2007年07月

2007年07月31日

良品工房いいもの中継

makikoです。

今日はいよいよ「いいものプロジェクト」のモニタリング中継。
いいもの3品今回のモニター品はこの3品。
(資)丸新醤油醸造元 マルシンだしぽん

(有)はなのみ    フルーツソース いちご&レモン

(有)穂高村     いよかんドレッシング
クールのヤマト便で届きましたよ。
毎回封をあける時はワクワク〜♪というかんじ。

どんなものに出会えるかな??という期待と、うーーんどうやって食べたりしようとちょっと悩んだり。今回の3品はわりと定番品なのである意味難しいかも!!

というのも食べたことのないものだと「おいしい」、「あまり好みではない」とはっきり意見がいえるのだけど調味料系とかはちょっとの違いのこともあるし、おいしくても使う用途が限られると今度また買いたいって評価も迷ってしまうし。

さて今回はどんな感想になるかな?


2007年07月29日

柳川のせいろ蒸し鰻

makikoです。

若松や九州は毎日真夏日が続いてますよ。
今日30日は「土用の丑の日」。熱いこの季節鰻を食べてせいをつける。。。ということで、一足早く先週末に柳川の鰻を食べに行ってきました!!

柳川は城下町の風情を残す水郷の街。鰻料理が多く立ち並ぶ中で、古くからある「若松屋」に行ってきました。手前の店は新館で左側の小道を入ったところが奥座敷。建物は確かに古く中庭を囲むように廊下が続き迷路のような店内でした。
骨せんべい早速柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」を注文。鰻はちょっと時間がかかるので、その前につまみの定番「骨せんべい」。
カリカリに揚げた骨に塩がパラリとかかり、ポリポリいくらでも入ってしまいますね。
これにはビールを飲みたいところですが車だからがまんがまん。

せいろ蒸しこちらが名物せいろ蒸し(上)2100円。これは一度焼いた鰻をタレを混ぜたご飯の上にのせ、そのまま蒸しあげるというもの。
関東では白いご飯に蒲焼がのっているのが当たり前だったのですが九州で鰻を食べるとたいていこの「せいろ蒸し」なので、こちらのほうがすっかり慣れてしまいました。

ご飯にほどよくタレがなじんでいて、器ごと蒸しているので鰻はふっくら、最後までご飯もアツアツです。
ふうふういいながら焦げ目のついた香ばしい鰻をほうばると 「あ〜幸せ!!」
昔はそんなに鰻は好きではなかったけれど年齢とともに好きになっている気がするのは歳(?!)のせいかしらん??

そして毎回おもしろいなあと思うのは鰻の上、とか並とかいうのは鰻の量の違いなんですねぇ〜
ついつい”上”の鰻のほうがふっくら?!と思って注文してしまうのですが量が多いだけで鰻の質は同じらしいですね。今回私は並にしましたが十分満足!
ひまわりお腹もいっぱいになった後はお決まりの「川下り」をし(炎天下の中かなり暑かった〜)北原白秋記念館を覗いて帰りましたよ。

帰り際に「ひまわり畑」をのぞき、いよいよ夏本番!と感じた一日でした。





2007年07月26日

良品工房いいもの中継

makikoです。

以前横浜に住んでいた時にお世話になった会社から楽しい依頼がきました。
今日はその予告です。

白田さんという素敵な女性社長が主婦の立場から立ち上げた会社、その名も有限会社良品工房

詳しいことはHPを見ていただくとして
地方などの小さい生産者の方がこころをこめて作った「いいもの」(もちろん食品です)をスーパーやデパートなどの流通を通して私たちに届ける橋渡しをしている会社です。

そしてこの会社の特徴がモニター制度。
なんとモニターする側がお金を払い(郵送代程度の月500円ですけどね)登録。
送ってくる商品(食品)を使って、食べて感想を寄せ、8割の人が”自腹(ここがポイントですね)を切ってでももう一度買いたいか?”という判断を得られたものだけが「いいもの」に認定され、良品工房を通じて全国に販売されるという仕組み。

自分の意見が反映されるのも嬉しいし、どんなものが毎回届くかも楽しみ!

そして今回はこのモニターの様子をブログで写真つきで公開!!というわけなんです。
いよいよ明日からです。
お楽しみに〜





2007年07月14日

手作りブルーベリージャム

Makikoです。
煮詰め前摘んだ翌日にブルーベリーのジャムを作ってみました!
やはり手作りはフレッシュでおいしい〜
毎朝トーストにつけたり、ヨーグルトにかけたりと幸せな気分を味わっています。

<作り方>
1.ブルーベリーは直前にさっと洗い鍋にいれる。

2.ブルーベリーの重量の半分〜1/3の量の砂糖をブルーベリーの上から入れる。
  一時間ほどそのままにして水分がでてくるのを待つ。

3.砂糖とブルーベリーが馴染んだら火をつけ、煮立ってきたら丁寧にアクをすくう。弱火にして焦げないようにかき混ぜながら5、6分ほどして好みの固さにの手前で火をとめる。
レモン汁大さじ1を加えてひとまぜし、粗熱をとり、煮沸した瓶につめてできあがり。

ブルーベリーは通常の果物より固まりやすいので、あまり煮詰めすぎないことがポイントです。
果実と砂糖とレモン汁だけの純粋なジャムが簡単にできますよ。
私は蜂蜜の入っていた大瓶いっぱいにできました。約450gくらいかな?

