昆明

2015年04月27日

986.多哥水傣味餐厅(昆明 雲南料理)

とき:2013年9月


傣族の料理が食べたいと思って、大衆点評で評価が高かったこの店へ。雲南料理と一口に言っても、よく知られている過橋米線や汽鍋鶏は漢族の料理。他に、白族(ぺー族)、彝族(イ族)、傣族(タイ族)、納西族(ナシ族)など少数民族の料理がある。その中で、ボクはなんとなく傣族の料理が好きな気がしている。

場所がちょっとわかりにくい。金马碧鸡坊の裏の小さな店が密集しているあたりを抜けた路地の奥。



雲南風情のある内装。



客はボクと同じような観光客が多かった。

豚肉炒め(25元)



と炒甜菜(18元)、



小瓜のスープ、それにパイナップルご飯(18元)を食べる。



パイナップルご飯は本当にパイナップルの味で甘かった。

料理の味はふつう。2003年に初めて昆明に来たとき感動的においしかった「老知青食馆」の味には今回も出会えなかった。ボクの中で昆明は食事があまりおいしくない街になりつつある。

場所:昆明市金马坊司马巷10号
電話:0871-63622227

chinausa at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

985.銀生食府(昆明 雲南料理)

とき:2013年9月

「云南映象」を見に艺术剧院へ。まだ始まるまで少し時間があったから、劇場の隣にあったこの店で夕飯。テラス席がよかったけどいっぱいだった。




つきだしで栗が出てきた。



傣族炒牛肉(36元)。味はまあまあ。ちょっと辛い味。



筍や南瓜がたくさん入った野菜のスープ(48元)。野菜はふつうだけど、塩漬け肉とスープがおいしかった。



炒飯(16元)。これはすごくおいしくて珍しい味噌味。味噌味の炒飯なんて中国では食べないなあ。絶品。



店の名前に「普洱」とついていてお茶を使った料理があるみたいだけど、どれがそれなのかよくわからなかった。

場所:昆明市东风西路132号云南省艺术剧院门口
電話:0871-65612655

chinausa at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月05日

912.一颗印/老房子酒楼(昆明 雲南料理)

とき:2012年4月



順城購物中心と道を挟んで向かいぐらいの路地を入っていった場所にあって、雰囲気はとてもいい。



大衆点評で評価が高かったから期待したんだけどボクにはおいしく感じられなかった。

杂菌饵块(18元)、



瓦片烤肉(38元)、



牛肝菌(ポルチーニ 98元)。



どれも油っぽい。特に瓦片烤肉は瓦で焼くのが珍しかったけど途中で箸を置いた。

それにしても、昆明はハエが多くて、南方に来たと実感させられる。

場所:昆明市五华区东风西路吉祥巷18-19号(景星珠宝大楼东侧)
電話:0871-63644555

chinausa at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月25日

643.有青天 (昆明 カフェ)

とき:2012年4月

翠湖のまわりにはおしゃれな店がけっこう多い。
その中でここはなんだかバックパッカーが好きそうなちょっと古びたいい感じのカフェ。



「云南小粒珈琲」(35元)を飲みながら湖を眺めてのんびりする。



緑がまぶしい。



場所:昆明市五华区翠湖北路
電話: 0871-5337764

chinausa at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月03日

612.江川三道菜 (昆明 雲南料理)

とき:2012年4月

元阳旅行の最終日、最後ぐらいはおいしいものが食べたいと思って、酒従さんのブログで紹介されていた「江川三道菜」へ。



こういうのが食べたかった。
一言でいえば、よけいな味がしない。うす味なんだけどなんでこんなにうま味があるのかと思う。

銅鍋洋芋飯(芋ごはん 小碗10元)にしても大鍋菜(野菜の煮込み 15元)にしても。芋ごはんは小鍋以上だと銅鍋に入ってくる。



三七根炖鸡(鶏のスープ 半只30元)は福照楼汽锅鸡饭店の汽锅鸡よりもさっぱりしていておいしいと思った。



残念なのは一人では食べられる量が限られること。どんどんお腹がいっぱいになってもう箸を置こうかと思いつつもう少しだけとつい手が伸びる。食いだおれてもいいやと思ってしまう。



この店の料理は、一般的な雲南料理ではないから、雲南料理と言っていいのかどうかわからない。三道菜のいうのは、「鶏、羊、魚」の料理のことらしいけど。

場所:住所:雲南省昆明市官渡区关上关兴路232号(景谷酒店近く)
電話:0871-7171108

chinausa at 22:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年05月20日

548.福照楼汽鍋鶏飯店(錦江店) (昆明 雲南料理)

福照楼汽锅鸡饭店(锦江店)

とき:2012年4月

清明節の休みに昆明に遊びに行った。
ホテルにチェックインして昼を食べに。

汽锅がおいしいと有名な店。



予約せずにいきなり行ったけど余裕で入れた。



汽锅というのは、底がせり上がった突起物がある独特な鍋でつくられる鶏のスープ。直接鶏を茹でるのではなく、この鍋の下にもうひとつ鍋をおいて湯を沸かし、その蒸気が突起物を通って鶏を蒸しながらスープになるというもの。肉はほろほろでおいしい。スープもかなり脂がでていたけど、そんなに脂っぽい感じではなく十分にうま味がでていておいしかった。
小の鍋(58元)をたのんだのだけど、かなりの量。



あとは、拌涼米线(18元)と



龙爪菜(蕨菜 わらび)をたのむ。



この2品はふつうかな。

場所:昆明市北京路98号錦江大酒店1楼
電話:0871-3556858


chinausa at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月11日

383.駱駝珈琲館 (昆明 カフェ・バー)

骆驼餐厅咖啡馆

とき:2003年10月

昆明ってけっこう文化的な街なんだなあって思った。
北京の「798藝術区」や上海の「莫山干路50号(M50)」とかが話題になる以前、2003年のこの頃すでに「創庫」といったアートエリアがあったし、こんなバーがあったりして。



2011年の今はどうなっているかわからないのだけれど、2003年当時は気の置けない感じの心地いいバーだった。若いミュージシャンのライブがあったり。変にうわべのおしゃれさに走らない、オリジナリティがある感じ。上海にはそういう場所が少なくなった。

場所:云南省昆明市盘龙区拓东路4号
電話:0871-3195841


chinausa at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月29日

100.老知青食館 (昆明 雲南料理)

とき:2003年10月

ボクの記憶の中で一番おいしかった中国料理。
それまで都会で何回となく中国料理は食べていたけど、2003年に昆明に旅行で行ったときに入ったこのレストランの味は衝撃的だった。

03年10月昆明老知青2#

塩加減といい、甘さといい、素朴な味ですべての料理が琴線に触れた。
とにかく頼んだもの、すべてがめちゃめちゃおいしい。

高級料理にありがちな、おいしいけど毎日食べたら飽きるかも、っていう味ではなく、毎日食べても飽きないような、シンプルだけど味わい深い味。

03年10月昆明老知青3#

今、写真を見てもなんとなくその味の感覚を思い出すことができるから、よほど脳裏に焼きついたんだと思う。
今もう一度食べたら当時と同じようにおいしいと思うかどうかわからないけど、ボクの記憶の中ではずっとおいしいままだ。

今もまだこの店があるのかどうかはわからない。
なくなったという情報もある。
それが本当だとしたら残念でならない。

場所:雲南省昆明市五華区翠湖南路4号

03年10月昆明老知青1#

電話:0871-5140453?

*************************************************************************

とき:2012年4月

やはりなくなってしまっていた。

chinausa at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)