月夜のおっちゃん

若狭北陸方面でキスやカレイ狙いの投げ釣りをやっとります。宴と釣りとワクワクすることが大好きなおっちゃんのログです。

前回の大型キスに魅せられて

相棒といっしょに小浜湾の浅場に又来てしまいました。

先日の大雨も若狭方面では

ほとんど影響なかったみたいなのですが

南東の強風が吹いたせいか

海の中も魚も前回と雰囲気ががらっと変わっておりました。


IMG_2522(480x360)


いつものように

相棒の隣で竿だししますが

今日の海の中はキスがおりません。


釣り始めて早々はかすかですが

潮目もでき

サメやアナゴやエサ取り等で

にぎやかだったのですが

今日はいつもの距離にはキスおりません。

ズルズル引いてきても

藻やゴミがまったくかかりません。


底に沈んでいた藻の山脈もどこかに行ってしまったようで

これではキスが隠れるところがありません。


日が変わる寸前に

斜めに投げていた竿のドラグが2秒ほどなりました、

少し様子を伺うも

なにも変化がありませんので巻き始めますと

ラインが横に走りまして

なんとか取り込んだのが

FullSizeRender (480x360)

お刺身サイズのこ奴。

久しぶりのまともなサイズの黒鯛。


写真を撮っておりますと

もう一本の竿のドラグがなりまして

24cm足らずのキス。

潮が動き始めたのかな

と、相棒共々打ち返すのですが

海はそのまんま。


日付けが変わっても

なんも変化もなく

満潮の30分前くらいに

本日、最長寸の25cm少々のキスを頭に

パラパラと釣ったところで

エサ切れ納竿。

今日は遠目のポイントにしかキスはおらず

相棒は小ぶりのキスしか釣れませんでした。



【本日の釣果】

相棒と二人分

IMG_2579 (480x360)

IMG_2578 (480x360)


キス5匹 (  ~25cm) 320g 

【2017年度合計】773匹 25777g

【10匹重量】 ワテ 863g 0508岡津鯉川

【尺アップ】 ワテ 30cm 0508小浜
           相棒 30cm 0511小浜

相棒といっしょに夜釣りに行ってまいりました。

本日は日が変わる頃に現地到着。

日中まではキツイ北よりの風だったはずですが

北西からの心地よい風となっております。

ウネリは少し残っていますが

いい感じの海です。


となりの相棒とほぼ同時に投擲。

2本目の竿の仕掛けを落ち着かせようとしておりましたら

1本目の竿にアタリ。

巻き上げますと20cm少々のキス。

夜釣りでは不満ですが

まあ、釣れればいいかな。


隣の相棒も怪しげな動きをしており

様子を伺っておりますと

相棒が呼んでおります。



行ってみますと、

IMG_2536 (480x360)

IMG_2534 (480x360)

丸々太った大型のキス。

2投目の竿にきたとのコト。


1投目の竿も竿尻が浮いて

竿立てにブラブラ状態になったものの

針掛かりせず。

こちらはドラグなしのリールだったので

あかんかったみたいです。



いきなりの地合いで釣りが始まったのですが

IMG_2537 (480x360)

その後は良型もふくんでツ抜けしたところで

地合い終了。


相棒の方は小ぶりなキスだけ。


潮が止まったのか

ヒトデの連、連。

バイ貝も釣れだし


手返しの効率めちゃ悪し。


その後は


忘れた頃にポツリポツリと釣れるものの

最初のようなラッシュはなし。

比較的遠目のポイントだと型もましですが


手前だと

日中釣れるような小ぶりなキスばかり。





夜明け前の一時、

車で一旦仮眠。

釣りを再開するも

夜明けとともに流藻がやってきて

底藻もひどく釣りになりません。


前回のように朝の地合いの

プチ爆を期待しておりましたが

あきらめて

今日はポイントの釣査をすることにしました。


まずは新港。

1匹20cmほどのキスが釣れたものの

他には釣れず。

IMG_2538 (480x360)

こんなものも来ましたが

好調だったキスはどこに行ったのでしょう?

