上海蟹

2012年12月31日

675.図安蟹味館 (上海 蟹専門店)

图安蟹味馆

とき:2012年12月



今年は東京からの出張者も何度か食べているせいかあまり「蟹、蟹」と言わなくてあまり食べる機会がなかった。なので、上海蟹を食べるのは今年はこれで2度目。
こういう専門店では1年中上海蟹が食べられるらしいけど、やっぱり味噌がおいしいこの季節に食べたいと思い、もうほとんどシーズンは終わりだけど、駆け込みで前から気になっていたこの店に来た。
案内された席が通路脇だったせいもあるけど、広間は少しぞんざいな感じ。



雄(一杯258元)。



大きいのは300元以上していた。
最初味噌が少ないかと思ったけど、割ったら中にぎっしり詰まっていた。
どうも蟹の評価は味噌が多いか少ないかになってしまう。味噌や肉の味がおいしいかどうかは正直わからないので。

蟹と鱈とアスパラ、クワイの炒め物(128元)



かなりあっさりした味。

蟹味噌の捞饭(68元)。



これはすごくおいしかった。捞は「すくう」という意味で、捞饭は「半煮えの米をすくい出し,別の容器で蒸し上げたご飯」といったものらしい。リゾットみたいな感じ。よくあるのは鱼翅捞饭(フカヒレの捞饭)

場所:上海市高安路一号(淮海路近く 上海図書館裏)
電話:021-64451206
Web:www.tuancrab.com.cn

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 11:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年01月09日

465.王宝和酒家 (上海 上海蟹)

とき:2011年12月

昔ここで食べた上海蟹が僕の記憶の中で一番おいしかった。
その記憶のせいで贔屓にしたい店のひとつになっている。

でも、今日食べた大闸蟹(2杯で450元)もかなりおいしくて、やっぱりここはいいなと思った。



王宝和はこの本店と、ホテルの中にある支店(王宝和大酒店)があるのだけれど、なんとなくこっちの庶民的な店の方が好きだ。



蟹の甲羅詰め(36元)これは、絶品。



蟹柳炒芦笋(98元)もおいしかった。



蟹味噌の両面黄(88元)は見た目はおいしそうだったけど、どろっとした片栗粉ばかりで味もそこそこだった。



以前はいつも混んでいた感じだったけど、今は予約なしでふらっと行っても座れて、けっこう穴場かもしれない。日本のガイドブックなどには紹介されているらしく、日本人観光客らしきカップルが何組かいたけど。



場所:上海市福州路603号(×浙江中路 地下鉄人民公園駅最寄り)
電話:021-63223673

chinausa at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月11日

306.新光酒家 方亮蟹宴(上海 上海蟹)

とき:2009年12月

上海蟹で有名な店。天津路の古い店には芸能人なんかも来るらしい。
今日は虹橋迎賓館にある店へ。こっちは広くてきれい。

コースは600元からあるけど、やっぱり1000元のコースがいい。
そうちょくちょく食べるものじゃないし。

09年12月新光酒家1#

1000元のコースには「フカヒレと蟹みそを煮込んだ料理」があって、これが濃厚でむちゃくちゃおいしい。

09年12月新光酒家2#

だから600元じゃなくて1000元のコースがいいと思う。

場所:虹橋路1591号7号楼(虹橋迎賓館の敷地内に入っていく)
電話:021-62197788

chinausa at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月21日

147.成隆行蟹王府 (上海 上海蟹)

とき:2009年11月

上海蟹(大閘蟹)で有名な店。

09年11月成隆行蟹王府1#

日本人比率がかなり高い。
今日同じテーブルに座った5組のうちボクらも入れて3組が日本人客。
日本語メニューもあるし、服務員もかなり日本語が通じる。

コース料理は388元、588元、888元、といった感じ。
数字の8は中国では縁起のいい数字なのでよくこうした値段設定がある。

388元のコースを頼むとすかさず、このコースの蟹は小さいので大きいのに替えるか?と聞かれる。
そう聞かれては大きいのにしたくなる。商売上手だ。
結局、+90元で180元の蟹にする。(もともとコースに入っているのは90元の蟹)。

09年11月成隆行蟹王府4#

さて、味は?

09年11月成隆行蟹王府2#

↓蟹粉豆腐
09年11月成隆行蟹王府3#

おいしいことはおいしい。
ふだん上海蟹を食べない人なら感動するおいしさだと思う。
ただ、つい先日、新光酒家で1000元のコースを食べてしまったからか、がやがやした店内の中であわただしく料理が出されてきてゆっくり落ち着いて食べる雰囲気でなかったからか、478元のコースにしては「こりゃあ、うまい!」っていうほどの感動はなかったな。
新光酒家の1000元のコースは、思わず「うまい!」って言ってしまうほどおいしくて、1000元出してもいいって思う満足感があったんだけどな。
500元、600元出すなら、蟹づくしのコースにしないで1品料理をいくつか頼むほうがおいしい料理にありつけるのかもしれない。

この店、成隆行蟹王府のいいところは上海蟹を服務員が全部身を出してくれること。もちろん自分でやってもいいんだけど。

09年11月成隆行蟹王府5#

場所:上海市黄浦区九江路216号(河南中路よりやや外灘寄り。地下鉄2号線 南京東路駅近く)
電話:021-63212010

chinausa at 11:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月18日

大閘蟹 (上海蟹)

12月末、もうほとんど季節が終わろうとしている上海蟹を食べた。
どちらかというとオスの方が好きなのだけれどこの日はメスしかないということでメスを食べる。

08年12月_流金歳月_上海蟹









味噌がたくさん詰まっていておいしかった。
08年12月_流金歳月_上海蟹雌









2008年12月 広州の「流金歳月」にて。

chinausa at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)