順徳料理

2013年11月16日

788.高山小渓 (広州 順徳料理)

とき:2013年8月

広州の郊外、花都という場所にあるレストラン。



広州は都会だけどちょっと離れるとかなり田舎な感じになって、そういう場所にあるレストランはなんとなくおいしそうな感じがする。もちろん店を選ばないといけないけど、ここは政府の人も使うらしいから、そう聞くといい感じがする。



テーブルには蠅避けの蝋燭が置かれる。



注文は案内してくれた中国人に任せた。どれもおいしい。

特に冷した豚足はゼラチン質がすごくおいしかった。絶品。



それから蓮根(28元)も絶品。



他にも肉とか



魚とか



野菜とか。



昼の12時に来たのにここの名物、泥焗鶏はもう売り切れで残念だったけど、機会があったらまた食べたい料理ばかりだった。

場所:広州市花都风神大道四角围加油站近く
電話:020-86709668


chinausa at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月24日

624.汀芷園 (順徳 順徳料理)

とき:2008年11月

順徳は広州から1時間ほどバスに乗っていったところにある街で、ブルース・リーの故郷でもあるけど、有名な料理人を多く輩出していることで有名。
順峰公園にある「汀芷園」という順徳料理の店へ。

中に入ると広い庭が広がっていて、いい雰囲気。



案内された場所もいい感じで、大きな池が一望できる席。ここに来てよかったなと思う。



ところがいざ料理を注文しようとするとメニューはない。中国語で料理を言われてもどんなものか想像できないから、とりあえず薦められた鶏肉料理と白菜(娃娃菜)の料理をたのむ。

でもしばらくして出てきた「四杯鶏」(38元)はほんとにおいしかった。



鶏の味がぜんぜん違う。肉がよくしまっているのにとてもやわらかくてとても味わいがある。すごく新鮮な感じの肉。ふだんは食べない皮までおいしいと思ってしまう。それが濃い甘辛味で味付けられていてさらにおいしい。

しかも目前には広々とした池とその向こうに山が見えていて横をみれば夕焼け空を背景に青雲塔。しばらくすると日が沈んで星が輝きだす。そんな風景の中でおいしい料理を食べられるのはホントに心が満たされる。



店員の態度も心地いいし。料理が限られていようがメニューがなかろうがここはボクのお気に入りの場所のひとつになった。

場所:広州市順徳区大良南国路順峰公園
電話:22910088

chinausa at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月07日

366.文信老舗 (広州 順徳料理)

とき:2008年11月

暗い夜道で明るいネオンに誘われる。屋台のような感じの店。



中はローカルっぽい感じでいい。まあまあきれいだし。



順徳醸三宝(茄子と苦瓜、ピーマンに練り物を詰めた料理)28元



痩肉炒陳村粉 18元



広州では腸粉をよく食べるけど、陳村粉も米でつくったライスヌードル。順徳の陳村鎮が発祥でこう呼ばれるらしい。かなり幅広。
広州でこれを食べるならやっぱりここかな。なかなかおいしい。

場所:広州市环市东路399号(ホリデーインホテル近く)
電話:020-3758-8603

chinausa at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月18日

272.毋米粥 (広州 順徳料理)

とき:2010年9月

店の名前は「お母さんのお粥」かと思ったけど、毋は「ノ」が下に突き出て「母」ではなく「無い」と言う意味の漢字。つまり「米のない粥」ということ。

お粥の中に肉とか海鮮とかいろいろ入れて食べる順徳の料理。この店の本店も順徳にある。上海には順徳料理の店がほとんどないので、広州に来ると食べたくなる。

中に入れる具材は火鍋と同じで自分で選ぶのだけれど、なかでも鮑のような貝が絶品。これを秘伝の醤油タレにつけて食べるととてもしあわせな気分になる。

10年9月毋米粥2#

「油条」もしゃぶしゃぶ感覚でちょっとお粥の中に入れて食べるとおいしい。

10年9月毋米粥1#

すぐに柔らかくなってしまうので、さっと入れて食べるのがコツ。

さいごにお粥を足して食べるといろいろな具のうまみが出ているのでこれがまたおいしい。

なんだかからだにいい気がするし、出張者を連れていくと大抵喜ばれる。

蓮根炒めもすごくおいしい。

08年11月毋米粥2#

場所:広州市天河北路橋林街 橋林苑三期1楼69号(中旅商厦近く)
電話:020-38812008, 38846837
珠江新城にも支店がある。
08年11月毋米粥#


chinausa at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)