良品工房 いいものモニタリング中継はこちら!

2008年02月12日

良品工房いいもの中継

今年は2月になって雪が降ることが多いですね。
寒いのは苦手なんです。。。

4品今回のモニタリングはちょうどお味噌もドレッシングも切れ掛かっていたので、助かる商品でした!(こんなのでいのかな?)
まず 無添加14割味噌 (株)丸高蔵  300g462円。
小さいパッケージなので家族向きには小さいけれど1人暮らしにはこの大きさがいいですね。いわゆる信州味噌でやわらかい黄土色の味噌です。
私はこの前まで自家製の味噌を食べていたのですが麹の割合によるのか割と赤っぽい赤味噌みたいでした。なので、このお味噌はとても甘くまろやかに感じました。

説明によると一般の信州味噌はが糀歩合6、7割のところを糀歩合14割で使っているので『14割味噌』とのこと。甘い味が大根や白菜にあうかんじです。
でも”無添加”と書いてあるのはどうだろう?
それだけこだわりを持ってますということで書いてあるのかもしれませんがなんか気になります。(味噌はもともと発酵食品で保存にたけているのだから無添加で当たり前と考えます)。
でも総合的に私は好きな味でまた買いたいですね。
焼き大根そして伊吹大根おろしドレッシング
300mlで504円 (有)伊吹旬彩。

ちょうど大根のおいしい季節。ちょっとわかりにくいですが輪切りにした大根を無水鍋で両面を焼いてからドレッシングをかけてみました。
大根にさらに大根というわけです。

味はあっさり。ノンオイル?
まあいわゆる和風で可もなく不可でもなく。
こういうのは特産品としてお土産なら買うかもですが1本500円はけっこういい値段。
福岡の店から発売されたピエトロドレッシング(一時期はやりました)でも1本400円くらいかな。すごい特徴ある味というわけではないので、ちょっと高いかな?というかんじです。

chimera_k at 23:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年02月03日

良品工房いいもの中継

去年頻繁にのせたいいものモニタリング。
一応半年の期間は終わったのですが、おもしろかったので今年も更新して続けることにしましたよ。
地方にいても、専業主婦であってもこういうモニターに参加できるのはありがたいことですものね。
いいもの今回の商品はこの4品。
なかなかおもしろい組み合わせかな?

まずは右手前の『砂コーヒー』
(有)ふくべむら特産品本舗。150グラムで609円。
その変わった名前からなんだろう?ってかんじなんだけど鳥取砂丘の砂を使った特産品でした。

砂丘の砂とコーヒー豆250度の高温焙煎するらしいのですが、砂を入れることで遠赤外線効果でおいしく仕上がっているそうです。粒はちょっと粗めの挽き方です。これも砂を意識しているのかな?(考えすぎ??)
フムフム、ウンチクを読みながら飲むといい香り。
何故か飲みながら鳥取砂丘の情景が浮かぶから不思議ですね。。。
コーヒーはたとえばブルーマウンテンのように味も値段もしっかり違いがわかるものは別として、ブレンドになっているものは違いが感じにくいのが実情だと思います。
そう思うと優劣つけがたいというか、普通においしいですね。
値段もまあまあというところで、鳥取砂丘のお土産としてはぴったりで買いたいと思います!

黒酢こちらは赤紫蘇黒酢500ミリ 1575円。大分商工会議所 大南支所。

液体の色はほんのり赤色。グラスに入れると軽いロゼワインのような明るいかんじ。3〜5倍に薄めて飲みます。
最近”スムリエ”がいる店がふえたり、健康志向も手伝ってお酢が人気です。
さてこれはどうでしょう。。。

残念ながら紫蘇の香りが強く、酢の味が薄く物足りません。
一口飲んで水戸の銘菓の”梅しそ巻き”の味を思い浮かべてしまいました。
紫蘇の葉で白あん包んだお菓子があるのですがその香りかな。
酢と思って飲むとなんかちょっと違うかも。。。。
ちょっと私には物足りない一品でした。お酢が苦手な人には逆に飲みやすいかもしれません。

3品目のゆず茶『ゆずっこ』(有)ホープライフ480g 1450円。
ゆず茶は好きで、冬の風邪が流行る時期によく飲んだりします。
パッケージに”九州名産”とありますが大分県のものでした。確かに大分は柚子がよくとれ料理になんにでもいれるといいますが、そんな特産品を使って作っているのはいいですね〜
柚子茶というと韓国のものが多い気がしてたのですが、国産があるならこれにしたいですね
あじつみれそしてあじつみれ汁  (株)出雲大社食品 420g 399円。

