2017年05月17日

青空茶会も終わって、新茶、秋の台湾ツアー・・・

170514
高輪公園で開かれた青空茶会。後方の建物は高輪いきいきプラザ

14日の茶友の会「青空茶会」は、前日の雨も上がって、無事開催することができました。
陽射しこそありませんでしたが、しっとりした空気の中で、かえってよかったようです。
新緑のもとでの茶会は、秋の落葉のときとは違った、新鮮な雰囲気がありました。
今回は、「茶泉二胡教室」の皆さんによる二胡の生演奏もあって、一層盛り上がりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

さて、今年の台湾茶は昨年より1〜2週間遅れているようですが、高山茶もようやく出そろったようです。
おいしいお茶を取り寄せたいと思っています。
ご希望の方にはお分けしますので、ご連絡ください!

それと、秋の南投県茶業博覧会の「千人茶会」に合わせて、10月に台湾ツアーを計画中です。
ところが、千人茶会の日程10月8日(日)が、日本と台湾、両方の連休と重なっていて、航空券の確保が非常に難しい状況です。
中国茶愛好家にとっては、「地球にやさしい中国茶交流会」とも重なっていて、悩ましい!
茶友の会の皆様には先行してご案内していますが、状況を見て、一般の皆様にもご案内したいと思っています。

仕事での台湾行き、ゴールデンウィーク中に台湾から来た茶友の接待、私事の出来事、青空茶会などなど、4月に入ってからバタバタ続きでした。
体もしんどくなってきたところでしたが、ここに来てようやく一段落。
これから少しは落ち着いてお茶が飲めるようになりそうです。
日本の新茶も台湾の新茶も、これから楽しみます。
  
Posted by china_tea1 at 16:23Comments(0)TrackBack(0)clip!中国茶・台湾茶 

2017年05月09日

これから1泊の花蓮旅行

突然ですが、今台北駅です。これから花蓮に出かけます。
昨日、台北に着いて、帰国は12日なので、短い旅行です。
帰ってすぐ、14日の日曜日には、茶友の会の青空茶会があります。
毎年秋の開催でしたが、今年は5月です。
まだ余裕があるようです。お待ちしています。image
  
Posted by china_tea1 at 10:56Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 

2017年03月08日

台湾ともお別れ

image

台湾の旅も終わり。
行きは羽田から台北松山空港の便でしたが、帰りは桃園空港から成田の便。
搭乗待ちです。
成田に着いてからリムジンの最終まで50分。
今アナウンスで搭乗が15分くらい遅れるというので、間に合うかどうか心配になってきました。
なんとか間に合ってほしいです。
間に合わなかったら、大きな荷物抱えて、電車です。
節約して京成だと西日暮里と渋谷の2回乗り換え。
今回は荷物が多いから、これは辛い。
高いけど成田エクスプレスなら渋谷で1回。
どちらにしてもスーツケースを転がしながらの渋谷での乗り換えがほんとに不便で、それを考えると憂鬱です。

写真は桃園空港の待合室のソファ、楽しいですね。  
Posted by china_tea1 at 20:24Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 

2017年03月07日

台中で人気の火鍋店

image

昨日の夜は、台湾の友達の家族と火鍋を食べにいきました。
「軽井澤」という店で、予約必須の人気店だそうです。
人気の秘密は、安いのに店の雰囲気がいいことです。
広くて落ち着いた高級店のような店造りなのに、値段は安くて品質には問題はないというので、家族連れや学生、若者グループで、開店と同時にどんどん席が埋まります。
最近の火鍋店同様、大きなテーブルに一人一人のガスコンロが組み込まれています。
鍋(スープ)と野菜などの基本セットは共通。メインの肉や海鮮を選んで、350元前後なので、人気なのも分かります。
注文の仕方は、席に着いたら注文票に書き込んでレジに持っていき、先に支払いを済ませるスタイルでした。
写真は私が頼んだ培根豬肉という肉です。
脂身の多い部分の肉でした。
培根(ベーコン)の意味は、そういうことだったんだ!
梅花豬肉だと赤身の部分の多いのが出てきます。
タレはタレコーナーに行って、自分で作ってきます。
ともかく基本の野菜や豆腐類、練り物などの量が多いので、お腹がいっぱいになります。
白飯にはほとんど手が出ませんでした。  
Posted by china_tea1 at 12:19Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 | 台湾料理

台中最後の朝は、第二市場へ

image

高雄、台南、台中と移動して、今日は台北です。
台中の最後の朝食は、ホテルで食べずに台中第二市場に出かけて食べました。
「ニ市場(アルスーチャン)」と呼ばれていて、とても大きな常設市場ですが、特においしい小吃の店が集まっているので、昔からの人気が続いています。
早餐(朝ごはん)、早午餐(遅い朝ごはんと昼ごはんをいっしょにした食事)、午餐(昼ごはん)と、早朝から昼過ぎまで営業しています。
広い市場の中で食べる店と生鮮品以外は開いている店が少なく、ちょっと寂しい感があります。
でも、ちょうど食べ頃の釈迦頭(スージャー)があったのでホテルに買って帰りました。
スージャーは、食べ頃を選ぶのが難しいので店の人にいつ食べるか伝えて選んでもらいます。今食べる、今晩食べる、明日食べる、といった具合です。
ぴったり熟したのがないと売ってくれません。
とろんとした甘みがおいしくて、大好きな果物の一つです。
image

