最近、本

先日、図書館で美味しそうな本を発見。
 
あんこ読本 あんこなしでは生きられない

インパクトのある表紙、そしてサブタイトルの
「あんこなしでは生きられない」に、おぉっと。

そんな人、知ってるー。
それはうちの夫
ぜひ借りていってあげようと。

お店の紹介も参考になるし
読んで(案の定)ますます食べたくなったようでした。

ちなみに今、私はこれにハマっています。

きょうの猫村さん 1 (マガジンハウス文庫)

猫の家政婦さんの猫村さん。
素直で、勤勉で、友好的で、ちょっとお節介。
猫村さんの言葉が、
周りの人が色々考えるきっかけきなったりして。 

かわいらしい猫村さんのファンになっちゃいました。

猫村さんが作ってくれるおやつ
(あげパンの耳、ホットケーキ)とか、
ネコムライス食べてみたいなー


るかchimahowan  at 09:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!   

敏感すぎる人が快適に生きる本

苑田さんの本、第2弾が発売されました。


いつも苑田さんのブログを拝見していて
(そちらでの名前はクチャさん)
今回の本の発売を楽しみにしていました。
 
小さな出版社さんから発売ということで
amazon等では売っていない、HPからの通販だけですが
速攻ポチッとしました

表紙の「あなたは「炭鉱のカナリア」かもしれません。」
の文字にウルウル

普段の暮らしの中でことあるごとに
私ってカナリアだよなぁ…って思ってたので。
真っ先に反応、些細な事でも反応

HSP、エンパスの人って、本当そうだなぁって。

この本が多くの方の助けになりますように
書いてくれた苑田さんにも、たくさん恩恵がありますように

HSP、エンパスの方で気になった方はぜひ

1冊目 敏感すぎて困っている自分の対処法
amazonでも売っているし図書館にもあると思うので
そちらもおすすめです。


るかchimahowan  at 09:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!   

さんまマラソン 3

さんまをいただき一息していると
もう10kmの先頭ランナーさんが帰ってくると。早い
スタートから30分ちょっとですよ。

「応援の皆様スタンバイお願いします」
的なアナウンスで、おぉ、私の出番ねと。
会場側の沿道で応援しました。

そうこうしていると、夫が帰ってきました。
声援を送って、ゴール後の場所へ移動。
無事に会えました。

ゴール後は、
スポーツ飲料と水(各500mlのペットボトル)。
バナナ。ミニトマトが貰えました。(夫)
あとタイムが入った完走証も。 

ランナーさんはアンケートに答えると
お菓子をひとつ貰えました。

その後夫はさんまの列に並び…
10分待ちです!と言われていましたが
5分もせずにいただけました。

ハーフでも結構早くゴールできたので
まだそんなに並んではいなかったのかな。

さんまの焼け具合で待つこともあるので
なんとも言えませんが。

無料さんまの近くで、
200円でさんま掴み取りをしていましたよ。

水槽のような大きな入れ物の中に両手を入れて
ガサーッとさんまをすくい上げるのです。
たぶん、氷水の中にさんまがたくさん入っているのだと思います。

ツワモノ男性が12匹すくっていました(スゴイ
次の女性は5匹くらいだったかな?

2匹取れたら元取れるよねって夫と話したので
お得なのだと思います。

荷物を引き換え、着替え
イオン行きのバスに乗って帰りました。
こちらも行きと同じ、スムーズに次々とバスは来ていましたよ。


終始思っていたこと…
こんなにのんびりした大会初めてだなって。
夫もそう言っていました。
大きな大会ではないようなので、こんな感じなのでしょうか。

せかせかしていなくて、ゆとりがあってよかったです

折り返し地点に行けなかったのだけ残念でしたが
楽しかったです
また行きたいなって思いました。


るかchimahowan  at 09:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 行きます・行ってきました | マラソン応援 

