広州

2017年06月04日

1100.食は広州にあり 湘江秘制(広州 湖南料理)

とき:2017年3月

友達の親戚がやっている店。



久しぶりに昔の仲間と会う。ボクは広州を離れてしまったからあまり会えなくなってしまったけど、彼らはよくこの店で会っているらしい。

小綺麗な店内。



ここの料理はとびきり美味しい。しかも値段が50〜60元と安い。



料理の名前が変わっていて、「歳月」とか「牧歌」といった名前がつけられている。



「食は広州に在り」って言う。正確な意味はよくわからないのだけれど、久しぶりに広州に来てやっぱり広州で食べるものは美味しいって思う。



場所:広州市员村四横路自编30号(红专厂艺术区REDRORY近く)
電話:020-29073893


chinausa at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月16日

788.高山小渓 (広州 順徳料理)

とき:2013年8月

広州の郊外、花都という場所にあるレストラン。



広州は都会だけどちょっと離れるとかなり田舎な感じになって、そういう場所にあるレストランはなんとなくおいしそうな感じがする。もちろん店を選ばないといけないけど、ここは政府の人も使うらしいから、そう聞くといい感じがする。



テーブルには蠅避けの蝋燭が置かれる。



注文は案内してくれた中国人に任せた。どれもおいしい。

特に冷した豚足はゼラチン質がすごくおいしかった。絶品。



それから蓮根(28元)も絶品。



他にも肉とか



魚とか



野菜とか。



昼の12時に来たのにここの名物、泥焗鶏はもう売り切れで残念だったけど、機会があったらまた食べたい料理ばかりだった。

場所:広州市花都风神大道四角围加油站近く
電話:020-86709668


chinausa at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月07日

776.悦 The Delux (広州 広東料理)

とき:2013年6月

前に得意先との会食で食べた料理がおいしくて、今日は一人で来てみた。



キノコのスープ煮(55元)



おいしいけど、やや淡白な味。

象牙蚌(ミル貝)の炒め物(78元)



これも値段にしてはふつう。

前に会食で食べたときの料理とはちがう料理人がつくった感じ。
大きな店では客によって対応する料理人のレベルが変わると聞いたことがあるけど、そうなのかも、と思った。
今日は雨だったから行けなかったけど、上の階にはテラスで食事できる場所もあるみたいで、なかなかよさげだった。

**********************************************************************

とき:2013年9月

上の階の空中庭園へ。



今日も得意先との会食。
今日食べたものはみんなおいしかった。特に牛肉のサイコロステーキ。

それから1664というフランスのビール(38元)。これはフルーティ?な味とクリーミィな泡が、なにこれ?ってくらいおいしかった。

場所:広州市天河区天河路230−232号萬菱匯廣場4階
電話:020-88830138

chinausa at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月06日

734.Spring 四季春天 (広州 ベトナム料理)

とき:2013年5月

ホリデーインの脇の和平路は以前はバーが立ち並ぶストリートだったけど、今はバーがなくなってレストランに替わっている。



おしゃれなベトナム料理の店。



料理は中華とベトナム料理の間のような感じがした。

青いパパイヤと豚の耳のサラダ(38元)。



豚の耳が中華っぽい。

順化牛腩(テンダーロインの煮込み 68元)。



肉がほろほろでおいしい。味はカレーっぽい味。

四季春天炒飯(48元)。



豆の入った緑色の炒飯。健康的な感じ。

ベトナムコーヒー(25元)はほどよい甘さ。

テラス席もあっていいのだけれど、まわりに木が多いせいか、蚊にさされまくった。



場所:広州市越秀区华侨新村和平路5号
電話:020-83593723


chinausa at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月01日

627.流花粥城 (広州 飲茶)

とき:2008年11月

公園の中にある飲茶の店。



点心が有名で、たしか24時間営業だったと思うけど、夜遅くなっても食べられるのが嬉しい。



定番の海老蒸し餃子。(12元)



ちょっと皮が厚めかな。

飘香榴莲酥(ドリアンのパイ 12元)



広州ではドリアンの点心がよくある。

大根餅?(12元)



