餃子

2012年12月03日

662.大阪王将 (上海 餃子)

とき:2012年12月

先週オープンしたばかりの上海1号店。店をつくっているのを以前見て心待ちにしていた。



王将は「餃子の王将(京都王将)」と「大阪王将」があって、どっちがおいしいかを巡って京都派と大阪派がいるみたいだけど、ボクは食べ比べたことがないからなんともいえない。



店に入って、学食みたいにトレーを持って料理を選んで最後に会計するシステム。

最初に主食を選べと言われてちょっととまどったけど、とりあえず炒飯(14元)。



それからエビチリの小皿(16元)を選んで、もちろん餃子(14元)。
炒飯もエビチリもこの値段にしてはおいしい。



餃子はマジにおいしかった。



火傷しそうなくらいアツアツで出てきたのもよかったけど、久しぶりに日本の餃子を食べた気がした。

場所:上海市静安区吴江路169号四季坊内(石门一路近く 地下鉄2号線南京西路站最寄り)

************************************************************************

とき:2014年4月

22日に「内部改装のため、21時で閉店します」という案内が貼られたまま、
そのままになっている。
閉店してまったのかな?
けっこう人は入っていたのに。
この店がなくなると痛い。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 21:25|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年10月08日

632.東北四季餃子王(武夷店) (上海 餃子)

とき:2012年7月

上海にいくつか店があるチェーン店。



けっこう人が入っていて流行っている。



メニューにはけっこうおいしそうな料理が並んでいてどれを食べようか迷うけど、
餃子が最低3両(1両は6個)からだからあまり他には料理をたのめない。

とりあえず冷菜の茄子(15元)だけたのんで、あとは香菜と肉の餃子(1両5元)。

さて、

茄子はさっぱりした味を期待したのに油っぽくて、化学調味料のせいか変な甘さがあった。



餃子も皮が厚くてテーブルに置かれていたタレがあまりおいしくないから、冷菜の茄子のタレにつけながら食べた。



ちょっと期待してたけど、餃子は哈爾濱劉記餃子館の方が好きだな。

とき:2012年9月

今日は肉三鮮の餃子にしてみたけど、やっぱり餃子はあまり好みじゃない。



孜然羊肉(32元)。



これはなかなかおいしくて途中までいい感じで食べてたんだけど、「じゃり」っていう音ともに奥歯に強い痛みを感じた。

歯が折れたかと思った。

それから1週間経っても痛みが退かなくてひどい目にあった。

ときどき安いローカルの店で食べると石のようなもの(骨かな?)が入っているときがある。
味がおいしいかとかいう以前に安心して食べられるものがいい。

場所:上海市武夷路155号
電話:021-52378363

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

chinausa at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年03月14日

508.徳発長 (西安 餃子)

とき:2010年6月

有名な餃子の店。



注文の仕方が変わっていて、餃子は自分でカウンターにオーダーしに行かないといけないしその他はワゴンで運んでくるものをチョイスする。



味はふつうだな。値段がイスラム街の店に比べると格段に高いからさらにそう思う。



ただ、後から気がついたのだけれどここは「動物をかたどった餃子のコース」が一人88元で食べられるらしい。それはなかなか一興だ。



場所:西安市钟鼓楼広场西大街33号
電話:029-87214060

chinausa at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月11日

506.宝源餃子 (北京 餃子)

とき:2011年9月

北京に来て餃子が食べたいと言ったらこの店に案内された。
入り口にビニールのカーテンがかかっていていい感じの店。



そんなローカルな店だけど外国人の客も入っていた。



餃子はおいしかった。



テーブルの上ににんにくが置かれていて何かと聞くと、北京の人は白酒を飲みながらこれをボリボリ食べるのだという。



餃子をゆでた湯というものもたのめば出してくれる。
違う土地に行くと違う食習慣があって面白い。

蓮根の揚げ物はふつうだった。



場所:北京市朝陽区麦子店街6号
電話:010-6507-4538

chinausa at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月20日

455.四海游龍 (上海 餃子)

とき:2011年7月

「ころり」に行こうと思って歩いていたら目に入ってきた。



そういえば、くろうささんが書いていたのを思い出し、急に餃子が食べたくなって入ってみる。

ピリ辛餃子(鍋貼 5.5元)と台南風そぼろご飯(12元)。

入り口で食券を買って、服務員に渡す。



餃子はパリっとしていておいしかった。



そぼろご飯も下の汁と混ぜて食べるとなかなかおいしい。



1食20元かそこらでこのおいしさだったら、ぜんぜんいい。

場所:上海市长宁区娄山关路921号(玉屏南路近く)

chinausa at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月08日

450.哈爾濱劉記餃子館 (上海 東北料理)

とき:2011年11月

会社の子に上海で餃子を食べるとしたらどこがおいしいか聞いたらここを教えてくれた。



以前、蜜さんのブログでも紹介されていたし、ちょっと行ってみる。



三鮮餃子(2両12個 5元)



レバーとほうれん草のスープ(16元)



まあまあかな。

場所:上海市禺园路、镇宁路との交差点

chinausa at 00:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年07月20日

26.老辺餃子館(瀋陽 餃子)

以前、9で広州にある老辺餃子館のことを書いたけど、今回は遼寧省の瀋陽にある本店。

老辺餃子1









1829年創業の老舗で期待が高まる。

メニューは広州の店とは異なる。そりゃあそうだよね、本店だもの。

餃子も凝ったものがいくつか。

これはそのひとつで蟹のかたちをしたもの。具は海老なんだけど。

老辺餃子2









それにしてもひとつ親指くらいの大きさで小さいから、味わって食べるっていう感じじゃないな。ぱくって食べてはいおしまいっていう感じ。

こちらは冰花煎餃っていう焼き餃子。

老辺餃子3








広州で食べるよりおいしい感じ。さすが本店。

そして、御龍酒鍋。

老辺餃子4









これは鍋の中にたくさん小さな餃子が入っているんだけど、よそうときに鍋を見ないで器に盛り、いくつ餃子が入ったかで運を占うといった余興つき。ちなみにゼロでも「悩みが何もない」といった説明で、いくつでもすべて好き事が告げられる。

場所:瀋陽市瀋河区中街路208号
電話:024-24865369
WEB:www.laobian.com.cn

2008年7月

chinausa at 22:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月29日

9.老辺餃子館 (広州 東北料理)

ときどき、餃子が食べたくなる。それってときどきインスタントラーメンが食べたくなるようなものかな?
独特な味でくせになる。
おいしいことはおいしいんだけど、庶民的なおいしさ。なんて形容したらいいかわからないんだけど、芸術品的なおいしさではなくて、もっとプリミティブなおいしさ。

餃子というと「東北人」が有名だけど、「老辺餃子館」のやつもけっこう好き。

老辺餃子館1








(2006年10月撮影)

にんにく醤油のタレがおいしい。黒酢は苦手なので。

老辺餃子2










そうそう、餃子って東北地方の料理だって中国に来てから知った。
ちなみに「老辺餃子館」は瀋陽発祥で全国にチェーン店がある店のようだ。
水餃子は10元〜12元。

住所:広州市五羊新城寺右新馬路25号

2008年5月

chinausa at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)