イメージコンサルタントの
縁(ちなみ)です


帰省中に、ふと思い出したことが。


子供の頃、母はお出かけの時用に、
私に深いブルーのニットを
妹にピンクのニットを
用意してくれていました。


可愛い妹には、ピンク。
そうじゃない私にはブルー。
と、されている気がして、
それが、何となく嫌でした。
(自分に自信がなかったので
被害妄想です、笑)


大人になって聞いてみたら、
妹は、大人っぽいブルーが
羨ましかったらしい


今になって、よくよく考えると、
あの深いブルーは、私に似合う色。
そして、ピンクは妹に似合う色
だった んだなぁ。


あの頃は、真っ黒に日焼けしてた
けれども、パーソナルカラーは、
日焼けしても変わらないのです〜。


そんな母は、今でも洋服選びの時に、
「この色は似合う、似合わない」とか
「この色が好き、苦手」とか
よく言っています


私が、カラーを学びたいなぁと
思ったのは小さな頃からの
刷り込みもあるのかなぁ。


何が、似合って似合わないのかを
いつも考えさせられていたのかも。


今度帰る時には、カラードレープを
持ってきて、母のカラー診断を
してあげたいな(^^)