さんまマラソン 2

スタート順はその場の自己申告制です

ハーフの場合ですが
「1時間15分~1時間30分」など
完走タイムを書いたプラカードを係の人が持っているので
自分の予想タイムのところに並ぶのです。

その横にはすぐ簡易トイレがずらっと。
いつでも(?)すぐトイレに行ける安心感があります(笑)
スタート15分前でも、そんなに混んでいませんでしたし。

10分前くらいになって、応援の私は体育館の方の道へ移動。
スタートしてそこで夫が通るまで応援しました。

体育館の右横の方を抜け、無料バスで銚子駅まで行き
折り返し地点で応援しようと思っていたので
無料バス乗り場に行ったら…

「なんだかトラブルがあったようで
バスは2時間半後まで来ません。
イオン行きも、駅行きも来ません」と係の人が。

えーーー。ショック
銚子駅~折り返し地点までの地図を印刷して
ここにいるねって打ち合わせしたのに。

トラブルとは言っていましたが、今回だけなのか
もともと行き帰りの選手を乗せるためだけで
毎年のことなのか、分かりません。

この大会は初めてでしたし、詳しく突っ込んで聞かなかったので。
係の人も分かってなさそうでしたし
あ、対応は丁寧でしたよ。

ということで、会場近くに戻り
10時スタートの10kmのランナーさんを応援することに。

会場では太鼓の応援がありましたが、
一般の応援の方は少なめ。
鳴り物を持った応援の人も見かけなかったな。
ポンポンを持ったお子様とかは見かけましたが。

周りに人がいないところに立って
お手製応援うちわと鈴を鳴らして声援を送りました

応援するの、好きなんですよね~。
私は走ろうって思えないので、ランナーさんは凄いなって。
目の前で頑張っている人を応援せずにはいられません(笑)

この日は天気が良く暑く、日よけ帽子必須でした。

ランナーさんがいなくなり、応援は終了。

会場で無料の焼きさんまが振るわれていたので
紙皿と割りばしをテント下でもらって
さんまをいただくことに。
SN3N01670001

ランナーさんのみの特典なのかな?と思っていましたが
誰でも貰えるそうで嬉しかったです。
大根おろしもいただけましたよ。
新鮮で美味しかった~。

つづく


るかchimahowan  at 09:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 行きます・行ってきました | マラソン応援 

さんまマラソン 1

さんまマラソンに(夫が)参加、私も応援に行きました
正式名称は銚子半島ハーフマラソン。

HPの更新がほぼなくて
欲しい情報が手に入らなかったので、
来年以降ネット検索する人や自分の備忘録に書いておきます。

ランナーじゃないのでコースのことは書けませんが

早朝~車で移動。
提携駐車場のイオン銚子で車を停め
(7時半~8時前くらい?)
会場までの無料送迎バスに乗りかえます。

まだ早かったのか、屋上駐車場に停められました。
ここからだと送迎バス乗り場までそんなに遠くないです。

イオン銚子は9時オープンなので、
こちらでは店内に入れず(店内トイレは借りられず)でしたが
無料送迎バス乗り場に4つ簡易トイレがありました。

バスは普通の市バスと観光バスの2タイプ。
どちらになるかは運です。
バスは続々とやってきたので安心でした。

送迎バスで会場までは地図によると6km。時間は7分くらい?
結構早く着きました。

バス乗り場から会場まで歩いて5分くらい。
わりと近いです。

会場と荷物預かり所がちょっと離れています。
預かり所は、千葉科学大学内体育館です。

先に会場に行って参加賞を引き換えました。

会場内物販は少なめ。
ランニング用品などを売っているお店は1件だったかな。
あとは飲食系のお店が10件くらい?

テーブルと椅子も少ないです。
レジャーシートがあると安心かも。

その後のんびりと開会式を見て荷物を預けました。
SN3N01660002

荷物はビニール袋を渡されるので、そこに入れて
名前とゼッケン番号入りの荷物札
(あらかじめ送られてきたもの)を括り付け、
係の人に預けます。

トイレは荷物預かり所内(体育館)にありますが、長蛇の列。
女子用は個室3~4つ。

会場に行って、簡易トイレ(こちらは数十個)
に入った方が断然早いです。

会場では、スタート前のランナーさんたちに
紙コップでスポーツ飲料を配っていました。

つづく


るかchimahowan  at 09:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 行きます・行ってきました | マラソン応援