みなさん。この鍋に入ったかんじはどう思いますか?
なんか3つってさみしいかも。。。。
日本古来の慣例でいくとこういう時の数は奇数と決まっていてい3個もしく5個入りですよね。。。
でもどうなんだろう。二人暮らしであれば3個はケンカ?になるし2袋買って6個も多いし。
いっつも3個入りをみると悩んでしまいます。公平に4個いりがいいな〜

その数には不満ですがこの出雲大社食品さんの練り物は意外においしい!
ちゃんとアジのお味がしっかりしていて、かといって練り物にありがちな変なやわらかさはなくって適度な歯ごたえ。
このまま大根と一緒に煮たらおいしかったです。
おつゆもそのまま使えるという点は○。ただパッケージも地味だし最初に手をのばすかというと疑問?
一度食べてみておいしい味を知ったならリピーターになってもいいかも。
そんなかんじです。


chimera_k at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月29日

良品工房いいもの中継

新3品最近はモニターが続きます。11月は2回目ですねモニターがあると目先が変わって嬉しいのですが今回届いたのはこの3品。

最近少量のモニターが多いのは登録会員がふえたせいかな?モニターによって我が家の晩ごはんは影響されるので来るものが何かワクワクドキドキです。

お茶2まず一品目はお茶で有名な静岡県の誅妥陳梗商店の緑茶ティーバッグ。2g入りのパックが20個入りで525円。

最近流行の三角パックのところがいいですね。(紅茶も私はリプトンの三角リーフパックを愛用してます。よくお茶が出ますよね)。余分な個包装もなく、袋の口がジップになっていて使いやすい工夫があるし◎

日本茶のパックはなんとなくホテルや旅館にある一個づつのがメインと思っていたけどこういう日常使い用があるんですね。急須だと洗うのが面倒(笑)で、つい紅茶になってしまっていた私には嬉しい一品。朝の忙しい時にもいいですね。
茶葉は細かく大丈夫?と思うけれどティーバックの目がとても細かく出ることもないし、逆にしっかりお茶がでるかんじ。

私がこういうので好きなのは祇園辻利のほうじ茶パック。以前お土産でいただいて香りがよくてお気に入りになりました。これはおしゃれな缶入りのためか?7パックで630円とは考えたら高いですね〜

ごまだしうどん次は訛臚島のごまだしうどんの素です。
瓶入りで150g525円。
私の住む福岡県は大分の隣なので、このようなごまだしも気軽に手に入ります。大分県佐伯市は海が近くその漁師の家につたわる郷土料理です。
忙しいときにもお湯にとくだけで簡単にうどんのつゆができてしまうすぐれもの。

今回はうどんのつゆにしたり、濃い目にといて素麺のつけだれにしたり、味噌汁の隠し味にも入れてみました。1歳4ヶ月の息子がとっても気に入りごまだしが入った味噌汁や煮物をパクパク食べてくれるので『やはり本物のダシの味は違うなあ』と改めて思いました。

魚を焼いてすりおろし、ゴマや味噌、みりん、砂糖などで調理してありそれぞれの家庭の味があるのですが今回のは私が以前もらったものより濃くできているので自分で濃さを調整すればよく便利でした。お酒のつまみにもいいかんじ?!
宮崎の冷や汁も魚のすり身をだし汁でのばしてありますが、さすが九州。魚料理が根付いているのだなと思います。

豆乳うどん最後は蠅呂蠅泙笋瞭ζ入りうどんこんにゃく(めんつゆ付き)一人前130gで128円。
見た目は細めのうどんのようですが。。。湯がいて食べると書いてありますが茹でてもやはりこんやくですね〜(笑)。
こんにゃくの匂いがどうしても残るし、見た目は白くても豆乳の味がするわけでもないし、、、、。しいていえばローカロリーかな。ついているつゆも少量で物足りないです。
ダイエット食にはいいかもしれないけれど、みかけがうどんなのでつい味やコシを期待してしまい、そのわりには物足りないというなんとも残念な感じです。

今回は2品は私にとって『いいもの!』という認定でした。

chimera_k at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月14日

良品工房いいもの中継

最近はいいものモニターが続きます。
本当は個人的な食べ歩きもアップしたいのですがなかなか時間がとれない!!

