2008年09月30日

[TOSラタトスク] 03:イズールドにて

エミル Lv35、プレイ時間24:48

前回の日記では、まだ9時間ほどしかプレイしてなかったのに、あっという間に25時間です。あまり「ストーリーを追う」という感じではなく、クエストをこなしたり、モンスター育成に励んだりしているところ。

バトルの操作はだいぶ慣れてきて、逆にもの足りなくなっている感じ。とはいえ、3Dバトルなので毎回毎回違う攻略方法を試してみたり…と、難易度が低いからこその楽しみ方ができるのがテイルズの良いところ? それなりにハマっているといえるのかも。

シンフォニア歴代キャラとも着々と交遊を深めております。とはいえ、あんまり書くことがないんですが……書いておかないと忘れちゃうからな〜ってことで、以下ネタバレ…
――――――

■前回以降の経緯

□パルマコスタ
 ・ヴァンガードの目的は800年前の王朝を復活?
 ・魔導砲を作ろうとしている!?
 ・ロイドの情報を探しにイズールドに行くための船を探す
 ・漁師トマスを探せ〜!…ということでダンジョンへ

□王朝跡(ダンジョン)
 ・漁師のトマスさん救出
 ・「シケの原因は……」
 ・ヴァンガードのアリスに見つかりボス戦
 ・ゼロス登場。が、パーティーインせず
  「ロイドを仇だというヤツとはつるめない」(カッコいい〜!笑)
 ・シケの原因を探るため王朝跡の奥へ
 ・ボス戦→海に引きずり込まれる……
(・まだ開けてない宝箱が2つあったのに……(涙))

□イセリア近くの海岸
 ・都合良くイセリアまで流される(をい)

■第3章
□イセリア
 ・ダイクに話を聞く
 ・ロイドは半年前に「友達を救うため」と言い残して出かけたらしい
 ・ロイドの評判の良さを再確認…
 ・成り行きで村の少年を捜すことに…

□人間牧場跡
 ・少年をモンスターから助ける
 ・探しにきていたリフィルと合流
 ・ロイドの目撃情報を元に旧トリエット跡へ

□旧トリエット跡
 ・同様にロイドを探していたジーニアスに出逢う
 ・ジーニアスがパーティーイン
 ・コア安置場所でロイドに遭遇
 ・ロイドはリフィル、ジーニアスにも何も語らず去る
 ・コアは精霊の場所と同じ?との仮説をリフィルが立てる
(Lv25 プレイ時間17:39)

 ・エミル、リヒターに殺される夢を見る(過去の記憶?)

■第4章
□イズールド
 ・船に乗るためイズールドへ
 ・が、放火騒ぎで船が出ていない
 ・投獄された放火犯に会ってみると、なんとリーガル!(また囚人服!)
 ・リーガルの無実をはらすため洞窟へ

□カンベルト洞窟
 ・ローズマリーの採取

□イズールド
 ・リーガルの無実を証明
 ・リーガル、パーティーイン


前回、出てきたと喜んでいたゼロスはパーティーインせず。むしろ、エミルを敵対視しているモヨウ。

リフィルとジーニアスは、ロイドを敵対視しているエミルと、最初は反発していたものの「真実を知りたい」と同行してロイドを探すことに。エミルも、コレット、リフィル、ジーニアスというメンバーは信頼に足る人たちだと考えはじめる。でも、やっぱりロイドは両親の仇。目的は違うものの、ロイドに会って確かめたいことがあるということでは利害が一致するので一緒に行動することに。

で、イズールドで会長(リーガル)に遭遇。会長、最初こそ「囚人服+手枷」の状態だったけど、無実であることが分かって牢獄から出た後は正装でした! え〜、レザレノカンパニーのお仕事でシルヴァラントのあちこちを飛び回っているとか。リフィルたちからロイドのことを聞いて、同行することに。


…ってな具合に、ストーリーは何となく散漫な感じ。

気になるのは、エミルがラタトスクに憑依される度合いが強まって、二重人格者のようになっていること。そして、リヒターに殺される、という夢や映像を何度か見てしまったこと。そして、パルマコスタでの町の人たちの態度……。エミルという人物は、もしかしたら本来は存在しない人物なのかも?

ストーリーは全然進んでないけど、プレイデータの「スキット収集率」というのが、すでに30%を越えましたよ。えっと、もう3分の1はストーリーが進んだってこと? う〜ん、まだ全然、な〜んにも進んでいないように思えるんだけど………。いったい、どうなることやら…。


■バトルとかモンスターとか

モンスターの収集率は……なにやら「9%」ぐらい、らしい…。捕獲方法もよくわかっていないし、なかなか増えないものの、10数匹は仲間に加えることができました。いろいろな術も覚えてくれるし、それなりに可愛い動きをするヤツもいるし、育てていくとどんどん違うモンスターに変化していくのも結構楽しい。シンフォニアの歴代キャラとバトルをするのも楽しいけれど、モンスターくんたちが一緒になって戦ってくれるのを見るのもそれなりに楽しい。

そんなわけで、結局、クエストを受けまくってバトルばっかりして、モンスターを育成している今日この頃。

ただ、クエストで使われるダンジョンの種類が少ないのが難点。最初はダンジョン自体も面白かったのだけど、同じ構造のダンジョンに何度も行かさせるし、同じ会話も何度も聞かされるし、ちょっと飽きてきました。これならTOIのような自動生成ダンジョンのほうが、まだマシかも?


バトルは、全体的に難易度低め。

ユニゾンアタックは簡単に出せちゃうし、2回連続なんてこともできちゃうし、3Dでフリーランだし…。シンフォニアの時のような、イヤなタイプのボス戦も今のところ全く無し。といっても、まだまだモンスターとしか戦っていないので、今後、敵対組織の重要人物たちと戦うようになったときに大変になるかどうかは未知数。


ストーリーを追うタイプのソフトじゃなさそうなので、これからものろのろとプレイする予定。面白くない日記ですまん〜。んでも、ま、バトルはそこそこ楽しんでま〜す、ってことで。
Posted by chino4ever at 23:27│Comments(0)