前回は、上海に新しく出来た地下街「五番街」についてご紹介しましたが、今回は「五番街」に出店しているカフェレストラン「nana's green tea」について触れたいと思います。

nana's green tea(ナナズ グリーンティー)は、抹茶を使ったドリンク、スイーツが特徴のお店です。同店のウェブサイトによれば、お店のコンセプトは「抹茶・緑茶を中心に、日本の素晴らしい食文化や伝統を現代人のライフスタイルに合った『新しい日本のカタチ』としてお客様に提案すること」だそうです。
本社は自由が丘にあり、お店は関東圏を中心に、東海、関西、四国、九州に出店しています。
上海の「五番街」にオープンしたお店は、中国第一号店です。同店の中国語名は「七葉和茶」です。

同店のオープン発表会の様子が下記の動画サイトで公開されています。



私が上海のnana's green teaに初めて訪れたのは、9月18日(土曜日)の夜7時頃ことでした。同店がオープンしてから2ヶ月ほどしか経っていないにもかかわらず、入り口にはすでに行列が出来ていました。

行列の様子はこちらのサイトで見ることが出来ます。
METROERの記事

ちなみに五番街にはバーガーキングやCity Roll(巻き寿司専門店)といったお店もあるのですが、これらのお店にはお客さんがほとんど入っていませんでしたので、nana's green teaの人気のほどが伺えます。

上の動画でも確認することができるのですが、お店の内装は斬新かつ静謐といった印象です。全体に温かい印象の間接照明が使われていて、心がとても落ち着く空間に仕上がっていました。同店の空間デザインのコンセプトは「現代の茶室」ということですが、まさにそのような雰囲気の空間です。

店内を見渡すと、お客さんの60〜70%が女性客でした。年齢は20〜30代。お客さんの組み合わせは、ほとんどが「2〜4人づれの女性客」または「男女カップル」でした。どうやらこのお店は、女性が先導して来店する傾向が強いようです。


メニューは主に「デザート」「ドリンク」「フード」の3種類に分かれます。

「デザート」と「ドリンク」には、同店の最大の強みである抹茶関連商品がずらりと並んでいます。

あくまでも参考程度ですが、各商品の価格は以下の通りです。
・抹茶(50CC):28元
・抹茶ラテ:25元
・抹茶白玉フロート:35元
・白玉抹茶パフェ:35元
・抹茶アイスクリーム:15元
・チーズケーキ抹茶パフェ:40元

他にもたくさんのデザートとドリンクが用意されています。


また、フード類は下記のものがあります。
・北海道海鮮カレー:30元
・豚骨ラーメン:25元
・うなぎどんぶり:43元
・まぐろどんぶり:45元
・海鮮トマトラーメン:38元
(以上はメニューの一部です)

商品については、↓の動画でも紹介されています。



これらの価格は、決して安いわけではありません。それにも関わらず、行列が出来るほどたくさんのお客さんが訪れています。

それはなぜでしょうか。

次回は、上海のnana's green teaがなぜこれほどまでに人気があるのかについて考えてみたいと思います。

気が向いたときに
押していただけましたら
幸いです↓
人気ブログランキングへ