北京料理

2015年04月22日

983.サソリの正体 老誠一鍋(北京 羊蝎子)

老诚一锅

とき:2015年3月

羊蝎子というのは羊の背骨のことでサソリ(中国語で蝎子)に似ているからそう呼ばれているらしいけど、サソリなどと書かれているとどんなものが出てくるのかと思ってしまう。

実際は、羊肉の鍋で美味しいのだれど。ビニール手袋をはめて手づかみで食べる。独特な味で美味しい。



羊羯子と書く店も多くて、この店もそうだったけど、本来は羊蝎子らしい。羯子というのは「去勢された子羊」のことだとか。蝎子と書くとグロテスクだから羊羯子としているのかもしれないな。
他にもいくつか北京らしい料理をたのんでもらった。



煮凝りのようなのが美味しかった。



場所:北京市东城区东四大街249号
電話:010-6406 9909

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月19日

982.胡同にあるレストラン 9號食府(北京 北京料理)

とき:2015年3月

胡同の中にあるレストラン。胡同は元朝の時代につくられた北京の伝統的な路地で古い北京の感じが垣間見れる。



大衆点評で泊まっていたホテルの近くのレストランを検索したらここがなかなか評価が高くて来てみる。

店の前の猫柳がなんとも北京らしい。



胡同にあるレストランだから昔ながらのローカルな感じかと思ったけど、行ってみたら意外にもちょっとこじゃれた感じだった。



今日はとにかく餃子が食べたくて三鮮水饺(50元)。やけに高いなと思ったけど、出てきたのを見て納得。てんこ盛りの餃子がふた皿。



こんなにたのんでいないって言うと、「1斤たのんだよね」って返された。確かにメニューには1斤って書いてあったけど、1斤がどれほどのものか予測できてなかった。まあ味は美味しかったけど、半分も食べられなかった。

あと、北京らしい料理が食べたいと思って京醤肉丝(28元)。これも美味しかったけど量が多かった。



北京で料理をたのむときは量に気をつけないとな。

場所:北京市东城区东四南大街报房胡同9号
電話:010-6512 9192

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月25日

920.絶品ローカル料理 福満園(北京 北京料理)

福満园

とき:2014年10月

北京にせっかく来たのだから、上海でも食べられるようなものではなくて、やはりローカルなものが食べたい。
しかもおしゃれな店じゃなくて庶民的な店で。

この庶民的な店、というのがなかなか難しくて、最近はどんどんなくなりつつある。

夕飯を食べようと思って大衆点評で宿泊していたホテルから比較的近い場所を探してみるとこの店がひっかかってきて、なんとなく北京の美味しいものといえば、のayaziさんのブログで紹介されていた記憶があったからてくてく行ってみた。



夜の9時過ぎだというのに、ほぼ満席の繁盛ぶり。



これは美味しいに違いない。
夕飯時に来ていたら入れなかったかもしれないなと思いながら席につく。

紅焼帯魚(68元)。



太刀魚の醤油揚げ。この店の看板料理でどのテーブルでもたのんでいるようだった。濃い味で美味しくてご飯がすすむ。久しぶりに本当に美味しいと思えるローカルの中国料理に出会った気がした。骨は多いけど、身離れがいいし。

老妈茄子(29元)。



茄子と京酱肉丝。これも美味しかった。特に豚肉が。
酸辣汤(小15元)。筍がざくざく入っていてこれもいい味。
こういう店で食べると、また庶民的な美味しい店を探したいという意欲が湧いてくる。

場所:北京市朝阳区 新源南路10号(新东路近く)
電話;010-6461 8656
営業時間:夜10時まで

chinausa at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月12日

899.北京小王府(北京 北京料理)

とき:2014年8月

久しぶりに国貿の方で仕事があったので、懐かしい感じで来てみた。



ここは以前、得意先に紹介してもらって何度か来たことがあるけど、最後に来たのは10年以上前。ちょっと路地を入った先にある、昔も今も外国人に人気の北京料理の店。

今日は一人だったから北京ダックは食べなかったけど、ここの烤鸭はけっこうおいしかった記憶がある。

一品煲(48元)。



レバーや海老、筍などが入った料理。醤油味がおいしい。

北京だから餃子を食べてみる。タレの中に入っていたニンニクが絶品だった。



場所:北京市朝阳区光华东里2号楼
電話:010-6591 3255

chinausa at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月11日

897.那家小館(北京 北京料理)

とき:2014年8月

前から行ってみたいと思っていたけど、なかなか機会がなかった。今回、店の支店がホテルから歩いていける場所にあったから、行ってみたけど、すごい人が順番を待っていてあきらめた。



後日、ちょっと遅い時間(といっても8時半くらい)に行くと待たずに入れた。



せっかくだからここでしか食べられないようなちょっと珍しいものを食べたいと思いつつも、つい、いつもたのむようなものをたのんでしまう。

八旗茄子(22元)。



茄子が好きでたのんだけど、もう少し歯ごたえが残っている方が好きかな。

羊肉と葱の炒めもの(68元)。



よくたのむメニューのひとつ。羊肉がやわらかくておいしかった。

海老(38元)。



ちょっと甘めの味。

場所:北京市建国門外永安里一一九中学西側
電話:010-6567 3663

chinausa at 01:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年08月26日

890.那家花園(北京 北京料理)