相棒は小ぶりなキスだけ。


堀屋敷裏の砂浜。

4色以上、及び波打ち際で小ぶりなキス。

突堤はなにも釣れませんでした。



仏谷のこじんまりした砂浜。

波打ち際にて小ぶりなキス。





今日は時間がないので9時過ぎに納竿。


夏の暑さはないものの

釣れる感じは真夏っぽいです。


例年だと明るくなっても

まだまだ良型も混じるのですが

今シーズンはあきませんねぇ。







【本日の釣果】

相棒と二人分

IMG_2544 (480x360)

IMG_2543 (480x360)


キス36匹 (  ~28cm) 1272g 

【2017年度合計】768匹 25457g

【10匹重量】 ワテ 863g 0508岡津鯉川

【尺アップ】 ワテ 30cm 0508小浜
           相棒 30cm 0511小浜

相棒と一緒に夜釣りに行ってまいりました。


まずは、

若狭町の様子を伺いに。


今シーズンの初回は良型が釣れましたが

2回目は撃沈。

3回目の今回。

これだけ通えば

今シーズンの様子も分かるかもしれません。


暗くなりきってから釣りを開始しましたが

竿2本出したところで

海の中が変な感じです。

かかる筈のないところに何かあります。


最初の仕掛けはあおると抜けてきましたが

2回目からは上がってきません。

方向を変え、

色々探りましても

大型キスが狙える方向は

途中で根掛かり。


どうやら

刺し網っぽいのが仕掛けてあるようです。


一方向だけ

大型キスの実績があって投げれる箇所がありましたので

竿1本でそちらを攻め、

後1本で近場を狙います。


でも、


釣れるのは

フグとヘビのみ。

キスっぽい雰囲気は皆無なのと

本命ポイントを攻められないので

2時間ほどでギブアップ。


相棒のほうも魚の雰囲気がまったくしないということなので

ポイントを移動することにしました。


行き先はもちろん小浜湾内の浅場。



夜半頃から竿を出しましたが

今日は魚の雰囲気がさっぱりありません。


山からは月がでてまいりまして

IMG_2460 (480x360)

久しぶりに月夜のおっちゃんです。



干潮までに、小ぶりなキスが1匹。

相棒の様子を見に行きますと

20cm足らずのキス1匹。


その後も、

サメが釣れたり

フグが釣れたりしますが

潮目ができない海では

魚は釣れません。


そんな中、

エサを付けて

投げ終わったときに

鼻につく例のあの臭い。


手をかぎますと

紛れもなくカルキ臭。


ヒィエーー

カルキスだぁ!


って、

キスを釣ったのはだいぶ前の事。

それに1匹だけ。


まさか、エサの臭いかも。

今しがた使ったエサの残りをかぎますと

強烈なカルキ臭。


原因はこれでした。


以前から暖かくなりますと

たま~に臭かったりすることもありましたが

これだけキツイのは初めて。


キス以外にもカルチャリとかも居たりしますので

やはり鼻の効くときに釣りに行かねば。



幸いなことに

他のエサは大丈夫で

コレ1匹だけでした。



干潮前後の絶好の地合いも何事もなし。


その後も食える魚の気配なし。


潮が動き出すのは夜明けからと

決め付けて

しばらく車で仮眠することにしました。




車の中でアラームがなりますと

相棒はさっさと釣り場に向かいましたが

ワテの方は体が動かず

結局そのまま寝てしまい

目が覚めたのは夜が明けきった5時過ぎ。


これはイカンと

釣り座に戻りますと

相棒は黙々と打ち返しております。


今しがた、ようやく20cm足らずを追加したとか。


寝てて正解やったみたい。



自分の釣り座に戻り

エサを付け直しますと

遠めに投げた竿に

20cm前後のキスがポツポツ釣れ始めました。

手前へ投げてる竿には小ぶりなキスばかり。


IMG_2477 (360x480)

日がさし始めますと

キスの活性があがったのか

IMG_2469 (480x360)

IMG_2470 (480x360)

良型のキスも姿を見せ


一時プチ爆となり

良型ダブルも。


目の覚めるようなドラグ音が1回ありましたが

早合わせしまったようで

エサの先っちょだけ取られてしまいました。


その後も


IMG_2473 (480x360)

ポツポツ釣れ続き

8時半納竿してみれば

結構な量となっておりました。


今回は遠目のポイントに良型が居たようで

相棒の方は小ぶりなキスばかりでしたが

結局釣れたのは明けてから。


こんなことなら

早朝からの釣りにすれば良かったかな。


今回はたいへん涼しかったので

そんなこといえますが

これからは、

やはり夜釣りでしょうか。











【本日の釣果】

相棒と二人分

IMG_2480 (480x360)

IMG_2478 (480x360)

IMG_2479 (480x360)

キス48匹 (  ~25cm) 832+911=1743g 

【2017年度合計】732匹 24185g

【10匹重量】 ワテ 863g 0508岡津鯉川

【尺アップ】 ワテ 30cm 0508小浜
           相棒 30cm 0511小浜

↑このページのトップヘ