大根餅かと思ってたのんだら不思議な感じのものが出てきたけど、食べてみるとけっこうおいしかった。

場所:広州市越秀区人民北路903号流花湖公园内
電話:020-86680108



chinausa at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月24日

624.汀芷園 (順徳 順徳料理)

とき:2008年11月

順徳は広州から1時間ほどバスに乗っていったところにある街で、ブルース・リーの故郷でもあるけど、有名な料理人を多く輩出していることで有名。
順峰公園にある「汀芷園」という順徳料理の店へ。

中に入ると広い庭が広がっていて、いい雰囲気。



案内された場所もいい感じで、大きな池が一望できる席。ここに来てよかったなと思う。



ところがいざ料理を注文しようとするとメニューはない。中国語で料理を言われてもどんなものか想像できないから、とりあえず薦められた鶏肉料理と白菜(娃娃菜)の料理をたのむ。

でもしばらくして出てきた「四杯鶏」(38元)はほんとにおいしかった。



鶏の味がぜんぜん違う。肉がよくしまっているのにとてもやわらかくてとても味わいがある。すごく新鮮な感じの肉。ふだんは食べない皮までおいしいと思ってしまう。それが濃い甘辛味で味付けられていてさらにおいしい。

しかも目前には広々とした池とその向こうに山が見えていて横をみれば夕焼け空を背景に青雲塔。しばらくすると日が沈んで星が輝きだす。そんな風景の中でおいしい料理を食べられるのはホントに心が満たされる。



店員の態度も心地いいし。料理が限られていようがメニューがなかろうがここはボクのお気に入りの場所のひとつになった。

場所:広州市順徳区大良南国路順峰公園
電話:22910088

chinausa at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年07月02日

571.潮皇食府 (広州 潮州料理)

とき:2012年2月

久しぶりに行ってみる。



数年前は利苑と並んでおいしい店ということで有名だったけど、いろいろ新しい店ができたりしたせいか、今日は休日の昼時にもかかわらず客も少なくてなんだか寂しい感じがした。音楽もないからよけい寂しい感じがしたし。



潮州料理の店なのでフカヒレなんぞを売り物にしていた。
でもたのんだのは「野菜の煮込み」(58元)



こういう甘辛醤油味が好みでついたのんでしまう。期待通りおいしい。

「干し魚とひき肉の粥」(19元)



これは魚のしょっぱさとお粥が絶妙でおいしかった。

場所:広州市天河林和西路1号広州国際貿易中心3A楼(×天川北路 地下鉄3号線A出口)
電話:020-38783668

chinausa at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日

537.魚米之郷 (番禺 海鮮料理)

とき:2009年9月

番禺にある農家菜の店。



鰻のような魚「花锦鳝」を食べる。鰻に似ているけどデカい。



大きなものは天然ものでなかなか手に入らないらしいが、今日食べたのは優に1mはあろうかというもの。

でも味は大味ではなく、ぱちんと音がしそうなくらいぷりぷりの肉で、脂っぽくなくておいしかった。




2種類の味付けで食べる。


頭はスープにしたんだけど、これがまた美味。

鮑も美味。



鵝もおいしかった。



場所:広州市番禺市広路290号(祈福食街の向かい)車がないとちょっと行きにくい。
電話:020-39991111

chinausa at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月23日

496.陶源酒家 (広州 飲茶)

とき:2012年1月

また、「食は広州にあり」と思わされた。
珠江新城にそびえるIFC(国際金融中心)友誼商店の5階にある飲茶の店。



メニューが豊富でどれもおいしい。



定番の蝦蒸し餃子。



広州の子が好きな鶏の足。



最近の流行りだという棒状の春巻き。




澳门烧腩肉




海老の点心



場所:広州市珠江西路5号国際金融中心友誼商店5階
電話:020-88832228

chinausa at 23:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年12月27日

458.仁信 (広州 デザート)

とき:2011年6月



双皮奶(牛乳プリン)の店。8元ぐらいだったかな。
ここのはちょっと甘すぎる。

場所:広州市越秀区庙前直街13号 他にもあちこちにチェーン店がある。

chinausa at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)