さて今回は4品届きましたよ。
カツオの塩辛鰹塩辛(40g)680円  
(株)こうち暮らしの楽校

届いた時ビンの大きさを見て「ちょっと小さいぞーー」と思いました。
私は実は(?!)大の日本酒好きなのでこういう酒のつまみは大好き。
喜んでさっそく晩酌のお供にしましたよ。
私は”道の駅”とかで手作りのイカやタコの塩辛を買うのですが”カツオ”は初めて。高知県はいってみたいところですね。
さて食べた感想は、、、いわゆる昔の塩辛みたいに塩がきついっっ。
まあ日持ちさせるにはこの塩分濃度が必要なんだろうけど。そしてカツオの味というか臭みがちょっときついかも。
うーーん。お酒にあわせてもなかなか大人の味で私にはちょっときついかなあ。
ちなみにこのグラスは素敵でしょう♪山口県萩市で作られている「内ヒビガラス」のグラスです。このガラスの内側に細かくヒビが入ったようなかんじのものは国内でここだけしかないそうです。私は以前に萩を訪れた時に一目で気に入って購入したものです。

くま笹2品目はめずらしく清涼飲料水。
熊笹の露(300ml)315円
(株)阿蘇野鉱泉
驚いたのはガラスのボトルだったこと。持ち運ぶのに重いなあ。。でもちょっと高級感があるかも?
フタをあけるとぷーーんともろ「笹の香り!!」。
原材料が笹と阿蘇の鉱泉だからもちろんなのですがあまりに笹の香りなのでパンダになった気分です。
さて飲んでみると。。。。うーーんさわやかといえばさわやかですが、笹の香りのきついこと。
消臭効果もあり食後のドリンクとして良いとありますがたくさんは飲めないかな??
旦那さんに飲んでもらうと「笹ダンゴを飲んでるみたい」だって。
ちょっと笹の味が前面にですぎなドリンクですね。

蕎麦総本家橋本の干そば
200g  580円 
(株) 総本家橋本

我が家は蕎麦好きでよく蕎麦は信州に食べに行ったりしてました。ここ九州ではうどんのほうが多くてなかなかおいしい蕎麦に出会えなかったので嬉しいモニターかな。
茹でてシンプルに海苔ととろろでいただきます。
蕎麦は細めで思ったより白い?かな。おいしかったのですが蕎麦は何割なのかしら?もう少し干麺であっても蕎麦の香りがほしいところです。あと一歩、というかんじですね。
蕎麦だけの夕飯では物足りないので刺身をつけました。
これはなんと「サバの刺身」です。近くの魚屋さんはなかなかいいものを置いてあって、この時期はサバの刺身がありますよ♪さすが九州ですね〜

塩だれさて最後は塩だれ(200ml) 580円/(有) 龍馬の里
最近は塩ダレがはやっているのでしょうか?生協でも塩ダレが新発売なんて書いてあったっけ。
豚トロと茄子を焼いてタレで食べてみましたよ。
まず舐めてみると柚子の香りがして、スパイシーな味わい。塩味だけではなく”旨み”もある!!
これはおいしい〜と喜んでしまいました。

そしてやはり脂身の多い豚肉にぴったり。さっぱりといただけました。
野菜の焼いたのにもあうし付け合せの生野菜につけてもいけました。
普通の甘辛い焼肉のタレは味が濃くて好きじゃないけど、このタレだったらさっぱりしていておいしいと思います。
ぜひ近くに売っていたらまた買いたいっと思える一品でした。

chimera_k at 22:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年10月25日

良品工房いいもの中継

今日は3品目の芋かりんとうです。

しょうが芋(有)宮栄商事のしょうが芋菓子 100グラム入って 252円。
実際はこれよりもっと上までお芋が入ってます。
届いてつい写真を取る前にポリポリ食べてしまいました(笑)。でもつまりそれくらい、つい食べてしまうってこと?!
ネーミングが「しょうが芋菓子」っていうのがちょっと不思議かなあ。”芋かりんとう しょうが風味”ってほうがわかりやす気がするのですが??
しょうが芋2こんな素朴なお菓子です。原材料もさつま芋に砂糖、菜種油、生姜のみ。変なもの(添加物とか香料とか)が入っていないのでいいですね〜シンプルな昔ながらのお菓子です。

ポリポリ食べてみるとかすかな生姜味?!かな。正直私にはあまり生姜が感じられないぞーー
生姜(もしくはジンジャー)がけっこう好きなので、もう少ししっかり味がするといいかな。