割ってみると、白い果肉が現れます。
螺髪の一つ一つを外して食べますが、果肉の中にタネが入っています。
一つの螺髪にタネが一つ。
外観もおもしろいけど、中の構造もユニークです。
ただし、足が速いので割ったら早めに食べないと、すぐにダメになってしまいます。  
Posted by china_tea1 at 08:52Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 

2017年03月06日

台中の鳥の唐揚げ

image

台湾では、鳥の唐揚げが定番の人気小吃になっています。
鹽酥雞というのが定番ですが、台中では「繼光香香雞」という店が有名だというので、予定外でしたが食べてきました。
注文するときに柚子と緑茶を使ったビールという文字が目に入ったので、いっしょに頼みました。
生(イキ)という名前もおもしろく、台湾のクラフトビールかと思ったら、ベルギービールの輸入品でちょっと拍子抜け。
ここの唐揚げ、番号札を渡されて、結構待たされます。
注文が入ってからあげてるのかな。
熱々が出来上がってきました。
これが結果的には、昨日の晩ご飯がわりに。
  
Posted by china_tea1 at 17:56Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 | 中国茶・台湾茶

彩紅眷村で、彩紅爺爺にサインをもらう

image

台中郊外にある彩紅眷村に行きました。
区画整理で取り壊されそうになった眷村(戦後大陸から移り住んできた国民党、軍関係者が集まって住んでいた集落)で、一人のおじいさんが建物に絵を描き始め、それが評判を呼び、今や観光名所にまでなったのです。
残っているのは小さな路地の10にも満たない建物ですが、極彩色の素朴な絵は楽しくて、心癒される感じです。
でも、今はちょうど家屋の修復中で、見れたのはほんの数軒だけ。
4月には修復完了の予定だそうです。
そのかわりというか、絵を描いたおじいさん、彩紅爺爺の黄さんにサインしてもらうことができました。
スタンプ帳、持ち歩いていてよかった。
ここは日本からのツアーコースにも入っているようで、今回の旅行中初めて、たくさんの日本人観光客に会いました。

image


  
Posted by china_tea1 at 12:13Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 

2017年03月05日

伊東豊雄氏デザインの台中國家歌劇院

image

台南から台中に移動しました。
高雄から台南へは、台鉄特急の自強号に乗りましたが、大きなスーツケースを置く場所がなくて困りました。
通路に置いたら、車内販売のカートが通れなくて、結局デッキに置きました。
30分程度の乗車時間だからよかったけれども、長時間だったり、人数が多かったりしたらちょっと大変です。
台南から台中へは高鉄(新幹線)を使ったので快適でした。
荷物置き場もあるので安心です。
台中では、台中國家歌劇院を見てきました。
伊東豊雄氏デザインで注目のオペラハウスです。
公演を見たのではなく、建物だけの見物なので、残念ながらホール内は見ることができません。
ガイドツアーを申し込めば、ホールを見ることができるようです。
しかし、ホールには入れなくても建物内の公開部分を見るだけで、デザインのすばらしさにため息が出るほどです。
曲面を多用していて、生物の胎内に包み込まれるような感覚です。
平面と平面が直角に交わる場所があまりありません。
その代わり、施工にはとても苦労したらしいです。
建築に興味のある人は必見です。  
Posted by china_tea1 at 11:26Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 

台南で牛肉湯

image

台南にはおいしい小吃がたくさんあるので、きのうはいろいろ食べて、写真を撮ってきました。
牛肉湯は、いちばん台南らしい小吃だと思います。
新鮮な生の牛肉を使うので、たとえば台北など、他のところでは真似できないようで、なかなか見かけません。
お碗に薄く切った生肉を入れて、熱いスープをかけるだけ。
肉を生姜と甘辛のタレにつけて幾つか食べているうちに、熱が通ってきます。
赤身の肉はさっぱりしていておいしい。
スープもおいしい!  
Posted by china_tea1 at 09:36Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 | 台湾料理

2017年03月04日

台南で奉茶の葉さんと会う

image

きのう、高雄から台南に移動。
正興街や國華街を歩いて、ソフトクリームや小吃を食べたり、林百貨をじっくり見た後、奉茶へ行って葉さんと会ってきました。
南投県鹿谷から出てきてくれた張さんも一緒です。
奉茶の二階で夕食をご馳走になった後、呉園の十八卯でお茶を飲んできました。
二年前、阿里山台南ツアーに一緒に行った人は葉さんが詩を歌ってくれたことを懐かしく覚えていると思いますが、昨日も詩を歌ってくれました。
楽しそうに歌ってくれるところは2年と同じ。
最近は陶芸も始めているようで、奔放な作品には、葉さんの自由な心が表れていました。  
Posted by china_tea1 at 08:18Comments(0)TrackBack(0)clip!台湾 | 中国茶・台湾茶