2007年02月15日

税務署はなにも教えてくれない

 橘玲氏によると最速の資産形成方は税金を払わないことだそうです。


最後に、もっとも早く確実にお金持ちになる方法をお教えしましょう。誰もあからさまに言わないものの、たいていの人が知っていることですが、それは自営業者(あるいは中小企業の経営者)になって、所得に対して税金を払わないことです。      (お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 p37から)
 
 
 でも誰でもサラリーマンから中小企業の経営者になれるわけではありませんよね。でもこれで諦めていては、いつまでたってもラットレースから抜け出すことは出来ません。ここで参考になるキーポイントは出来るだけ税金を払わないという事です。サラリーマンは年末調整があるから必要ないさ、といった考えではいつまでたっても国の良いカモです。

 21世紀は「知識社会」の時代といわれ、必要な情報は万人に公表されています。でも「知識社会」では、必要な情報を的確に入手し、それを活用する知識を有している人はいくらでも近道(得)ができます。ネットが使えるか使えないかで大きな差がでることは皆さんもご存知ですよね。

 税金も一緒です、スーパーのチラシに目を凝らしているあなた、もしかしたら何万円も税金が帰ってくるのに気が付かなかったら悔しくありませんか。特に今年は皆さんが気が付かないように、巧妙に国は増税に向かっています。自分が役に立たなくても、知人に節税できる人がいるかもしれません。節税知識を蓄え自己防衛しましょう。


 今週の週刊ダイヤモンドのこの時期定番の「図解新節税術」が参考になると思います、是非読まれることをお奨めします。


 特 集 図解 新節税術

昨年末に発表された「税制改正案」は、企業優先で個人に負担増をもたらすものだ。これからは、ムダな出費は抑え、税金も取り戻せるならそうしたい。最新の改正案を踏まえ、サラリーマン、資産家、経営者などを対象に、知らないと損する節税術を紹介する。

【Part1/税制改正であなたの生活・会社の負担はこう変わる】
【Part2/サラリーマン・定年退職者・個人事業主編】
一定の副収入あれば申告は義務 無視したサラリーマンの代償
Column 小づかい稼ぎも狙われるサイバー税務署の実力
節税に疎い勤め人に送る 税金を取り戻す15のパターン
2つになった「住宅ローン減税」 バリアフリー改修も新たな対象
株の税金も申告で取り戻せるが主婦や年金受給者は要注意
Column  保有株式が「三角合併」の対象となった場合の注意点
税金の還付から終の住処まで 退職者の節税対策マニュアル
Column  知らないと損する確定申告の裏ワザ
サラリーマンでも副収入があれば「プチカンパニー」をつくってみよう
Column  プチカンパニーのつくり方
【Part3/会社編 税制改正の注意点と意外な活用法】
多くの経営者が勘違い おカネが残る「よい節税」とは?
Column  「留保金課税」の廃止で資本金1億円以下の特典が拡大
多くの中小企業にとって朗報 役員給与損金不参入の条件変更
年齢緩和と非課税枠拡大! 便利になった“生前贈与”の税制
“ゾンビ資産”の費用計上も可能 結構使える減価償却の新税制
“税理士の駆け込み寺”が明かすリョウチョーとの戦い方心得
Interview 立正大学教授・税理士●浦野広明
海外旅行からATMの活用まで 誰でもできるマネーロンダリング悟



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