姉妹品の柚子の味を食べたことがありますが、そちらのほうが香りもよく好きでした。

でもこういうお菓子はよく材料のわからないスナック菓子よりもお芋でできてるから野菜だし繊維もあって体にいいかしら?と思えるから好きです。
子供にもこういうお菓子を与えていきたいな、と日頃思います。





chimera_k at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月24日

良品工房いいもの中継

さて今日は2品目の「あご野焼き」。

あご野焼きパッケージ蟒弍盛饌膽區品の製品で2本いり368円。
このシンプルなパッケージも中身が確認できて好感が持てます!!
目で確かめて買うことが好きな私としては嬉しい限りですね。そしてこの太さもいいな〜
普通の安くて頼りない細めの竹輪に比べたら食べ応えがあり嬉しいっ

あご野焼き届いた翌日の朝食に早速食べてみましたよ。

まず食べてみるとプ〜ンとお酒の香り!?がします。旦那さんは特にビックリしてました。
これは原材料に焼酎が使ってあるためで保存を効かせるために仕方ないですが、ちょっと香りが強いので子供には無理かも?!
でもここの製品は練り物にありがちな保存料や増粘剤みたいのものが一切入ってないのが素晴らしい。そしてあご(トビウオ)をたっぷり使ってあって味が濃く、ぷりっとした食感です。
”あご”はこちら福岡に来て知ったのですが、とても魅力的な魚なんです。
そのままあぶって食べてもおいしいですし、その”あごだし”は味が深く濃く素晴らしい〜
我が家はすっかり”いりこだし”から”あごだし”に鞍替えしてしまいました。

そうそう今回お味噌汁の上にのせている緑色のもの。
これは「川茸(かわたけ)」といって今では福岡県の甘木市周辺でしかとれない天然の淡水のりです。
300年前から高級珍味として伝えられているもの。
ちょうど近くに甘木市からのイベントがあり手にいれることが出来ました。お味噌汁にいれてみましたがお吸い物や酢の物で食べるとミネラルやビタミンが多い優秀な自然食品なのです。



chimera_k at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月20日

良品工房いいもの中継

今回で3回目のモニター。前回が9月だったからちょっと期間があいたかな?
3品さて今回のモニターは3品とちょっと品数が少なくて残念!お菓子が2品もありました。めずらしいなぁ〜
商品は封筒に入って届きますが、今回は生ものがあったのでクール宅急便で届きましたよ。



ボーロパッケージまずは木村製菓蠅「がばい佐賀まるぼうろ」。
1個63円。
このパッケージ インパクトありますね〜
島田洋七さんのがばいばあちゃん以来、”がばい”が目立つことも多いですが、これもしっかり(ちゃっかり?!)便乗してますね。
でもこういうことって商売では必要なことですよね。佐賀のお土産とかにいいかも。

ボーロ1中身はこんなかんじでシンプル。味は甘くて噛むとぽろぽろ(少しぱさぱさ?)していて懐かしい味。

ちょっと個人的には甘いかなあと思うのですが、牛乳と一緒に食べたら軽い軽食になりそうです。


ボーロ2私の住む福岡では「まるぼうろ」はスーパーなどで普通に売っているお菓子です。ボーロひとつとってもいろんな大きさがあるのですが、このボーロはちょっと薄め?!でもちょっとつまむにはいい大きさだし1個63円とリーズナブルなのも気軽でいいかも。

ただ一つ残念なのは原材料にソルビトールが入っていること。
調べてみると果実類に含まれている化合物でブドウ糖から合成される添加物だとか。害はないというのですが、400年も前にポルトガルから伝わるお菓子からできた「まるぼうろ」。できたらそういうものを使わずに製造してほしいと思います。


chimera_k at 09:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年09月21日

良品工房いいもの中継

さてさてモニター最後の品はドリップ珈琲。
大の珈琲好きの私としては楽しみにしていたモニター品です。
コーヒーパック(有)いづみや珈琲さんのもので8袋いり420円。
つまり一杯52円くらいですね。
こういうモニターは味だけではなくパッケージや、その包装の使い勝手なども評価するのですが私は毎度ちょっと厳しい目で意見をいわせてもらってます。
まずこのパック。縦に切れるように切れ目が入ってました(右上が切れてますね)
これってどうなのかな?縦にさくと品物は横からおちてしまうし、パッケージの裏に入れ方の方法が書いてあるのもちょっと切れてしまったりあまりいいことは無いですよね。。。やはり横にあけるのが自然かな?
そして右のカップにセットするのですが、これまたフィルターの袋を切るところの切れ目にカップに引っ掛ける厚紙もかかっていて力を入れないと切りにくい!!
旦那さんは勢いあまって粉をこぼしていました。。。
フィルターのやわらかい部分だけ切れるようだとやりやすいのにな!ちょっとした工夫がほしいですね。

さて肝心の味は酸味も少なく飲みやすいストレート。万人受けはすると思います。
でも私はいつもスターバックスのコモドドラゴンというかなりしっかりした味の珈琲を濃くいれて飲むので、ちょっと物足りないかも。
一杯の珈琲の粉の量も少ない気がします。オフィス需要としてもけっこうマイカップは大きなマグカップだったりするし(笑)
なのでこの商品はもう少し頑張ってほしい!!という評価ですね。(厳しいかな?)

