山東料理

2012年12月02日

661.玉林考鴨店(北京 山東料理)

玉林烤鸭店

とき:2012年8月



名前の通り北京ダックが有名だというので、北京料理の店かと思ったら山東料理の店だそうだ。北京ダッグは皮だけ、肉だけ、皮付き肉の3種類に分かれてでてきた。北京の烤鸭といえば大董が有名だけど、ここのやつもかなりおいしい。

山東料理といえば、「九転大腸」。



ここのはかなり洗練された感じででてきたけど、おいしかった。
「九転」っていうのは九回巻いているのかと思ったらさにあらず、この料理を考案した人が「九」に執着していたかららしい。

山東料理の名物といわれる肉まんもおいしかった。



パリパリの餃子はふつう。



これはなんの料理だったか忘れたけど、なんで最近中国料理なのに西洋料理みたいにソースでデコレーションするのだろう?西洋料理はソースとしての意味があると思うけど、中国料理ではただの飾りでしかないのに。



場所:北京市朝阳区安福庄西街甲一号
電話:010-65749458

chinausa at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月09日

14.山東老家(広州 山東料理)

中国料理といっても地域によって千差万別。
今日は山東料理の店に行く。

山東老家1









といっても広州の店だから、大阪で秋田料理を食べるようなもの。
どこまで本場なのかわからない。
それ以前に山東料理ってどんなものか知らないし。
メニューを見ると、あった、あった、これぞ山東料理か?
「蚕の料理」。
でもさすがにそれはちょっと。(栄養があっておいしいらしいけど)
それで「羊肉と春雨と白菜を煮込んだシチュー」(38元)を注文。

山東老家3









これが山東料理かどうかわからないけど、こういうシチューは北の方の料理っていう印象がある。
あ〜中国っていう味。ふだんよく食べている味だからボクにとってはふつうになってしまったけど、初めて中国に来て食べたら「何、これ? めちゃめちゃうまいじゃん」って思ったかも。ほどよく花椒が効いて辛い。あとをひいて止まらない。日本にはない味。

山東老家2









場所:広州市環市東路475号東都大世界首層(動物園南門近く)
電話:020-87625778

2008年6月

chinausa at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)