チャイナプロジェクトの樋笠です。

以前から人件費高騰などによる中国からの工場が報じられてきましたが、2015年はいよいよその動きが本格化しそうですね。急激な円安による、パナソニック、シャープをはじめとする大手メーカーの国内回帰。日本の雇用にとってはプラスですし、ポジティブに捉えてよいのではと思います。

これからの中国関連ビジネスは、より、インバウンド(中国観光客やビジネス客を迎え入れる)の方向へ加速しそうな予感が強くしています。

panasonic



















以下、読売新聞記事より。


 パナソニック、国内生産回帰…円安・人件費高で
2015年01月05日 

 パナソニックは、海外で生産し日本に逆輸入している洗濯機やエアコンなどの家電製品の大半を、今春から順次、国内生産に切り替える方針を明らかにした。


 円安の進行や海外の人件費の上昇で海外生産の利点が小さくなったためだ。家電最大手のパナソニックの「国内回帰」が他社に波及し、国内製造業の空洞化に歯止めがかかるかどうかが注目される。

 パナソニックの家電の国内販売額は5000億円前後とみられ、うち約4割を中国を中心とした海外で生産している。

 パナソニックはまず、ほぼ全量を中国で作る縦型洗濯機の生産を静岡県袋井市の工場に戻す。その後、全量を中国から輸入している家庭用電子レンジは神戸市での製造に、中国で生産している家庭用エアコンも滋賀県草津市に、それぞれ切り替えを進める。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150104-OYT1T50103.html


シャープも国内生産回帰へ…TVなど家電の一部

2015年01月07日 


 シャープの高橋興三社長は6日、読売新聞などのインタビューに応じ、海外で生産して日本に逆輸入しているテレビや冷蔵庫など家電製品の一部を、日本での生産に切り替える方針を明らかにした。


 円安の進行に対応するためだ。パナソニックも家電製品の多くを国内に戻す計画で、家電大手の生産の国内回帰が進みそうだ。取引先の部品メーカーにも同様の動きが広がる可能性がある。

 高橋社長は「1ドル=120円になり、国内に戻した方が良い商品が出てきている。今ある(国内の)設備を増強しながら生産を移していきたい」と述べた。

 6月までに、中国とマレーシアで生産している日本向けの液晶テレビを栃木県矢板市に、中国で生産している冷蔵庫も大阪府八尾市に戻す。現在は矢板市の自社工場で60型以上の大型テレビを、八尾市では350リットル以上の大型冷蔵庫をそれぞれ生産しているが、より小さなサイズの商品を国内生産に切り替える。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150106-OYT1T50120.html