とき:2014年7月

那は中国語で「あの」という意味だけど、性のひとつらしい。中国人でも知らない人がいたらから、珍しい性なのかな?
「何々家の料理」といった名前をつけた料理店は中国でよく見かける。
有名なところでは、「匆蛤 」とか、「譚家菜」とか、「毛家〜」とか「王家〜」とか。

外の席がいい感じだったけど、暑いので中へ。



北京料理の店といいながら、いろいろな地方の料理もある。

干鍋娃娃菜。辛くて美味しい。



焼き餃子。



なかなかワイルドで皮が焼餅のような感じだった。でも味は美味しい。

場所:北京市東城区金魚胡同3号 和平賓館東院
電話:010-65128833 EXT 5585

chinausa at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月21日

704.京匯粹 (上海 北京料理)

京汇粹

とき:2013年1月

久しぶりに龍之夢広場に行ったら、新しい店がいくつかできていた。上海ではあまり見かけない北京料理という文字と、どの店も人が並んでいる中、空いている席が見えて吸い込まれるように入った。



メニューには北京料理じゃないものもたくさんあったけど、北京料理っぽいものを食べたいと思って、2品選んだ。

豆醤葱爆羊肉(58元)



肉が柔らかい。羊肉は硬いことが多いからちょっと嬉しかった。やや甘い味つけだけど、葱がツンとくることもないし、おいしかった。

醋熘大白菜(32元)



黒酢の臭いがしてちょっと失敗したかもって思ったけど、食べてみたらすごくおいしかった。黒酢は苦手なのでこの味つけの料理でおいしいと思ったのはほとんど初めてかもしれない。ご飯がすすみ、つい食べ過ぎてしまった。

店もきれいだし、かなりいい気持ちで食事ができた。



場所:上海市长宁路1018号龙之梦广场8楼(地下鉄2号線 中山公演駅直結)
電話:021-62126986

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 22:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年03月16日

510.北平居 (北京 北京料理)

とき:2011年12月

北京に来たら、やはり北京料理が食べたい。
今日は天気がよくて、ちょっと寒いけど、氷が張った后海のまわりをぶらぶら散歩して、この店へ。



伝統的な北京料理を期待していたのだけど、そればかりでなく、フカヒレや麻婆豆腐みたいな他地域の料理も多かった。



芥茉墩(わさび味の白菜 16元)



北京ではこの前菜が多い。

京门爆三样(レバーなどの炒め物 42元)



糊餅(18元)。



味はどれもふつうかな。
糊餅はチヂミみたいなものを想像していたけど、生地はパリっとしていてポテトチップスみたいな感じ。トウモロコシの粉を焼いたものらしい。

北京ダックが有名みたいで、次から次と注文が入っていた。



場所:北京市地安門外大街29号(鼓楼からすぐ。マクドナルドの隣)
電話:010-64020012 転0

chinausa at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月18日

454.二月二春餅 家常菜 (北京 北京料理)

とき:2011年10月



春餅というのは小麦粉でつくった薄餅で、北京などでは立春(2月4日か5日)に食べる習慣があるらしい。いろいろなものを巻いて食べる。



ちがう場所に行くとちがう料理が食べられて楽しい。

百年老汤酱肘子(16元)



家常炒茄丝(18元)



肉炒扁豆丝(16元)



炒麻豆腐(12元)



料理はどれもおいしかった。しかもすごく安いし。久しぶりに気取らないおいしい料理を食べた気がする。(ちょっと気取ったおいしい料理か、気取ってないけど味もごくごくふつうの料理が多いので)

ただ、炒麻豆腐はちょっと酸っぱいおからという感じであまり好みではなかった。
麻豆腐は北京の代表的な小吃で、前から食べてみたかったのだけど。他の店でも食べてみようかな。

場所:北京市朝阳公园南路1−20号
電話:010-64605986

chinausa at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月03日

84.鑼鼓(Luogu 北京 北京料理)

訪れた日:2009年3月

南鑼鼓巷の中にある小さな店。
「銅鑼と太鼓」という名前だ。
09年3月北京039南鑼鼓巷#

南鑼鼓巷は700年の歴史がある胡同で、2、3年前からレストランや雑貨店が次々にオープンして観光地化された場所。
外国人もたくさん来ていた。

観光地にある店だからそれほど期待はしていなかったけど、けっこうおいしかった。

というか、北京はおいしい、のかな?
北京のローカルフード店の全体のレベルが高いのかもしれない。

しかも安いし。
炒合菜18元、水餃8元。
09年3月北京087南鑼鼓巷#

店の中にトイレがないのが難点。

09年3月北京086南鑼鼓巷#

場所:北京市東城区南鑼鼓巷104号。
電話:010-84024729


chinausa at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)