北京ダック

2013年01月03日

677.新大陸 (上海 北京ダック)

とき:2012年12月

上海で食べるならここの北京ダックがおいしいと聞いてやってきた。



予約時に半羽(208元)を注文。
でも、前もって注文した割には出てくるまでに30分以上かかって、それでは事前に予約した意味があまりないのでは?と思ったりした。北京の大董なんか事前に注文していなくてもすぐに出てきたのに。
まあ、待たされたけど、味はおいしい。皮は大董のやつみたいに、口に入れると溶けた。



皮の他に、肉だけのもの、



皮と肉のものが切り分けられてでてくる。



薬味は砂糖と甜麺醤とガーリック?の3種類のみ。



肉をスープなどに調理してもらうには別途お金がかかる。
北京ダックを食べるのならやはり北京で食べたいと思うけど、上海で食べるなら、ここは雰囲気もいいし、とてもいい。



ダックの他には、アスパラと蓮の実の炒め物(98元)を注文。これは塩加減が絶妙でおいしかった。



場所:上海市黄浦路199号 上海外灘茂悦大酒店HYATT ON THE BUND内
電話:021-63931234(代表)

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 11:42|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年12月02日

661.玉林考鴨店(北京 山東料理)

玉林烤鸭店

とき:2012年8月



名前の通り北京ダックが有名だというので、北京料理の店かと思ったら山東料理の店だそうだ。北京ダッグは皮だけ、肉だけ、皮付き肉の3種類に分かれてでてきた。北京の烤鸭といえば大董が有名だけど、ここのやつもかなりおいしい。

山東料理といえば、「九転大腸」。



ここのはかなり洗練された感じででてきたけど、おいしかった。
「九転」っていうのは九回巻いているのかと思ったらさにあらず、この料理を考案した人が「九」に執着していたかららしい。

山東料理の名物といわれる肉まんもおいしかった。



パリパリの餃子はふつう。



これはなんの料理だったか忘れたけど、なんで最近中国料理なのに西洋料理みたいにソースでデコレーションするのだろう?西洋料理はソースとしての意味があると思うけど、中国料理ではただの飾りでしかないのに。



場所:北京市朝阳区安福庄西街甲一号
電話:010-65749458

chinausa at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月30日

476.大董 (北京 北京ダック)

とき:2011年12月

北京で北京ダック(烤鸭)が食べたいと言えば、大抵の人がすすめるであろう有名店。
今日行ったのは、金汇店。



モダンなインテリアで真ん中のステージではショーのように鴨が次から次と焼かれていた。



羲和雅苑考鴨坊では予約をした際に、北京ダックを食べるなら焼くのに時間がかかるからあらかじめ注文してくれと言われたけど、ここでは来てからの注文でいいと言われた。
そしてその通り、席についてから注文すると5分か10分であっという間に真っ先に出てきてびっくり。



他の料理もほぼ同時に出てきて、お腹がすいていたせいもあり、料理を注文してから30分ほどでばたばたと食べ終わってしまった。おかげで味の記憶が薄くて、もう少し味わってゆっくり食べればよかったとちょっと後悔。



北京ダック(238元)はもちろん、风味豆豉辣鱼片(128元)も干烧冬笋(48元)もおいしかったと思うから。



デザートはみかんがドライアイスで演出されてでてきた。



場所:北京市东城区金宝街88号金宝汇大厦
電話:010-85221111/1234

chinausa at 22:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年01月16日

469.羲和雅苑考鴨坊 (北京 北京ダック)

羲和雅苑烤鸭坊

とき:2011年12月

大董と並んで、北京ダックがおいしいと聞く店。
老北京を思わせるインテリア。



北京ダッグ(99元+25元)
そのダックの皮は口に含むと溶けていくような感じで不思議な食感。



北京ダックは皮を食べるものと思っていたけど、ここは肉を巻いて食べる。というか北京では肉を食べる。



北京ダックの肉はいままであまりおいしいと思ったことがなかったけど、ここのはおいしいと思った。おろしにんにくも一緒に巻くとさらにおいしい。

北京で食べる烤鸭は皮だけじゃなくて肉がついてくるからあまり好きじゃなかったけど、
それは今までおいしい北京ダックを食べていなかっただけのことだと思った。

北京ダック以外もおいしかった。

宮爆虾球(88元)



桂花粉丝



宅男飯(福建炒飯 38元)

場所:北京市朝陽区新源南路1号 都匯天地3階302(Westinホテルの隣)
電話:010-59761366

chinausa at 22:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月01日

133.利苑 珠江新城店(広州 広東料理)

とき:2009年7月

ここは確かにおいしい。
北京ダッグは皮だけ薄く切ってくれて、北京で食べるダックよりもおいしいかもしれない、とも思う。

09年1月広州利園#

09年1月広州利園2#

店の雰囲気もいい。

07年10月利苑#

でも、この店には行きたくない。
店員の態度が悪すぎる。

もちろんすべての服務員がそうだとは思わない。
最初に行ったときにはすごく気持ちのいい接客だった。
でもその後何回か通った中で、嫌な気持ちにさせられた方がどちらかというと多い。
やたら高い料理ばかりすすめられたり、毎回行く度に名刺を出されたりするのもいい感じはしないけど、
特に「濃湯雲勝斑泡米線(鱈の入ったビーフン98元)」にまつわる事件。

この料理はすごくおいしい。
鱈もぷりぷりでスープも最後まで飲み干してしまう。

07年10月利苑 白身魚入りビーフン#

最初これを注文したとき、「一人では多すぎるから一人分だけつくりましょうか?」と言われてとても気をよくした。
値段も一人分にしてくれていたし。

でも2度目に注文したとき、何の断りもなく「鱈」が「爽肉(豚肉)」に変えられていて唖然。
当然、文句を言って変えてもらったけど。

3度目は問題なく食べられて、そして今日4度目。

またしても「鱈」が「豚肉」に変えられた。

先の経験があったから注文の段階で確認して発覚。
メニューを指差しながら「このメニューには魚と書いてあるじゃないか」と言うと、しゃあしゃあと「この料理は豚肉」だと言う。そんなはずはない。

・・・

宜安広場店ではそんな嫌な経験をしたことがないから、ここ珠江新城店だけのことかもしれないけど、この店のせいで利苑の印象は行くたびに悪くなっていっている。

場所:広州市天河珠江新城華夏路8号 国際金融広場4楼
電話:020-85500028

chinausa at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)