してもらえるとすぐ覚えちゃいます

力を抜いたり、泣きやんだら褒めてあげて、すかさずごほうびをあげましょう。

 

 

 

このくらいばんざいあかりリラックスできるといいですね。

 

テレビを見ながらなど、気軽にちょっとずつ、練習してみてくださいね。

 

 

 

*あまりにもいやがってパニックになっちゃう子は無理強いせずに、ちょっとずつを心がけてください。特に柴ちゃんや日本犬はひっくりかえしをすごく嫌がる子が多いです。そういう子は、立った状態で練習してあげてください。

 

協力してくれたのは、あいちゃんとあかりちゃん。
あいちゃんはもうすぐ2ヶ月。
スタッフがよってたかってしつけようとしていますが、
パパは甘やかしています。
どーなることやら。
わんこのしつけは飼い主さん次第ですからね。
続きを読む

chimagyoro222 at 07:42|PermalinkComments(2)TrackBack(2)