このモニターをしている良品工房はこちら!!のぞいてみてくださいね

chimera_k at 23:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年09月20日

良品工房いいもの中継

さてモニター第2弾。

塩日本製塩蠅虜民クッキング用 柚子味。
一瓶65グラムで420円。ちょっとテーブル調味料としては高め?

左が柚子で右が以前のモニター品のイタリアン味。
みてのとうりイタリアンはけっこう使ってます♪
コーヒー、塩朝食の時に早速目玉焼にかけていただきました。
この塩はとっても粒子は細かくて、旨みもありそのまま舐めると柚子の香りとほろ苦さがあって「日本酒にあう(笑)」ってかんじ。

目玉焼きに軽くふって食べましたがなかなか和風な感じであいましたよ。
使い方に「おにぎりにも」と書いてあったので夕飯にこの柚子塩をつけておにぎりにしてみました。
おにぎり今日のおかずは野菜をいれたお味噌汁に柚子塩でにぎったおにぎりにサバの”じんだ煮”。

おにぎりは私はけっこう塩が効いた「塩むすび」が好きなのでちょっと多めに手につけて握りました。
でも海苔をつけて食べるとかすかに柚子の香りは感じますが塩気がたりないかんじ。やはり天ぷらの”抹茶塩”みたいなかんじで揚げ物とかにつけるのがいいのだろうなと感じました。

以前京都で連れて行ってもらった蕎麦やで「塩で蕎麦」を食べたことがあります。とてもおいしかったのですが、そんな食べ方にもあうかもしれません。

さておかずのじんだ煮については以前のブログのこちらを見てくださいね!北九州がほこる郷土料理です。これ一品でぬかの栄養も取れ、買ってからも日持ちがするので便利なおかずの一品です。


chimera_k at 22:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年09月19日

良品工房いいもの中継

今回は二回目のモニタリング中継です。
前回からブログをつけることになったのでなんとなくいつもよりどきどき。

さて今回はちょっと商品が少なく3品でした。
・三輪山勝製麺・・・・黒胡麻うどん
・日本製塩蝓ΑΑΑΑ彩クッキング用柚子
・(有)いづみや珈琲・・ドリップカフェスイートネス

うどんさてまずはすぐに昼食だったので黒胡麻うどんを茹でてみました。
毎度ながらこのメーカーのパッケージは和風な感じでとっても好感。
それだけで売り場で手にとる率があがるからパッケージは馬鹿にできませんね。見た目は重要です!!
2人前で180グラム入り420円ナリ。
黒ごまうどん麺の味を味わえるつけ麺でいただきます。茹で上がったところ黒胡麻が練りこまれているということで見た目はかなりグレーですね。
胡麻製品って仕方ないけど色が微妙かなあ。。
うどんはその白さが”ウリ”のようなと気もするので。。。見てのとおりザルによそうとちょっと地味。

でも食べてみるとその喉ごしのよさはさすが『本葛入り』というかんじ。
つるっとしていてコシがあり毎度ながら「おいしいうどんだなあ」と思います。
茹でかたも”8分茹でて2分蒸らし”。
うどんを茹でていた旦那様が(我が家は休日は旦那さんがキッチンに立ってくれるのです♪)「蒸らしってなんだ〜??」といいつつ、火をとめてそのままにする、という茹で方を読んでおもしろがっていました。

味は正直「胡麻の味が、、、するかな??」という感じで私たちにはあまり感じられませんでした。
なのでうどんに”胡麻”が入る意味がちょっとわからない。
胡麻の栄養のセサミンとかがきっと身体にいいのよね!といいきかせつつ食べたという感じ。

あと今回普通の麺つゆでいただきましたが、我が家は”胡麻タレでつけうどん”も好きなので黒胡麻の麺に対し、白胡麻のタレはなんかあわない気もします。
やはり視覚的にも白いうどんが好きだし、普通の三輪山勝さんのうどんが食べたいかんじかな。

でも麺好きの私にとってコシのあるつるつる麺は二十◎っというかんじです

chimera_k at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!