新鮮なフルーツがたくさん手に入った時、ちょっとジャムをにするとまた違った楽しみ方ができ食卓が豊かになります。ぜひみなさんも作ってみてくださいね

★★以前のブログ「仕事のあとの晩ごはん」★★

http://blog.livedoor.jp/recipe_3/

こちらのレシピもよければ見てくださいね


2007年07月07日

平尾台のブルーベリー

Makikoです。九州地方は局地的な雨に降られ、なかなか憂鬱な天気が続いてます。
お洗濯ができないのが悩みかなあ。。。

さてそんな天気の合間をぬって北九州市の平尾台自然の郷に遊びに行ってきました。
平尾台ここ平尾台は標高300〜700m、南北6Km東西2Kmの日本でも有数のカルスト台地なのです。
緑の大地のところに石灰岩の大きな岩が顔を覗かせていてその様が羊の群れにみえるので羊郡原と呼ばれるそうです。
山口県の秋吉台の鍾乳洞の上の原っぱも同じような感じですよね。
ここ全体が国の指定天然記念物となっているそうですよ。

そしてこの平尾台に4年前に「平尾台自然の郷」がオープンし、農産物や工芸品を販売する店や、地元の新鮮な食材を提供するレストラン、陶芸や彫刻の体験ができる工房などがあります。広い芝生広場、野外コンサートができるステージ、滑り台などの遊具もあり子連れでも楽しくすごせます。
そしてここでブルーベリー摘みができるというので行ってきました。
実6月の最後の週末にブルーベリー祭りというイベントがあり、その日から七月いっぱいは摘むことができるそうです。
6種類のブルーベリーが植えてあり、収穫時期が多岐に渡り長く摘むことが出来るよう工夫されているとか。
行った日は黒く熟れた実のなり方がちょっと少なかったのが残念。でも30分間200g入りのパックに摘みほうだい、食べ放題。
せっせと手も口も動かし楽しめました。無農薬で育てているそうで摘んでいる時はブルーベリーの木にカナブンがたくさんいてビックリしましたよ。でもそのまま食べても安心ですね!
ブルーベリー収穫はこんなにありました!家に帰って測ったらなんと二人分で500g以上あったので十分摘んでますね(笑)

ちょっと甘酸っぱいブルーベリーを楽しめて満足の一日でした。
フレッシュなブルーベリーを味わって、残りはジャムを作りましたよ。その続きはまた次回アップしますね。


chimera_k at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!食レポ | Makiko

2007年07月02日

なつかしの大宮

makikoです。なんかブログの更新がとまっていましたね。
帰省してバタバタしていたのでなかなか時間がとれませんでしたよ。待っていてくださったみなさん、ごめんなさい。

ところで今日7月2日は半夏生(はんげしょう)の日。タコを食べる習慣があるんですよ!知っていましたか?
よければ以前のブログにのせたタコとセロリのマリネのレシピを参考にしてみてくださいね。

店正面さて今日はまた帰省時の話。
今回の帰省は息子も11ヶ月になり、かなり連れて動くことができました。
電車で友人の新居(なんとご夫婦お二人の設計です)に遊びに行き、途中埼玉県大宮駅の構内にあるecute(エキュート)という「駅中(エキナカ)」にあるお店を覗いてきましたよ。

ここ希須林(キスリン)は中華惣菜のお店。
レストランで人気だった希須林がecuteが2年前にオープンした時にお惣菜のテイクアウトに初出店したのです。実はこのお店の立ち上げに仕事で携わったのですが、なつかしいなあ〜

商品1残念ながら当時の店長さんを初めスタッフさんは入れ替わってしまってたのですが、おいしいお惣菜は変わらずにありました。
フードコーディネーターという職業柄、お惣菜の裏事情(?!)なども知ってしまいますがこのお店は一から本当に丁寧に作っているのです。
(カット野菜を使ったり、別のところで作ってもってくる店も多いけれど、ここはすぐ裏の厨房でもちろんすべて手作りです)
商品2彩りも綺麗に並べられたお惣菜。レストランで腕を振るっていたコックさんがちゃんと作っています。
忙しい時に乗り換えの駅で本格的な中華料理が買って帰れるなんていいですよね〜
名物「エビマヨ」なんてプリプリで本当においしいっっ
以前「ハナマル」で取り上げられたこともあるんですよ。

ecute(エキュート)にはもちろんこのお店だけでなく和・洋・中のお惣菜、パン、スイーツとなんでも買えるんです。今後このような「エキナカ」が首都圏では増えていくようですよ。
みなさんも機会があればぜひ覗いてみてくださいね