誰にナンと言われても、ワイ独自のスタイルで、中国語の単語をバシバシご紹介。 ありそうでなかったこのスタイル、皆さんのタメになるかならんかはワイ次第? ディープ中国語の世界に『欢迎』!

このページのトップヘ