重慶料理

2014年05月24日

831.あの重慶の店が... 小濱楼 (上海 重慶料理)

とき:2014年3月

以前、重慶に旅行したときに入って印象がよかった店が上海に出店。



どうせ上海風にアレンジされてしまっているんだろうなとは思ったけど、果たして、やっぱり麻辣はかなり抑えられていた。



棒棒鸡丝(32元)



しょっぱい。かなり濃い塩味で、もう少し味が薄ければおいしいのになあ、と思った。

素香鍋(39元)



蓮根やカリフラワー、芋や厚揚げ、豆腐の皮、いろいろ入ってる。でもセロリかと思ったのは茎ワカメであまり好きじゃない食材だからちょっと失敗したなと思った。

担々麺(5元)



見た目はよかったけど、麺はやっぱりやわくて味もいまひとつだった。

重慶の店が美味しかっただけに、ちょっと残念。
オススメ料理を食べていないからたまたまなのかもしれないけど。

場所:上海市徐家汇路618号 日月光中心3楼
電話:021-64710888

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月08日

349.黒三娘 (上海 四川料理)

2011年2月

安くておいしい四川料理の店。
重慶に本店があるらしい。そういうことから期待して行ってみた。
店の雰囲気はローカルっぽい感じにデザインされていてなかなかいい。

11年2月黒三娘1#

酸辣大白菜(12元)。

11年2月黒三娘3#

これはいい感じに辛くて味もおいしい。いろいろなところでこの料理を食べるけど、ここのは特においしいと思う。

青椒肉絲(32元)

11年2月黒三娘4#

これはふつうかな、おいしいことはおいしいけど。あまり辛くない。

坦坦麺(12元)

11年2月黒三娘2#

小をたのんだはずなのに、量に驚かされる。
ここまで大量の坦坦麺は初めて食べた。
あまり辛くなくて、麺もやわやわで、ちょっと期待はずれ。

坦坦麺ははずしたけど、料理はなかなかよさげでまた行ってみようと思った。

場所:上海市長寧区安龍路515号(仙霞路近く)
電話:021-62421177


chinausa at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月13日

179.小濱楼 (重慶 重慶料理)

とき:2005年8月

辛い料理と言えば、やはり重慶。
四川よりもさらに「麻辣」が強烈と聞いては食べないわけにはいかない。

JWマリオットホテルから朝天門のあたりまで半日ほど街の中をぶらぶらしている時に気になった店。
観光客相手のような派手な店構えではなく、かといってどこにでもあるローカル店のような感じでもなく、老舗っぽい感じ。



ここは当たりだった。
めちゃめちゃ辛い。
でもめちゃめちゃうまい。
そしてめちゃめちゃ安かった。



場所:重慶市渝中区新華路82号
電話:023-6384-6191

chinausa at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月27日

128.陶然居(広州 重慶料理)

とき:2009年7月

09年7月陶然居1#

重慶に本店がある火鍋の店。

09年7月陶然居4#

また「魚香肉絲」が食べたくて四川料理の店にやって来た。

「魚香肉絲」(30元)はやっぱりおいしい。

09年7月陶然居2#

ここのが特別おいしいってわけじゃないけど。
小洞天のに比べるとやや酸味が強いかな?

もう一品たのんだ「芽菜美人椒」(16元)は、久しぶりにめちゃくちゃ辛い料理だった。

09年7月陶然居3#

赤唐辛子を炒めたもので、最初は「なんだそんなに辛くないな」と思って、2つ3つと食べているうちに、胃の方から焼けるような感覚が。
そして舌がたまらなく辛くなってきた。
「痛い」に近い辛さ。
味はおいしかったんだけどあまりの辛さにギブアップ。

場所:広州市天河北路368号 都市華庭4楼
(天河北路と体育東路の交差点)
電話:020-38815762
Web:www.cn-taoranju.com

chinausa at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月22日

125.重慶小洞天酒楼 (広州 重慶料理)

とき:2009年6月

「魚香肉絲」(yu2xinag1rou4si1)が食べたかった。
「魚香肉絲」はボクの中ではとてもポピュラーな料理でどこの店のメニューにもあるような印象を持っていた。
だけどいざ食べようとするとなかなかない。

もともと四川料理なのでそれなら四川料理の店に行くかと思い立ち、前から入ってみようと思っていたこの店に来てみた。

09年6月重慶小洞天酒楼2#

「魚香肉絲」は豚の細切り肉を「魚香」という独特の調味料で炒めたシンプルな料理だけど、甘くて、辛くて、酸味があって、ちょっとしょっぱい、いろいろな味が交じり合ってごはんがすすむことすすむこと。
ちょっととろみがある。
家庭的な味っていうのかな、食べ飽きないおいしさ。

夜7時ごろ店に着くとほぼ満席でやっとひとつだけ空いたテーブルがあるだけだった。
人気店のようで期待が膨らむ。

まずお茶をたのむ。「八宝茶」(3元)。

09年6月重慶小洞天酒楼5#

氷砂糖の入った甘いお茶だけど、辛い料理にはよく合う。
注ぎ口の長いやかんでお湯を注ぎに来るのだけれど、少し離れたところから曲芸的にお湯を勢いよく注ぐので気をつけないとお湯がはねて熱い思いをする。

09年6月重慶小洞天酒楼1#

目当ての「魚香肉絲」(28元)は予想通りおいしく、満足、満足。

09年6月重慶小洞天酒楼3#

サイドディッシュにたのんだ「【火へんに倉】炒時蔬」(qiang4chao3shi2shu1 16元。

09年6月重慶小洞天酒楼4#

キャベツをさっと炒めたもの)は味はおいしかったけど、キャベツが少し硬くて個人的にはもっとしんなりした方が好きかな。

場所:広州市越秀区廟前西街30号(地下鉄1号線東山口駅近く)
電話:020-87784187

chinausa at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月28日

22.小紅牛(広州 重慶料理)

バーや高級クラブが立ち並ぶ芳村の白鵝譚酒吧街にある重慶料理の店。

白鵝譚酒吧街










でかい牛が出迎えてくれる。

小紅牛









今日、食べたのは「鴨舌」と「香辣蝦」。
「鴨舌」はちょっとゲテものって思う人もいるけど、まあ「牛舌」は普通に食べるのだから普通な感じ。

小紅牛-鴨舌










「香辣蝦」は中国に来て出会ったくせになるおいしい料理のひとつ。

小紅牛-蝦









個人的には上海で食べたやつが一番おいしかったかな。

場所:広州市茘湾区長堤白鵝譚酒吧街
電話:020-81676486

2008年6月

chinausa at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)