中国の大気汚染PM2.5に関する領事館の講演会内容をまとめました上海にて日本の書籍をお分けしたいと思います<中国関連その1>

2013年04月06日

おすすめ書籍:ブレイクスルー〜ひらめきはロジックから生まれる

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれるブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる [単行本(ソフトカバー)]
著者:木村 健太郎
出版:宣伝会議
(2013-04-04)


今日はおすすめの本を一つ紹介します。
「ブレイクスルー 〜ひらめきはロジックから生まれる」
という書籍です。著者の2人は会社の先輩ですが、
もう10年以上も前から僕が個人的に心から尊敬している2人です。

この書籍は、アイディアとその先の着地(実行)というその先までを説明してくれているのが新しいと思います。そして、「アイディア」と「ロジック」、すなわち「感性」と「理性」の両方を、「森の思考」と「街の思考」と名付けて、その両方の行き来をすることが真のブレイクスルーには欠かせないと説いています。森の思考法と街の思考法の両方の手法(実際の発想法等)も例示されていて、アイディアを考えるいくつかの手法が提示されているのも役に立つと思いました。

アイディアって、広告業界だけじゃなくて、あらゆるシゴトをしている人、もっというと、あらゆる人間にとって必要なことだと思うんです。どんな人でも、シゴトや生活で「あ〜、これどうしよう〜」って思うような問題とか課題に直面する時があって、そんなときに、ちょっとしたアイディアで、物事がすっきり解決(ブレイクスルー)できたりすることがあると思うのです。だから、個人的には、アイディアとか、頭を使って人が考えなかったことを考えるということは、大きく人生を賢く楽しく生きるための知恵だと思っています

この書籍は、とにかく興味がありましたらぜひ読んでみて下さい。
僕はかなり楽しく読めました。お勧めできます。

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる
ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる [単行本(ソフトカバー)]



chinatalknet at 09:09│Comments(0)TrackBack(0) おすすめ書籍 | 広告のオシゴト

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中国の大気汚染PM2.5に関する領事館の講演会内容をまとめました上海にて日本の書籍をお分けしたいと思います<中国関連その1>