成都

2012年02月13日

488.勾魂麺 (成都 麺)

とき:2008年12月

「勾魂」というのは、魂が誘惑される/引き抜かれるといった意味。



それほどおいしいということかどうかわからないけど、気になる名前で入ってみる。



結果は、まあ、魂は誘惑されなかったかな。

場所:成都市武侯祠大街

chinausa at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月13日

297.銀杏(成都 四川料理)

とき:2007年3月
成都で四川料理を食べるならここがいい。ちょっと高級だけど味は間違いなくいい。

07年3月銀杏#

何がいいのかというと、ちゃんと辛いのに、ただ辛いだけじゃないところ。
めちゃくちゃ辛い店はたくさんあるけど、辛いものを食べたっていう満足感でしかなかったりする。辛さとともに辛いだけじゃない味が感じられる料理が本当においしいと思う。

それにこの店はサービスもちゃんとしてるし。

場所:成都市臨江中路十二号(濱江路の銀杏は広東料理の店なので注意が必要)
電話:028-85555588
Web:www.yxjl.com

chinausa at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月11日

68.陳麻婆豆腐 (成都 四川料理)

日本人には成都の中国料理店で一番有名な店かもしれない。
日本にも赤坂をはじめ新宿や横浜などあちこちに支店があるらしいし。

08年12月成都_陳麻婆豆腐本店









その本店で一番有名な麻婆豆腐を食べる。(20元)

08年12月成都_陳麻婆豆腐本店3









でも今日食べたのは味はふつうだったな。

初めて行ったときからいろいろな中華を食べて舌が肥えたのか、期待が高すぎたのか、有名になりすぎて味が落ちたのか(店はどんどんきれいになっている気がするし)、あるいは一人で麻婆豆腐だけ食べたからなのか、理由はわからないけど前に食べたときの方がおいしかった気がした。

味がしょっぱすぎる。

中華料理はやはり一人で食べるもんじゃないのかもしれない。
大勢でわいわい言いながらたくさんの料理を少しずつ食べる、そういう食べ方をすれば一番おいしく感じられるようにつくられているのかもしれない。
そうも思ったけど。。。

浣花渓公園北門の向かいに支店がある。

08年12月成都_陳麻婆豆腐















場所:成都市西玉龍街197号
電話:028-86530162 86754512
2008年12月

chinausa at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

67.順興老茶館 (成都 四川料理)

とき:2008年12月

川菜と「変面」のショーが楽しめる店。



金曜日の夜に飛びこみで行ったけどそんなに混んでなくて余裕で入れた。

特色渣渣牛肉(32元)は辛さがいい。



めちゃくちゃ辛い。
久しぶりに唇がしびれる花椒の「麻」の感覚を堪能した。
(四川料理には辛さが二種類あって、唐辛子の辛さは「辣」、花椒のしびれる辛さは「麻」っていう)
でも味はちょっとしょっぱすぎる。少し食べる分にはいいけど食べ続けられない。

花椒福寿螺(タニシを揚げた料理 38元)も白灼珍笋(28元)も味はふつう。
もう一度食べたいかというとそうでもないな



夜の8時からショーが始まる。ショーは別料金で58元。
食事の場所とは仕切られていて食事を食べてから移動する感じ。
ボクは8時少し前に行ったのでちょっと食べたらショーが始まってしまい落ち着いて食べられなかった。
ゆっくり食事をしてショーを見るには7時ごろ行くのがいいかもしれない。

ショーは踊り、茶芸、夫婦漫才、影絵、手品、といろいろ出し物があって最後に「変面」。
「変面」は最後の5分ぐらいしかやらないけどなかなか見ごたえがある。
一瞬で面が変わるショーだけどどうやって変わるのかは国家機密らしい。




この面が一瞬で



場所:成都沙湾路258号成都国際会議展覧中心Mall三、四楼
電話:028-8769-3202
Web:www.etgcn.com/etg/restaurantleisure.htm

chinausa at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月26日

43.華興街煎蛋面総店 (成都 麺)

庶民で賑わう目玉焼き麺の店。
煎蛋というのは目玉焼きでそれを麺の上にのっけたシンプルな料理。汁は真っ赤で辛い。

成都にはそういう麺を食べさせる店がたくさんあるけど、ここはなにせ店の外観が圧倒的なインパクトを放っていた。わるくいうと今にも崩れそうな、よく言うと歴史を感じる。

華興街煎蛋面総店









値段はたしか2元ぐらいだったかな?

ふだんあまり食べ慣れない味と成都の庶民に混じって凄まじい店で食べるという体験からおいしいまずいというよりもとにかく強烈な印象が焼き付けられた。
味も相当おいしかった気がする。

地震の後行っていないけどこの店は大丈夫だったのだろうか?

場所:成都市華興正街(錦江劇場の近く)
電話:不明
2007年3月

(追記)
2008年12月に再訪。店は夜の10時だというのに客足が引きも切れない。
でもあらためて食べてみた「番茄煎蛋面(4元)」の味はふつうだったな。
ともかく、地震でなくなっていなくてよかった。

08年12月成都_番茄煎蛋面









汁が赤かったのはトマトのせいで、辛いと思っていたのは記憶違いだった。

chinausa at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月19日

41.小譚豆花(成都 坦々面)

本場の坦々面。日本で食べていたものとはまるで違う。
まず汁がないし、味が違う。花椒(山椒)のピリピリ感がたまらない。

成都に行けばどこでも坦々面が食べられるかというと意外とそうでもない。また有名店がおいしいかというとそれもまたそうでもない。
陳麻婆豆腐(本店)の坦々面は個人的にはクエスチョン。辛くないし。

そんな中でおいしい坦々面が食べられる店。

小譚豆花









小さな店で昼時はいつも混んでいる。
夜は8時ごろには閉まってしまうので早く行かないと食べられない。

場所:青羊区西大街86附13号
電話:不明
2007年3月

(追記)
2008年12月に再訪。
ここの坦々麺はあらためておいしいと思った。
あまり辛くなくて食べやすいのととにかく麺がおいしい。
あまり辛くない分、麺の味がひきたつ。
舌に残る「麻辣」の味がいい

08年12月成都_坦々麺

chinausa at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)