海鮮料理

2016年08月26日

1067.新九龍塘酒楼@銅川水産市場(上海 海鮮料理)

とき:2016年5月

Aさんから水産市場に海老・蟹を食べに行きましょうと誘われる。願ってもない。
銅川水産市場は市内で上海蟹を買いに行くところとして有名で、前から行ってみたいと思っていた。それにまもなく移転してしまうという噂を聞いていたし。すごく遠いイメージがあったけど意外に近かった。11号線の真如駅で降りて地上に上がると目の前に水産市場のアーケードが見えた。



アーケードの中に入ると薄暗い感じで場末感が漂っていてなんかイメージが違う。



どうも銅川路の両側の道沿いに並んでいる店が賑わっている感じだった。亀専門店、海老専門店といった感じで特化した食材の店が並んでいた。すごく巨大な亀がいたりして楽しい。



太刀魚なんかも美味しそうだったけど今日は海老蟹ずくしという気分だったので、まずは蟹を買う。

市場の中の店に入る。食事ができるところはちょっと歩いた中ではここしか見当たらなかった。



外の店からだと持ち込み料が取られるみたいなことを言われたけど、あとで会計をしたときに特に持ち込み料は取られていない感じだったから関係ないのかもしれない。

食材の重さを測ってもらって調理法を言い、席を告げる。調理法は食材ごとに表になっていたからわかりやすかった。帝王蟹(タラバ蟹)は葱生姜炒め、花龙(ロブスター)は黄油焗(バター茹で)、



石班魚(ハタ、ガルーパ)は清蒸に。



ひとつだけでも豪華な食卓になる料理が3品揃ってテーブルに並ぶ、なんとも贅沢な食事。



帝王蟹は小さめのやつを買ったつもりだったのにいざ出されるとむちゃくちゃ大きかった。



足が太くて足なのに爪くらいのボリュームがあった。海老蟹をもうお腹いっぱいで食べられないほど食べるなんてそうそうない。至福にむしゃぶりついた。

場所:上海市普陀区 铜川路920号
電話:021-62658977

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月15日

329.蒲台島 明記海鮮酒家 (香港 海鮮料理)

とき:2009年6月

知り合いのクルーザーに乗せてもらって、香港の最南端の島、蒲台島へ。
何もない島で逆にそれが貴重。香港の金持ちたちの週末の遊び場になっている。

島に一軒だけあるレストラン。

09年6月香港蒲台島1#

めちゃめちゃ新鮮な蝦

09年6月香港蒲台島2#

めちゃめちゃ新鮮なイカ

09年6月香港蒲台島3#

めちゃめちゃ新鮮な魚

09年6月香港蒲台島4#

さらにロブスター

09年6月香港蒲台島5#

そしてホタテ

09年6月香港蒲台島6#

味は言わずもがな。

自然に恵まれた島にクルーザーでやってきてうまいものを食う。
こういう生活、いいなあ。
最近、日本ではいい車に乗りたいとか、おいしいものが食べたいとか、欲望に対する貪欲さがなくなってきていると聞くけど、ホントにそれでいいの?って思ってしまう。

場所:香港蒲台島 香港仔(アバディーン)や赤柱(スタンレー)からフェリーが出ているらしい。

chinausa at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月29日

204.東江海鮮酒家 (広州 海鮮料理)

とき:2008年10月

有名な海鮮料理の店。

08年10月広州東江海鮮酒家5#

店の1階には水槽が並んでいて、そこで食材を選んで調理してもらう。
おっ、このロブスター、おいしそうだけど、高いからパス。

08年10月広州東江海鮮酒家4#

蝦とホタテ、それになんていう名前だったか忘れたけど貝を注文。

蝦は蒸して食べる。

08年10月広州東江海鮮酒家1#

シンプルだけどすごくおいしい。
ただゆっくり食べていると冷めてしまうのが残念。

ホタテは定番の春雨大蒜和え。

08年10月広州東江海鮮酒家2#

うん、うまい。

貝もちょっとピリ辛でいい味。

08年10月広州東江海鮮酒家3#

やっぱりさっきまで生きてたやつだから新鮮。
まあ、生きてたっていっても薬漬けだから本当は新鮮じゃないっていう話もあるけど。

ところで、海鮮料理屋にはときどきあまり見たくないものもいる。

この日はちょうど鰐が捌かれていた。

08年10月広州東江ワニ#

鰐は広東料理ではよく食べられる普通の食材。
スーパーでもよく見かける。
栄養があってまあまあおいしいんだけど、捌かれる鰐はちょっとグロテスク。

場所:広州市広州大道中9号
電話:020-84297557

chinausa at 00:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月25日

201.明潤海鮮加工店 (海南島 三亜 海鮮料理)

とき:2006年8月

海南島といえば、中国のハワイともいわれるリゾート地。
三亜の亜龍湾には外資系のリゾートホテルが建ち並んでいる。
ボクが行った2006年にはシェラトン、マリオット、ヒルトンぐらいしかなかったけど、その後リッツカールトンやバンヤンツリーなどもできている。

海南島の料理といえば、海南鶏飯が有名だけど、海が近いので海鮮料理もおいしい。

中国人の案内で、ここに来た。

06年8月 明潤海鮮加工店#

このあたり(河西路)には海鮮料理屋が軒を連ねている。

海鮮料理屋は、表に水槽が並んでいてそこで選んで料理法を指定するシステム。
最初はとまどうけど、中国語がわからなくても水槽を指差して、料理方法も適当に頷いていれば店の人が勝手に決めてくれる。
でも今日は中国人が一緒なので安心して彼らに任せた。

さすがに海の近くだけあって、ふだんあまり見たことがない魚が水槽にいる。
しかも活き活きしていておいしそう。
いや、実際おいしかった。

06年8月明潤海鮮加工店2#

店は決してきれいじゃないけど、海南島だから片田舎の漁師がやっている店といった感じでこういう方がいい。
高級な内装の店だったら逆に退いてしまう。

場所:三亜市河西路305号(春園海鮮広場向かい) 三亜には明潤海鮮という店がいくつかあるみたいだけど、たぶんここだったと思う。
電話:0898-31516555

chinausa at 11:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)