2014年4月からまた最低給与(上海最低工资标准)が大幅に上昇した
2013年の月給は1620元から2014年は1820元へ200元 アップ
2013年の時給は14元から2014年は17元へ3元 アップ


ここ最近は
毎年10%以上の上げ幅で上昇が続いている

最近上海の物価も大幅な上昇が続いており
それに対する不満も多く





わかりやすい 最低給与(上海最低工资标准)を上げていると思われる

この上海の最低給与(上海最低工资标准)
中国国内ではもっとも高くつづいては
2月に改定されたシンセンの1808元

その他中国の各都市の最低給与(上海最低工资标准)は...
下記とのこと
数字は2014年2月段階の数字
北京、上海、天津は4月に上昇したのでこれより高い





三城市上调最低工资 上海超深圳全国最高

4月1日起,北京、上海、天津再次上调最低工资标准。此次上调后,上海的最低工资标准将达到1820元,成为全国最高。而在此之前,深圳的最低工资标准为1808元,为全国之最。此次涨薪后,天津和北京的最低工资标准将达到1680元和1560元。
值得注意的是,北京和上海的最低工资标准执行的是“净收入”,其中不含劳动者个人应缴纳的养老、失业、医疗等社会保险费和住房公积金。
据不完全统计,随着北京、天津和上海最低工资标准的上调,进入2014年以来,全国已有重庆、陕西、深圳、山东、北京、上海、天津7个地区上调了最低工资标准。
此番调整后,重庆第一档月最低工资标准为1250元;陕西一类地区月最低工资标准为1280元;深圳为1808元;山东月最低工资标准最高档为1500元。
从最低工资标准的绝对数上来看,全国月最低工资标准和小时最低工资标准最高的均为上海,分别达到1820元和17元。
贵州省的最低工资为1030元,全国最低。四个直辖市中,重庆的最低工资为1250元,其他三个市均超过了1500元。总体说来,西部各省的最低工资标准略低于东部,但是浙江和江苏的最低工资标准也均未超过1500元。

2014年上调最低工资标准的地区

地区 月最低 小时最低   实施

工资标准 工资标准 时间

上海 1820 17 4月1日

深圳 1808 16.5 2月1日

天津 1680 16.8 4月1日

北京 1560 16.9 4月1日


山东 1500 15 3月1日

陕西 1280 12.8 2月1日

重庆 1250 12.5 1月1日

单位:元


上海の最低賃金の推移は下記
2012年までのグラフ



2013年 1620元
2014年 1820元


10年前と比較して約3倍の上昇

まあこれは
最低賃金なので

普通の人の賃金はそこまで
上昇していないと思うが

10年間で約3倍はさすがに人件費の上昇がはげしすぎる...

今までは経済成長が順調で
どうにか人件費アップも出来てきた中国ではあるが

今後は経済成長率が鈍るなか
 
経済成長,物価,給与のバランスをどうとるか
難しい舵取りとなりそう...

来年も大幅アップかな?????









応援クリックお願いしますー→

人気ランクもお薦め....
>