2008年10月08日

雲南料理の過橋米線

久し振りに中華B級グルメを楽しむ集まりがありました。
今回は雲南料理の神田末広町「過橋米線」です。雲南の名物麺がそのまま店の名前になっています。
集まった7人のうち、雲南料理を都内某有名店や現地雲南で体験しているA君を除いて6人は雲南料理は初めて。
名物で外せない気鍋鶏、過橋米線はしっかり食べてきました。
全員一致で二重丸。文句なしです。
どちらも量が多いので、注文は人数の半数で十分。
A君も現地では決しておいしいとは言えなかったのがこれならいけると太鼓判。
値段も安くて、雲南料理が初めての人でも十分堪能できます。

過橋米線 気鍋鶏過橋米線 過橋米線

雲南の名物料理2品。気鍋鶏(左)は生姜のきいた塩味のスープ。体が芯から温まる。過橋米線(右)は、アツアツのスープに麺と具を入れ、混ぜて食べる。


過橋米線 老江湖豆腐1過橋米線 老江湖豆腐2過橋米線 千張肉

店のおすすめ2品。左が老江湖豆腐とそのカット。豆腐に肉が詰めてある。右が千張肉。豚のバラ肉の下は野沢菜のような山菜漬け物。


過橋米線 ジャガイモとトマト炒め牛肝茸とピーマン炒め過橋米線 スズキの菊づくり

ジャガイモとトマトの炒め物(左)。イタリアン風。これを食べたせいか、紹興酒の他にワインも注文。牛肝茸とピーマン炒め(中)。茸の名前はその食感と見た目からついたらしい。スズキの菊づくり(右)。スズキは白身の川魚の代用か。

過橋米線 はちのすと葱の和え物過橋米線 皮蛋豆腐過橋米線 干豆腐過橋米線 蓮根の生姜ソース

左から、はちのすと葱の和え物、皮蛋豆腐、干豆腐、蓮根の生姜ソース。これら値段の安い小皿メニューがあるのもありがたい。

過橋米線 羊皮紙絵過橋米線 のれん過橋米線 看板

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/china_tea1/51051925
この記事へのトラックバック
「中国雲南海膳坊 過橋米線(薬膳)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
くちこみブログ集(タウン): 中国雲南海膳坊 過橋米線(薬膳) by Good↑or Bad↓【くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓】at 2008年10月20日 07:15